杉岡大暉の中学、高校時代は?中学時代の大きな挫折とは?

高校サッカーからプロ入りする選手、ユースから昇格する選手といる中、杉岡大暉は高校サッカーからプロ入りしました。

杉岡大暉の出身高校である船橋市立船橋高校。誰もが知っている高校サッカーの名門。

中学時代に活躍をしていて、スカウトされたのかと思われます。

船橋市立船橋高校と言えば、何人ものプロサッカー選手を輩出しています。

てっきり、私は、杉岡大暉は、通学時代からクラブユース出身の選手かと思っていたら違っていました。

規格外の活躍をしているものですから、高校サッカーではなくユース出身と思いこんでいました。

東京都出身の杉岡大暉の中学時代は、どんな感じだったのか?市立船橋高校で、どんな活躍をしてきたのか?何故、高校サッカーを選んだのかについて書いていきたいと思います。


杉岡大暉の中学時代は?高校サッカーを選んだ理由は?

杉岡大暉は中学時代は、どうだったのでしょうか?また、高校サッカーを選んだ理由は何だったのでしょうか?

杉岡大暉が中学時代と高校サッカーを選んだ理由から書いていきたいと思います。

中学時代は、FC東京の下部組織に所属していた杉岡大暉でしたが、同じチームに強力なライバルがいたようです。

この時はボランチをしていたようですが、そのライバルも同じポジション。しかも、左利き。

杉岡大暉と似ている選手だったようで、ライバルの方が評価が高かったようです。

それで、どちらかが昇格となっていたようで、杉岡大暉はライバルに負けてしまい、昇格を逃したようです。

そのため、ユースではなく、高校サッカーを選んだということのようです。

杉岡大暉も中学時代に挫折を味わっていたのですね。この中学時代の挫折が高校に進学した時に活きたみたいです。

それでは、杉岡大暉の高校時代について書いていきたいと思います。

杉岡大暉は市立船橋高校で、どんな活躍をしていたのか?

杉岡大暉は市立船橋高校で、どんな活躍をしていたのでしょうか?

中学時代に挫折を味わった杉岡大暉何か、本名圭佑みたいな感じがしますね。

本田圭佑もユースに上がれず、星稜高校で腕を磨きました。

同じように、杉岡大暉も市立船橋高校で腕を磨いていき、プロ入りを勝ち取りました。

杉岡大暉にとっては、初めての挫折だったかもしれません。しかし、高校サッカーへ進んだことが良かったのかもしれませんね。

1年生から左サイドバックのポジションでレギュラーになり、2年生では中心選手として活躍、U-17の日本代表にも選出されました。

2年生からセンターバックにコンバートされ、守備力の高さと様々なポジションを仮名競ることから注目を集めていたようです。

強いチームには素晴らしいセンターバックがいることは常識ですからね。注目が集まりますよ!

3年生の時には、キャプテンに就任し、高校総体で優勝をするなど、高校No.1と呼ばれるまで成長。

プロ注目の選手にまで昇り詰めました。ユースに昇格できず、悔しい思いをしたからこそ、ここまでこれたのでしょう。

もちろん、複数のクラブからオファーがあったが、湘南ベルマーレに入団することを決意。

杉岡大暉は理由をこう語っていました。

「市立船橋とサッカーが似ていてやりやすい」

大きな理由がコレだったのかもしれませんが、試合に出場できそうだったのも理由だったのかなと思いますね。

高校で左足を磨くことと様々なポジションを経験した杉岡大暉はプロ入りしても大活躍しました。

大きな挫折が、杉岡大暉を強くさせたのでしょうね!

素晴らしい高校生活を過ごしてきた杉岡大暉ですが、性格は真面目な方なのでしょうか?

ぱっと見、真面目そうに見えますが、どうなのでしょうか?杉岡大暉の性格について書いていきたいと思います。

杉岡大暉の性格は真面目なのか?

中学時代は、どうだったのかはわからないですが、高校時代の杉岡大暉の性格は後輩が暴露していました。

後輩が杉岡大暉の性格を紹介した文章がありました!

男っすね。男の中の男って感じですね、杉岡さんは。凄く意識高いし、監督が言うことよりも先に杉岡さんがチームメートに言うからと。(統率力も)凄かったです。

杉岡さんは勉強でもクラス1位とか取っていて、何でもできる優等生です。ワイワイやる盛り上げ役の人がいたら、静かに笑っている。たまにイジられたりしていました。

意識が高くなければ、プロ入りはできなかったと思われますし、中学時代に挫折を味わったからこそ行動に表れていたのでしょう。

監督が言うことよりも先に言うと言うあたりは素晴らしいですね!そういった行動をしているからこそ、チームメートが信頼するのでしょう。

杉岡大暉は勉強もできていたのですね。サッカー選手は勉強できる人はいますからね。驚きはしませんでした。

戦術の理解度が高いと評判が良いですので、勉強にも活かされていたと思われます。

静かに笑っているのは想像できます(笑)イジられるのもわかるような気がしますね。

杉岡大暉の雰囲気を見ていると、そんな感じが伝わってきます。

真面目な性格なのはわかりますが、イジられるあたりは愛されていますね!

そんな雰囲気のあるキャプテンだったからこそ、チームメートはついていったのでしょうね。

中学時代も同じ感じだったように思えますね。今は、どうなんだろう?

A代表の時は、イジられっぱなしだったのかな?そんな動画があれば見てみたいですね。

槙野智章が一緒だったら、画像ぐらいはアップしていてくれたかもしれません。

中学時代の挫折から這い上がり、高校で大活躍をした杉岡大暉。

這い上がった杉岡大暉は、この先辛いことがあっても大丈夫そうですね!

そういった選手が、日本代表の中心選手になると思っているので期待は大きいです。

杉岡大暉が日本代表の中心選手になる日を楽しみにしています。

まとめ。

今回は、杉岡大暉の中学、高校時代のことと性格について書いてみました。

まさか、中学時代に挫折を味わっていたとは思いませんでした。しかし、中学時代の挫折が杉岡大暉を成長させたのでしょう。

市立船橋高校に進学してからは、必死に練習に取り組んで、高校No.1DFになるまで成長。

高校卒業時には複数のクラブからオファーが来るまでになるなんて。

きっと、中学時代に挫折を味わっていなかったら、杉岡大暉はここまでの選手になっていなかったかもしれませんね。

こういった選手が、日本代表を強くしてくれる期待があります。本田圭佑や長友佑都がそうでした。

きっと、杉岡大暉も同じ感じに成長してくれることでしょう!

湘南ベルマーレ、オリンピック代表、A代表と忙しいですが、怪我をせずに頑張って欲しいですね。

こちらの記事も読まれています↓

冨安健洋の中学、高校時代の生活は、ハードな生活だったのか?

北川航也の中学、高校は?高校時代に味わった大きな挫折とは?

久保建英が通学している高校は?やはり、通信制の高校?

安部裕葵の高校時代は?何故、瀬戸内高校に進学を決めたのか?

堂安律。多忙な高校時代は、どんな生活?