安部裕葵のプレースタイルとポジションは?適性ポジションはどこ?

最近は本当に東京オリンピック世代の海外移籍が多いですね!しかも、ビッククラブに移籍とか。

昔なら考えられないことですが。久保建英がレアルに移籍をし、安部裕葵がバルセロナに移籍するなどビックニュースが飛び交っています。

久保建英に関しては毎日のように報道されていますが、安部裕葵も毎日とは言えませんが報道されるような活躍をしてほしいですね。

バルセロナで、サッカーができることは幸せなことなので様々なことを吸収して、日本代表に還元して欲しいです。

今回は、安部裕葵のプロフィールとプレースタイル、ポジションについて書いていきたいと思います。

まずは、安部裕葵のプロフィールから書いていきます。


安部裕葵のプロフィールは?

名前:安部裕葵(あべひろき)

国籍:日本

生年月日:1999年1月28日

出身地:東京都

身長:171cm

体重:65kg

在籍チーム:FCバルセロナB

ポジション:FW / MF

利き足:右足

安部裕葵は幼少期から注目されていたわけではないようですね。

自身を鍛えるために、広島県瀬戸内高等学校へ進学。スカウトでもされたのでしょうかね?

広島で開催されたインターハイで活躍し、優秀選手に選出され、鹿島アントラーズに入団。

安部裕葵も運が良かったですね。鹿島アントラーズのスカウトの目に留まって。

それにしても、鹿島アントラーズのスカウト人は凄いですよね?毎年のように優秀な選手を連れてくるんですから。

常勝軍団で揉まれた安部裕葵は順調に成長し、2019年には鹿島アントラーズの背番号10を背負うことに。

初年度から試合に出場していましたし、2年目からは20試合以上試合に出ていますし、クラブワールドカップで注目されましたしね。

急成長を遂げた安部裕葵はバルセロナの目に留まり、Bチームでありながら契約をすることに成功!

今後、バルセロナで、どこまで成長できるのか?楽しみですし、久保建英との対戦が楽しみですね。

そんな安部裕葵ですが、プレースタイルやポジションは、どうなんでしょうか?

安部裕葵のプレースタイルとポジションについて書いていきたいと思います。

安部裕葵のプレースタイルは?ポジションは?

安部裕葵のプレースタイルとポジションについて書いていきたいと思います。

まず、ポジションについてです。

ポジションは左サイドの中盤を務めています。

鹿島アントラーズの左サイドのポジションといえば、土居聖真がいますが、争っているというよりか安部裕葵の方が出ていたような気がします。

それほどのポテンシャルを秘めている存在ですから、将来が楽しみです。

後、FWのポジションもできるようなので、攻撃的なポジションであれば大丈夫のような選手ですね。

左サイドのポジションとなると、日本代表で激戦区のポジションの一つですからね。

同じポジションには中島翔哉がいるのでポジションを奪うのは難しいかもしれません。

プレースタイルも似ているのでポジションを勝ち取るには、中島翔哉以上のパフォーマンスが必要になります。

バルセロナで成長をすれば、もしかしたらもしかするかもしれませんし、FWで起用ということも出来ますね。

安部裕葵のプレースタイルの幅が広がる可能性もありますし、プレースタイルが変わるかもしれないですし。

左サイド、FWだけでなく攻撃的なポジションであれば、どこでもとなれば良いですね。

攻撃的なポジションを得意とする安部裕葵ですが、どんなプレースタイルなのでしょうか?

安部裕葵のプレースタイルのことについて書いていきたいと思います。

プレースタイルについては、動画を見てみたいと思います。

安部裕葵のプレースタイルは、どんな感じなのでしょうか?

安部裕葵のプレースタイルの動画を見てみると、ドリブラーですね。

縦、横にも仕掛けられるドリブルは厄介ですね!利き足が右なのでカットインからのシュートもありますし、サイドをえぐっていってチャンスメークもできます。

スピードもありますし、テクニックもありますね。

安部裕葵辺りの年代の選手は似たようなプレースタイルが多いですね(笑)

