田中碧のプレースタイル、ポジションは?クラブ、代表での歴代背番号は?

J1の強豪川崎フロンターレの主力として活躍をしている田中碧選手。

若い選手ではありますが、落ち着きがあり、冷静に周りを見られる選手。

オリンピック代表だけでなく、A代表定着も狙っていきたいところ。

今回は、田中碧選手のポジション、プレースタイルについて書いていきたいと思います。

※クラブ、代表での歴代背番号についても書いてみました。


田中碧のポジション、プレースタイルは?

田中碧選手のポジションは、セントラルミッドフィルダー。

攻撃、守備的ミッドフィルダーでプレーしています。

川崎フロンターレで激戦区ともいえるポジションでプレーをしています。

ここ最近では、田中碧選手はポジションを奪い取り、レギュラーとして活躍をしています。

川崎フロンターレのボランチには、日本代表経験者が多い中でのレギュラーなので価値はありますね。

では、田中碧選手のプレースタイルの特徴を挙げると、

・シンプルなプレー

・危険察知能力が高い

・球際の強さ

・ミドルシュート

が挙げられると思います。

シンプルなプレー

川崎フロンターレで鍛えられたものだと思われますが、シンプルなプレーで流れを引き寄せます。

本当に無駄がなく、簡単にパスをさばきます。

変にボールを止めることがないので、味方のリズムを崩すこともないのでやりやすいでしょうね。

簡単にパスをさばきながら、チャンスをうかがうところは、大島僚太選手を近くで見ていたおかげなのかもしれません。

危険察知能力が高い

田中碧選手の危険察知能力は高いです。

いてほしいところにいますよね?相手の攻撃の芽を摘み、一気に攻撃につなげるプレーは見る価値があります。

また、味方がボールを失っても、すぐにカバーにいけるポジション取りなど、サッカーIQが優れているところは日本代表にとって欠かせない武器となるでしょう。

球際の強さ

攻撃面を見ていると、球際は弱いのかなと思われますが、実は強い!

意外と競り勝つ場面が見られます。見た目から想像できません。

ボール奪取後には、素晴らしいボールを前線に供給し、自らも加わっていきます。

田中碧選手のボール奪取からの攻撃は迫力があり、見ごたえがあります。

田中碧選手の球際の強さがわかる動画を載せてみました↓30秒過ぎにボール奪取のシーンがあります。

J1だからできているというのもあるかもしれません。

国際試合で同じぐらいできるのか?注目して見ていきましょう!

ミドルシュート

田中碧選手がミドルシュートを打つようになってきたことは喜ばしいことです。

もともと、キックの精度が高いので打ってほしかったという希望が多かったと思われます。

味方にパスを出して前線に上がるだけでなく、ミドルシュートでゴールを脅かすようになった田中碧選手は怖いですね。

今後、ミドルシュートから何得点奪えるのか?注目していきたいですね。

世界が驚いた田中碧選手のミドルシュートです↓

乾貴士が認めた才能

Twitterで、田中碧選手のことを検索していたら面白い動画を発見しました!

乾貴士選手が田中碧選手を認め、ラ・リーガで成功する選手に選ばれました。

田中碧選手の守備力を高く評価してくれています。

ラ・リーガでもまれてきた乾貴士選手が言うなら間違いないでしょう。

ぜひ、近いうちにラ・リーガに移籍をしてほしいものです。

田中碧のクラブ、代表での歴代背番号は?

現在は、川崎フロンターレで大活躍している田中碧選手。

川崎フロンターレで背負ってきた背番号は何番があったのでしょうか?

また、代表では何番を背負っていたのでしょうか?

まずは、クラブの背番号から見ていきましょう!

川崎フロンターレ

田中碧選手の川崎フロンターレでの背番号です↓

シーズン背番号
2017-201832
2019-25

今は大きい番号を背負っていますが、そのうち一桁の番号になりそうですね。

その前に海外移籍をするかもしれませんが・・・。

小学3年生から川崎フロンターレの下部組織に入団。

このころの川崎フロンターレの下部組織には、三好康児選手、板倉滉選手がいたようです。

2016年にトップチーム昇格が決定し、2017年からトップチームでプレー。

2017年は、ルーキーイヤーということと選手層の厚さから出番がなく、2年目からようやく出番が回ってきました。

J1デビュー戦の札幌戦で初ゴールを決め、スタートラインに立てました。

2019年は、大島僚太選手の怪我や守田英正選手の不調が重なり、出番が急増!

このチャンスをモノにした田中碧は、公式戦31試合に出場し、2得点3アシストを記録。

ベストヤングプレーヤー賞に選出され、充実したシーズンを送りました。

2020年は、守田英正選手がアンカーのポジションに入ったことで、田中碧選手はインサイドハーフのポジションにコンバート!

意外とあっているので、インサイドハーフもありですね!

シーズン5得点と少し物足りないですが、そこらへんはやっていくうちに解消されるでしょう。

代表

田中碧選手の代表での背番号です↓

シーズン背番号
2018-2019(U-23)4
2018-201917
2019-2020(U-23)8
2019-202017
2020-2021(U-23)17

代表では、U-22代表で挑んだトゥーロン国際大会では準優勝に大きく貢献し、自身は会ベストイレブンに選出されましたね。

ブラジル代表(U-23)との親善試合で決めたミドルシュートで世界に大きくアピールをしたこともありました。

この時に、田中碧選手を知ったという人も多いのではないでしょうか?

EAFF E-1サッカー選手権2019で、初のA代表に選出され、今後の活躍が期待されています。

A代表でのポジション争いは激しいですが、田中碧選手であれば、やれそうな気がします。

意外と、レギュラーを取れるかもしれません。森保監督にはオリンピック後には継続的に読んでほしいですね。

まとめ

今回は、田中碧選手のポジション、プレースタイル、クラブ、代表での歴代背番号について書いてみました。

川崎フロンターレ一筋とあって、プレースタイルは川崎フロンターレのサッカーそのものですね。

田中碧選手の才能は申し分ないと思いますが、国際経験を多く積んで、たくましさを増してほしいなと思います。

乾貴士選手が認めた才能をスペインで見られる日が来ることを楽しみにしています。

【海外の反応】田中碧は海外メディアに、どう評価されているのか?

2019.12.26