【海外の反応】田中碧は海外メディアに、どう評価されているのか?

トゥーロン国際大会やブラジルとの親善試合で評価を高めた田中碧

海外での活躍ということで海外からの反応もありました。

若手の登竜門のトゥーロン国際大会で大会優秀選手3位に選出されたので、当然でしょう!

決勝でブラジルに敗れたとはいえ、初のファイナリストなので期待も高まりましたね。

コロンビア戦では残念な結果に終わりましたが、今後も期待したい世代。

その中でも田中碧は、ボランチの期待の星。

そこで、今回は田中碧が活躍したトゥーロン国際大会、ブラジル戦での海外の反応について書いてみたいと思います。


田中碧が活躍したトゥーロン国際大会、ブラジル戦の海外の反応は?

先ほども書きましたが、トゥーロン国際大会で準優勝し、大会優秀選手3位に輝いた田中碧。

正直、日本が勝ち進むとは思っていなかったので、嬉しい誤算でした。

トゥーロン国際大会で勝ち進めたことは大きな自信となったと思われます。

海外では、Bチームとまで呼ばれていましたので。

その中で、田中碧を始め多くの選手が成長したことが、今後の日本代表に繋がりますので、大いに期待したいところ。

今回書いている田中碧に対する海外の反応は、どうだったのでしょうか?

・田中碧には更に強くなって川崎に戻ってきて欲しい。三苫と旗手がフロンターレのユニフォームを着るのが待ちきれないね。

・ドウグラス・ルイスが大会MVPを獲得。リャンコが2位になり、田中碧が3位、ジェイソン・モランビーが4位。

トゥーロン国際大会では、田中碧という選手を知ってもらうのに大きかったと思われます。

意外にも、海外で川崎フロンターレファンがいたことにはビックリしました。

アジアならわかりますが、欧州ですので。

この時の田中碧に対する海外の反応は少なかったのですが、ブラジルとの親善試合では、海外の反応は凄かったですね。

ブラジルとの親善試合では、2ゴールとインパクトある結果を残しましたし、トゥーロン国際大会で優勝したブラジルが相手でしたから注目度は高かったようです。

ブラジル戦での海外の反応は、このような感じでした↓

・本当に優れた選手:橋岡、杉岡、田中碧、食野。

本当に最悪な選手: 中山雄太と大迫。

田中碧と橋岡大樹は本当に素晴らしいポテンシャルを秘めている
既に欧州でプレーしているべきだよ。

・田中碧はとても優れている。

今年トゥーロン国際大会で大会優秀選手の3位に選ばれたのも不思議ではない
(ドウグラス・ルイスとリャンコに次いで)
今年のJリーグの中でも最大の発見の一つだ。

・日本は上手く守って、不利な状況でも対応の仕方を心得ていた
逆転して一人少ない中でも耐えた。

田中碧はピッチ上のベストプレーヤー
ウィングバックの橋岡と杉岡も気に入ったよ。
前半の中山雄太は悪かったが後半は良かった。
ネガティブな点:守備陣の雑なミスと取るに足らない出来の小川航基。

ブラジル戦での田中碧の海外の反応は素晴らしいものばかりでしたね。

この試合は、ブラジルのホームでの試合であったので、より価値のある勝利であったと思われます。

その中で、ブラジルの記者や海外のサッカーファンから、これだけの反ぬがあったことは、田中碧にとっても自信になったことでしょう。

ここまで注目され始めると田中碧も海外を意識し始めることでしょう。

そんな、田中碧ですが、どんな感じの評価をされているのでしょうか?

次は、田中碧に対する評価について書いていきたいと思います。

田中碧に対する評価は、どんな感じなのか?

田中碧に対する評価は、止めて、蹴るという基本的な技術が、しっかりしていると評価されていますね。

川崎フロンターレで鍛えられていたことが大きかったですね。

基本に忠実なプレーができ、鋭い戦術眼を持っているので、ボランチの選手として良い才能を持っています。

簡単にボールを捌くので、相手も取りづらい。まさに、川崎フロンターレのサッカーの真骨頂を体現できる選手。

守備範囲も広く、運動量も多い。

割と、激しくボールを奪えにいけるので味方としたら有難い選手ですね。

大体、こんなところが田中碧の評価されているところです。

この年代では、弱点らしい弱点はなく完成度が高いと言われていますが、弱点がない分総合力を上げていかないと海外では通用しないかもしれませんね。

私は、田中碧にはフィジカルを強くしてほしいな思っています。

A代表でデビューを果たした田中碧ですが、香港戦はレベルの違いもあり素晴らしいパフォーマンスを披露しました。

韓国戦では、フィジカルの部分で負けてしまい、ボールロストをする場面が多く、目立った活躍はありませんでした。

その韓国戦を見て、海外からは、こんな反応が、

・田中碧には良いところも悪いところもあった
彼にはガッツがあり、相手の守備を崩そうと
異なるパスを出そうとしていた

それ以外の日本の攻撃といえば左サイドからの
見込みのないクロスぐらいだった

田中碧には優れた技術があるから
経験を積むことでその活かし方を学ぶだろう

田中碧と相馬はポジティブな点だった、
明らかに使えない選手達は除いて他は平凡だった

このBチームや間に合わせのU23代表は
勝とうが負けようが見ていてまじでつまらん。

田中碧は、それなりに評価はされていたようですね。

ボールを簡単に捌き、攻撃に変化を付けてくれる田中碧は、今の日本代表には必要でしょう。

ただ、韓国もメンバーを落としてきているので、真剣勝負になった時に田中碧が、どれだけやれるのかを見てみたいですね。

2020年1月には、AFC U23選手権がありますので、そこで本気の相手にやれるのか?見てみたいと思います。

サウジ、シリア、カタールが相手なので、非常に楽しみにしています。

そのメンバーの中に田中碧が入っていることを願っています。

東京オリンピックをかけた大会なので、海外メディアも注目していることでしょう。

どんな反応があるのか?注目しましょう!

まとめ。

今回は、田中碧に対する海外の反応や評価について書いてみました。

トゥーロン国際大会、ブラジル戦では海外から素晴らしい反応がありましたし、評価も高かった。

ですが、それ以外のところでは反応はないようなので、海外からも注目される存在になって欲しいものです。

そのためにも、AFC U-23選手権で中心選手として、日本代表を勝ち進めてほしい。

日本以外は、東京オリンピックの最終予選であるので本気モードでやってくるはず。

その中で、田中碧が違いを生み出すパスが出せるのか?注目しましょう!

こちらの記事も読まれています↓

田中碧のポジション、プレースタイルは?特徴や弱点はドコ?

田中碧は海外移籍するのか?理想の移籍先はドコなのか?

【海外の反応】前田大然は知られているの?チームでの評価は?

【海外の反応】菅原由勢は海外で知られているのか?評価は?

【海外の反応】堂安律は、海外メディアにどう評価されている?

冨安健洋の海外の反応が急上昇!イタリア国内での反応は?