小川航基の身長、体重は?ライバルたちと比較すると、どうなの?

いよいよ、AFC U-23選手権が始まりますね。東京オリンピックのメンバー選考に関わる大きな大会。

日本は自国開催なので予選の意味はありませんが、本気のアジア諸国と戦えることはありがたいこと。

その中で、日本が、どれぐらい勝つことができるのか?見ものですね。

中でも、FW陣のポジション争いが面白いかなと思います。

小川航基は、長年、このチームで戦ってきていますし、E-1選手権ではハットトリックをするなど大活躍。

A代表に選出されている上田綺世、前田大然といった異なるタイプとの競争に勝てるのか?

ここも楽しみですね。前田大然は、AFC U-23選手権には出れませんので、小川航基はアピールのチャンス!

ぜひ、活躍して、東京オリンピック代表の座を手に入れてほしいものです。

そこで、今回は、小川航基、上田綺世、前田大然の身長、体重と特徴について書いていきたいと思います。

まずは、小川航基の身長、体重と特徴について書いていきます。


身長、体重は?

小川航基の身長は186cm、体重78kgと高身長の選手。

簡単に、特徴を書きますと、恵まれた体格を生かしたプレーが持ち味。だからと言って、パワープレーばかりではありません。

DFの裏を取る動きに優れ、シュートのパターンも多い。反転の速さも素晴らしいです。

恵まれた体格を活かしたポストプレーも上手く、スピードもそこそこあるので、万能型のFWという評価をされています。

ただ、小川航基のプレーを見ていると、決定力不足かなと思われるところもあるので、改善されればより素晴らしいFWになれると思います。

小川航基のプレースタイルについてはコチラに書いてあります→小川航基のプレースタイルは?特徴、弱点は、ドコなのか?

では、上田綺世の身長、体重と特徴は、どうなのでしょうか?

上田綺世の身長、体重と特徴は?

上田綺世の身長は182cm、体重は76kg。標準サイズよりか大型の部類に入る感じですね。

特徴はというと、裏への抜け出しやワンタッチゴールを得意とする選手。

上田綺世もシュートのパターンが豊富で、様々な形でゴールを奪えます。

ゴールに近いところでは滅法強いのですが、中盤まで下がってきて、ボールを受けたりするのは苦手のようです。

ストライカーらしい選手ですね。ある意味、日本代表にいないタイプのFWと言えます。

小川航基と似ている部分があるので、最大のライバルといえるでしょう。

森保監督を見ていると、上田綺世を好んで起用しているのかなと思えます。

もう一人の前田大然の身長、体重と特徴について書いていきたいと思います。

前田大然の身長、体重と特徴は?

前田大然の身長は173cm、体重は67kg。2人に比べると小柄な選手。

特徴はというと、圧倒的なスピードですね。

スペースを与えたら簡単に突破されてしまいます。初速も速く、少し目を離すとやられてしまいます。

フィジカル面も優れているので、ちょっとやそっとの当たりでは負けません。

泥臭くボールを運べますし、ゴールを狙えるストライカーなのですが、決定力不足が問題。

それを改善できると怖いFWになれます。

ただ、前田大然は守備にも走ってくれるので、味方は大助かり。

スピードのある選手のプレスは脅威ですし、ロンドンオリンピックの時の永井謙佑のような存在になると思われます。

前田大然のプレースタイルはコチラに書いてあります→前田大然のプレースタイルは?スピードが売りの選手と同じなの?

3人の身長、体重と特徴について書いてみました。

この中で、生き残れるのは、どの選手なのでしょうか?全員残してもいいぐらい。

この中で生き残れるのは、誰なのでしょうか?

次は、3人の内、誰が生き残れるのか?予想してみます。

3人の中で生き残れるのは、誰?

小川航基、上田綺世、前田大然の3人の中で生き残れるのは、誰でしょうか?

先ほどの特徴から行くと、小川航基か上田綺世のどちらかとタイプが違う前田大然が濃厚だと思います。

オーバーエイジ枠でだれが入るのかにもよりますが、この形になるのかな。

AFC U-23選手権では、前田大然はクラブ都合のため招集できません。

小川航基と上田綺世のアピールの場となることでしょう。

どちらが、森保監督の描くチーム像にあっているのか?ここが大きな焦点になりますね。

今回のチームは、久保建英や堂安律をはじめとする海外組がいないので、選考は難しいかもしれません。

個人的な意見なのですが、海外組がいないほうが良いサッカーをしそうな気がするので期待はしています。

東京オリンピック代表のポジション争いも佳境を迎えています。

小川航基が、チャンスをものにできるのか?AFC U-23選手権を楽しみ見しています。

まとめ

今回は、小川航基の身長、体重と特徴、ライバル選手について書いてみました。

前田大然だけ違いが大きいですが、小川航基と上田綺世は似たようなタイプ。

どちらが抜け出すのか?興味が尽きないですね。

AFC U-23選手権で猛アピールをできるのは、どちらの選手なのでしょうか?

東京オリンピックへ向けて好成績で終わってほしいですね。

こちらの記事も読まれています↓

【イケメン】小川航基の私服姿は?彼女はいるの?