2022年浅野拓磨の年俸は約5800万円!デビューから推移が凄い!5つのクラブで稼いだ金額はいくらなの?

ブンデスリーガ1部のボーフムに移籍に所属する浅野拓磨選手。

色々ありましたが、再び、5大リーグに戻ってこれてホッとしているのではないでしょうか?

前回は悔しい思いをしたはずなので、今回こそはという思いが強いでしょう。

そんな浅野拓磨選手ですが、気になる年俸はどうなのでしょうか?

年俸推移は順調だったのでしょうか?

また、移籍と言えば、移籍金も気になりますよね?

そこで今回は、浅野拓磨選手の年俸推移と移籍金について書いていきたいと思います。


2022年浅野拓磨の年俸は約5800万円!デビューから推移が凄い!5つのクラブで稼いだ金額は6億円以上!

浅野拓磨選手の写真4枚並べた画像

浅野拓磨選手は、2013年にサンフレッチェ広島とプロ契約を結び、プロ生活をスタート!

2016年にプレミアリーグのアーセナルに移籍しますが、労働許可が下りず、ブンデスリーガのシュトゥットガルトにレンタル移籍。

その後、ハノーファーを経て、セルビアのパルチザンに移籍しました。

いろいろと問題があり、パルチザンを退団・・・。

所属先が決まらない中、2021年6月にブンデスリーガ1部のボーフムに移籍が決まりましたね!

浅野拓磨選手の年俸推移は良い感じだったのでしょうか?

見てみましょう↓

シーズンクラブ年俸
2013サンフレッチェ広島480万円
2014サンフレッチェ広島850万円
2015サンフレッチェ広島850万円
2016サンフレッチェ広島850万円
2016-2017シュトゥットガルト不明
2017-2018シュトゥットガルト177万3000万ユーロ
(約2億3000万円)
2018-2019ハノファー86万9000ユーロ
(約1億1000万円)
2019-2020パルチザン60万ユーロ
(約7860万円)
2020-2021パルチザン60万ユーロ
(約7860万円)
2021-2022ボーフム33万4227ユーロ
(約4900万円)
2022-2023ボーフム39万8112ユーロ
(約5800万円)

最高年俸は、シュトゥットガルトに在籍時の177万3000万ユーロ(約2億3000万円)!

プロデビュー後の年俸から約48倍にもなりました。

不明の部分もありますが、5つのクラブで6億円以上稼いでいます。

ボーフムでも苦しいシーズンが続いていますが、何とか目に見える結果を残したいところ。

ワールドカップ後には、ゴールやアシストを量産してほしいですね。

では、詳細を見ていきましょう↓

サンフレッチェ広島

サンフレッチェ広島時代の浅野拓磨選手の写真4枚並べた画像

サンフレッチェ広島時代の浅野拓磨選手の写真

サンフレッチェ広島での年俸推移です↓

シーズン年俸
2013480万円
2014850万円
2015850万円
2016850万円

Jリーグの規約で新人選手は、C契約からスタートするので年俸が上限の480万円からスタートしています。

詳しくはコチラ

2014年には上がっていますが、それ以降は変わっていないですね。

サンフレッチェ広島入団1年目は出番がなく、2年目から少しずつ増えていきました。

3年目の2015年からは、スーパーサブとして活躍し、リーグ戦8得点をあげる活躍!

この活躍により、2016年に背番号10が与えられましたね!

そして、2016年の夏の移籍市場でプレミアリーグのアーセナルに移籍を決断。

浅野拓磨選手にとって大きなチャンスであったのですが、いきなりアーセナルは厳しかったようです。

労働許可が下りず、ブンデスリーガのシュトゥットガルトにレンタル移籍をすることになりました。

シュトゥットガルト

シュトゥットガルト時代の浅野拓磨選手の写真4枚並べた画像

シュトゥットガルト時代の浅野拓磨選手の写真

シュトゥットガルトでの年俸推移です↓

シーズン年俸週給
2016-2017不明不明
2017-2018177万3000万ユーロ
(約2億3000万円)
3万3327ユーロ
(約440万円)

1ユーロ=131.01円で計算しています。

海外移籍をしたことで年俸は大幅に上がりましたね。

元がアーセナルなので金額が高かったのではないでしょうか?