ちょっと、強引なところが気になりますが、このくらいの強気の突破ができる日本人選手が少ないので、安部裕葵のプレースタイルには期待したいところ。

安部裕葵のプレースタイルを見ていると、サイドのポジションが一番合っていそうな気がしますね。

バルセロナで状況判断のスピードや選択肢が増えれば化けそうな気配がします。

安部裕葵のプレースタイルの動画を見ていて、もう一つ良さがわかりました。

フィジカルが意外と強いこと。安部裕葵の身長、体重を見てみると小柄ですが当たり負けしない。

これは、海外でやっていけるかどうかに大きく関わってきますので、安部裕葵はバルセロナのBチームで活躍できるかもしれませんね。

ただ、多くの日本人選手が失敗しているリーガエスパニョーラ。

言語やプレースタイルが合う合わないが大きく影響します。プレースピードが違いますし、リズムが違うので苦しむんですよね。

安部裕葵が活躍するには、リズムの慣れも大切ですが、まずは、スペイン語を早いうちに習得できるのかがポイントになりそうです。

久保建英はスペイン語を話せますし、英語もできますので、各選手とコミュニケーションを取れます。

安部裕葵はチームメートだけでなく、監督とも話せるぐらいになって欲しいですね。

プレースタイルは通用する部分は多いと思いますが、ポジション争いが厳しいと思われます。

しかし、せっかく得たチャンスなので、安部裕葵には頑張ってもらい、アジア市場拡大のための獲得と言われないようにしてほしいです!

そんな安部裕葵はバルセロナ移籍でポジションが変わる可能性が出てきました。

攻撃的なポジションが得意な安部裕葵ですが、サイドバックのポジションにコンバートされるかもしません。

プレースタイルのことを考えると良いことかもしれません。

何故、安部裕葵のポジションがサイドバックに変わると良いのか?そのことについて書いていきたいと思います。

何故、安部裕葵のポジションがサイドバックになると良いのか?

安部裕葵のプレースタイルの特徴について書いてきましたが、ドリブルが特徴です。

なのに、サイドバックのポジション変更が良いのかというと、高い位置でマークがきつくない状態でボールが持てます。

安部裕葵の得意のドリブルで駆け上がることが可能になります。つまり、前に広大なスペースがあるので安部裕葵のプレースタイルが活きてくると思われます。

今までのプレースタイルを捨てずに、安部裕葵の良さを活かすことができるのです!

守備時には苦労すると思われますが、攻撃的なプレースタイルが持ち味の選手がサイドバックをやった方が良いメリットがあります。

それは、攻撃的なプレースタイルを身に付けるより、守備を勉強するほうが時間がかからないことです。

あるサッカー解説者の方も話していましたが、守備的な選手が攻撃的なプレースタイルを身に付けるのには時間がかかります。

元々、攻撃的なプレースタイルを持つ安部裕葵であれば、サイドバックのポジションになったとしてもやれるのではないかと思います。

むしろ、先ほど書いたように厳しいマークにあわずにボールを持てるので、安部裕葵のドリブルが活きます。

もしかしたら、サイドバックのポジション変更になった場合、安部裕葵のプレースタイルを殺さず、成長できるのかもしれませんね!

そうなると、安部裕葵の得意とするドリブル突破からのアシストも期待できます。

守備で足を引っ張ることは多いかもしれませんが、バルセロナでの練習で守備力は急激につけることはできるでしょう!

サイドバックにポジション変更になった場合の安部裕葵に注目です。

どんなプレースタイルになるのかも楽しみですね!

まとめ。

今回は、安部裕葵のプロフィールとプレースタイル、ポジションについて書いてみました。

プレースタイルですが、バルセロナが求めるような選手なのかな?と思いますが、違ったアクセントを持っている選手なので良いのかなと思います。

強引なドリブル突破が魅力的な安部裕葵ですが、スペインで通用するのか?注目ですし、通用しなかった時の対応にも注目しています。

バルセロナなので攻撃的なポジションのレベルが高いと思いますが、安部裕葵がポジションを勝ち取れるのを期待したいです。

ポジションを勝ち取ることができたら大きな自信になりますし、日本代表にとっても大きな武器となることでしょう!

プレシーズン中ですが、早く新シーズンが始まらないかなと心待ちにしています。

こちらの記事も読まれています↓

土居聖真のプレースタイルを考えると適性ポジションはどこになる?

鎌田大地のポジションとプレースタイルは?特徴や弱点は?

久保建英と中井卓大のプレースタイルは?二人の違いは?

日本代表の右サイドのポジションは、久保建英と堂安律のどちらが良いのか?

伊東純也のウイングのポジションへのコンバートの理由とは?

久保建英が、A代表で起用されるポジションは?勝ち取るためには?