【歴代】乾貴士が日本代表、クラブで背負ってきた背番号は?

乾貴士が日本代表に呼ばれなくなってしまいましたね。

2019年アジア杯で中島翔哉の怪我で呼ばれて以来、招集なし・・・。

コパ・アメリカで日本代表に招集されない時には海外メディアからも反応がありました。

なぜ、呼ばれなかったのでしょうかね?森保監督の構想外ということなのでしょうか?

今の日本代表を見ていると乾貴士の存在は必要なのかなと思ってしまいます。

今回ですが、乾貴士の日本代表での背番号とクラブでの背番号について書いていきたいと思います。

まずは、乾貴士のプロフィールを書いていきたいと思います。


乾貴士のプロフィール。

愛称:タカシ、タカ、ぬいぬい、ワンチャン

国籍:日本

生年月日:1988年6月2日(31歳)

出身地:滋賀県近江八幡市

身長:169cm

体重:63kg

在籍チーム:SDエイバル

ポジション:MF(OH, SH) / FW(ST, WG)

背番号:22

利き足:右足

乾貴士に注目が集まったのは、高校サッカー選手権大会。

当時2年生で会った乾貴士は、野洲高校の主力として優勝に貢献!

“セクシーフットボール”で高校サッカーに革命を起こしてくれました。

優勝候補として挑んだ高校3年時には3回戦で敗退し、世間を驚かせました。

その後、乾貴士は横浜Fマリノスへ入団するも選手層の厚さと戦術にフィットせず、セレッソ大阪にレンタル移籍。

当時、香川真司も所属し、セレッソ大阪の戦術にフィット。輝きを取り戻した乾貴士は順調にステップアップをしていく。

2012年に、ブンデスリーガ2部のボーフムに移籍をし、その後、フランクフルトへ。

2015年からは念願のスペインでプレーを決断。エイバルへ移籍をしましたが、移籍当初は守備が上手くできず適応するのに時間がかかりました。

適応ができるようになってからは、エイバルの主力として活躍。

W杯ロシア大会あと、古豪ベティスに移籍をし、ステップアップをしましたが、出番が減少・・・。

同じ1部所属の新部素にレンタル移籍をし、復活をしましたが、買取をしてもらえず。

そして、2019年にエイバルに復帰をし、現在は主力としてプレー。

徐々にステップアップをしている印象が強いですが、その中で挫折も味わっているのが乾貴士。

順調にいかない時があったからこそ、メンタル面は強くなったのでしょう!

日本人の”鬼門”と呼ばれるスペインで100試合出場達成など記録を樹立。

いまだ活躍できているので凄いとしか言いようがないですね。

初めて、日本人でスペインで成功したと言っても過言ではありません。

日本代表に定着したのもW杯ロシア大会前ぐらいの乾貴士。

それ以前は、呼ばれたり、呼ばれなかったりしていました。そんな乾貴士ですが、日本代表で背負っていた背番号は何番だったのでしょうか?

乾貴士が背負っていた日本代表での背番号について書いていきます。

乾貴士が背負っていた日本代表での背番号は?

乾貴士が日本代表デビューを果たしたのは、2009年のアジア杯予選イエメン戦。

その時の背番号は55番。

アジア杯の予選であったので大きい番号になったのでしょう。この試合で、日本代表初ゴールも記録。

日本代表に定着できるのかと思われましたが、なかなか定着できず。2012年のW杯ブラジル大会のアジア予選にも呼ばれていたようですが・・・。

次の大きな大会での日本代表招集は、2013年のコンフェデ杯に。

この時の乾貴士の背番号は19番。

2013年のコンフェデ杯は、初戦のブラジル戦で後半43分に交代出場のみ。

残り時間を考えれば何もできない。しかも、ブラジル戦は0-3の敗戦。

終了間際の交代で乾貴士は何もできずに終わりました。ボールを触って、リズムをつかむ乾貴士にとっては厳しい状況。

翌年の2014年のキリンチャレンジ杯のホンジュラス戦で日本代表に招集される。

途中交代で入りましたが、ゴールを決め、結果を残しました。

気になる乾貴士の背番号は8番。初めて一桁の背番号であったと思われます。

2015年アジア杯でも日本代表に選ばれ、この時は背番号18番。

グループステージは順当に勝ち、決勝トーナメントに進出した日本代表ですが、準々決勝のUAE戦で敗戦。

PK戦までもつれ込んだとはいえ、ここで負けるとは思いませんでした。メンバーは良かったですからね。

その後、乾貴士は日本代表に呼ばれることなく、W杯ロシア大会最終予選で久しぶりに招集される。

シリア戦では背番号11を背負っていましたが、突然の出来事が・・・。

イラク戦では、左肩の脱臼をしてしまった香川真司の代わりに背番号10を背負うことに。

この話題は大きく取り上げられました!ザックジャパンも停滞気味であったので、何か手を打とうと考えていたのではないでしょうか?