アーセナルに完全移籍し、労働許可が下りず、ブンデスリーガ2部(当時)のシュトゥットガルトにレンタル移籍した浅野拓磨選手。

加入1年目は多くの試合に出場しましたが、結果が残せず・・・。

Takuma Asano

引用:Twitter

シュトゥットガルトに残留し、ブンデスリーガ1部でプレーしましたが、シーズン後半は出番がない状況になってしまいました。

シーズン終了後にレンタル契約が終わり、ハノファーにレンタル移籍することになりました。

ハノーファー

ハノーファー時代の浅野拓磨選手の写真4枚並べた画像

ハノーファー時代の浅野拓磨選手の写真

ハノーファーでの年俸推移です↓

シーズン年俸週給
2018-201986万9000ユーロ
(約1億1000万円)
1万6712ユーロ
(約220万円)

1ユーロ=131.01円で計算しています。

ハノファーに加入した浅野拓磨選手は練習やテストマッチで活躍し、シーズン開幕前は期待されていました。

しかし、シーズン始まると怪我の影響もあり、活躍できず・・・。

シーズン後半にはアーセナルとの契約上、出場試合数が一定数を超えると、ハノーファーは買い取らなくてはいけなくなるので、浅野拓磨選手の起用をしなかったようです。

出番がなく、アピールもできなかった浅野拓磨選手ですが、セルビアのパルチザンからオファーがあり、移籍を決断!

この移籍が大きな転機となりました。

パルチザン

パルチザン時代の浅野拓磨選手の写真4枚並べた画像

パルチザン時代の浅野拓磨選手の写真

パルチザンでの年俸推移で↓

シーズン年俸
2019-202060万ユーロ
(約7860万円)
2020-202160万ユーロ
(約7860万円)

1ユーロ=131.01円で計算しています。

パルチザンでの年俸は、sakanowaに出でていました!

パルチザンでの年俸は予想以上でしたね!意外でした。

浅野拓磨選手は加入1年目から主力として活躍し、2年目には大ブレイクしました!

引用:(13) Takuma Asano||GOALS,SKILLS, ASSITS||FK PARTIZAN – YouTube

得点ランキング上位に位置し、タイトル獲得もできそうな感じもしましたが、給料未払いなどを理由にパルチザンを退団することになりました。

シーズン終盤だったので、両者にとって痛い結果になりましたね。

できれば、シーズン終了までプレーしてほしかったので残念でした・・・。

所属クラブを探していた浅野拓磨選手ですが、2021年6月にブンデスリーガ1部のボーフムに入団が決まりましたね。

浅野拓磨選手が望んだ5大リーグに移籍できたので、ホッとしていることでしょう。

前回のリベンジができるように準備をしてほしいものです。

ボーフム

ボーフムでの浅野拓磨選手の写真4枚並べた画像

ボーフムでの浅野拓磨選手の写真

ボーフムでの年俸ですが、salarysportによると以下の金額です↓

シーズン年俸週給
2021-202233万4227ユーロ
(約4900万円)
約6427ユーロ
(約94万円)
2022-202339万8112ユーロ
(約5800万円)
7656ユーロ
(約110万円)

1ユーロ=146.66円で計算しています。

5大リーグ復帰できた浅野拓磨選手。

背番号10を与えられ、期待の高さがうかがえました。

しかし、ボーフムでは思うような結果はではなかったのが残念でした。

2年目には、背番号10に変更し、心機一転!

と思っていたら、シーズン序盤に怪我をしてしまい、出遅れてしまいました。

ワールドカップ後に挽回できるのかが気になるところ。

さて、2022-2023シーズンはどんな結果になるのか?

注目です。

浅野拓磨の移籍金は?

浅野拓磨選手の写真4枚並べた画像

浅野拓磨選手の写真

浅野拓磨選手の移籍金は以下の通りです↓

日付移籍前のクラブ移籍後のクラブ移籍金
2016年7月18日サンフレッチェ広島アーセナル400万ユーロ
(約5億7000万円)
2016年8月26日アーセナルシュトゥットガルトレンタル移籍
2018年6月30日シュトゥットガルトアーセナルレンタル終了
2018年7月1日アーセナルハノーファー100万ユーロ
(約1億4000万円)
※レンタル料
2019年6月30日ハノーファーアーセナルレンタル終了
2019年8月2日アーセナルパルチザン100万ユーロ
(約1億4000万円)
2021年5月3日パルチザン退団なし
2021年7月1日所属無しボーフムなし

1ユーロ=141.83円で計算しています。

アーセナル移籍時の移籍金が1番高かったですね。

パルチザンともめている時には、クラブ側は500万ユーロ(約6億5000万円※当時のレート)以上のオファーが届けば放出という報道もありました。

結果的には、退団し、移籍金ゼロでボーフムに加入しました。

活躍次第では、ステップアップもあり得るので期待したいところ。

クラブ、サッカー日本代表での浅野拓磨選手の活躍に注目しましょう!

まとめ

今回は、浅野拓磨選手の年俸推移と欧州での評価について書いてみました。

年俸は順調に上がってきましたが、ここ数年は減少傾向。

活躍していないので仕方がないです。

年俸1億円の大台?に乗れるようになってほしいです。

そのためには、多くのゴールとアシストに期待しましょう!

こちらの記事も読まれています↓

参考サイト