アジア予選を突破した日本代表ですが、W杯直前でハリルホジッチ監督を更迭・・・。

そして、後任には西野監督が就任。緊急事態でしたが、乾貴士はW杯メンバーに選出される。

背番号は皆さんが知っているように14番。W杯で大活躍した乾貴士は、FIFA公式による驚きの活躍を見せた5人に選出された。

 

TV局からのオファーが殺到し、TV出演で大忙しでしたね。

その後、2019年アジア杯で招集され、背番号を10を背負いました。それ以来、日本代表には招集されず・・・。

現在の日本代表は、中によりすぎることが多いので、乾貴士を入れてバランスを取った方が良いのでは?と思ってしまいます。

所属クラブで試合に出ていますし、呼んでもいいと思うのですが・・・。

3月のアジア2次予選は若手育成の場になりそうですし、呼ばれないのかな。

アジア最終予選になるまで、乾貴士の日本代表復帰の話はなさそうですね。それまで、クラブで結果を残してほしいものです。

では、乾貴士のクラブでの背番号は、どうなのでしょうか?次は、クラブでの得番号について書いていきます。



スポーツ用品【スーパースポーツゼビオ】

乾貴士が背負っていたクラブでの背番号は?

様残なクラブを渡り歩いてきた乾貴士ですが、背番号は、どのように変わってきたのでしょうか?

横浜Fマリノスでの背番号は19番。

初々しいですね。

当時の横浜Fマリノスは選手層が厚く、高卒ルーキーが入り込むのは難しかった。

それに加えて、乾貴士のプレースタイルとマリノスの戦術があっていないと思ったので、なぜ?マリノスと思ったことがありました。

出番に恵まれない乾貴士は、セレッソ大阪にレンタル移籍をします。

この時の背番号は31番。レンタル移籍なので大きい番号になっても仕方がないですね。

完全移籍後は、7番に変更し、セレッソ大阪の主力に成長。

香川真司とのコンビは素晴らしく、目指していたサッカーができていたのだと思われます。

セレッソ大阪で大きく成長した乾貴士は、ブンデスリーガ2部のボーフムに移籍。この時の背番号は11番。

プレースタイルを考えると、なぜ?ブンデスリーガ?と思われましたが、ボーフムで活躍。

主力選手として活躍しましたが、チームは昇格できず。そして、フランクフルトへ移籍。この時の背番号は8番。

ドイツで評価されての移籍ですし、1部なので断る理由はないでしょう!

2年目に出場機会が減りましたが、3年目には復活。目に見える結果は残せませんでしたが、主力として活躍。

そして、2015年に念願のスペインへ移籍。エイバルという小さいクラブでしたが、正解でしたね。

この時の背番号は8番。

守備に苦しんだこともありましたが、克服し、エイバルの主力に成長。

2016-2017シーズンには、バルセロナ相手に2ゴールを叩きこみ、日本だけでなく世界からも注目を浴びました。

W杯ロシア大会後は、古豪ベティスへ移籍をし、背番号8番を背負うことに。

※本当は14番でしたが、ウィリアム・カルヴァーリョが14番を希望したため、8番に変更。

序盤はスタメンで出ていたこともありましたが、徐々に出番が激減。

2019年の冬にアラベスにレンタル移籍。背番号は11番になり、輝きを取り戻しました。

しかし、買取をしてもらえず、2019年の夏にエイバルに復帰。背番号は22番。

乾貴士にとっても慣れたクラブでのプレーなのでやりやすかったと思われますし、生活も楽でしょう。

まだまだ老け込む時ではないですし、スペインで成功している日本人選手として活躍を続けてほしいですね。

そして、日本代表復帰も楽しみにしています。

まとめ。

今回は、乾貴士の日本代表、クラブでの背番号について書いてみました。

様々な番号を背負ってきた乾貴士ですが、8、14が似合います。

番号にこだわるタイプではなく、何番でも良いという感じがしますね。

今後、移籍をする可能性は高くはないと思われますが、背番号の変化はあるでしょう。

その時に何番になるのか?注目です。

こちらの記事も読まれています↓

【海外の反応】乾貴士に対する監督、チームメートの評価は?

乾貴士はドリブラーではない?理由は?また、評価されている点は?

吉田麻也に背番号の拘りは、あるのか?歴代の背番号は何番?

酒井宏樹の日本代表での背番号は、19番で決まりなのか?

実は拘りがあった。酒井高徳が日本代表の背番号24の理由とは?