【世紀の大誤審】杉岡大暉のゴールが取り消されたのは見えなかったため?

2019年5月17日に事件は起きましたね。まさかの誤審。今までにあったような誤審とは違う世紀の大誤審がありましたね。

審判の角度からは確認が難しかったのではないかと思われます。しかし、あれはないでしょう・・・。

杉岡大暉のシュートがゴールネットに突き刺さりましたが、近くにあったドリンクに跳ね返り、すぐにゴールの外へ。

本当に、すぐに戻ってしまったため、リプレイで見ないと分からないかもしれません。

線審もゴールラインまでは見れないので仕方がないことですが、改めて、VAR(ビデオ・アシスタント・レフリー)の導入が必要になりましたね。

VARでなくても、W杯で使用されていたゴールラインを割ったかどうかのテクノロジーを使用した方が良いですね。

では、杉岡大暉のゴールが取り消された世紀の大誤審について書いていきたいと思います。


杉岡大暉のゴールが取り消された世紀の大誤審は、どのようなものだったのか?

杉岡大暉のゴールが取り消された事件は大きく取り上げられましたね。

確かに、杉岡大暉は入っていました。ただし、角度が変わるとゴールか判断できないかもしれません。

実況やサポーターは確認できたかもしれません。誤審をした審判をかばうわけではないですが、改めて角度を変えてみてみると難しいですね。

誤審は良くないのですが、杉岡大暉のゴールの判定が難しいと分かる動画があったので載せてみました。

審判の目線から見るとポストに当たって跳ね返ってきたように見えます。

しかし、浦和レッズの選手たちのリアクションやGKの西川を見れば何があったのかぐらい気づいても良いはず・・・。

明らかに、浦和レッズのGK西川は、センターサークルに向かってボールを戻すだけのスローイング。味方へではない。

一方の湘南ベルマーレはゴールしたことが確認でき、杉岡大暉に向かって選手が集まっていく。

このシーンを見れば、杉岡大暉のシュートはゴールだと感づけたのでは?

杉岡大暉のシュートから跳ね返ってくるまでが速かったので判断しづらい状況なのはわかります。

動画を見て、なおよくわかりました。審判もその瞬間プレーを止めても良かったと思いますが、続行。

湘南ベルマーレは一気にピンチになりましたが、秋元がセーブをし助かりました。

その後、選手が抗議するも覆らず・・・。確認するような感じもなく、試合は続行。

この世紀の大誤審は海外でも取り上げられたほど有名になってしまいました。

この大誤審後に負けずに戦った湘南ベルマーレの選手たちは逞しかった。監督のゲキが効いたみたいです。

正直、この試合はハイライトでしか見ていません。湘南ベルマーレの勇敢な戦いぶりは称賛されますし、感動させられました。

湘南ベルマーレが勝ったから良かったかもしれませんが、逆だったら話になりません。

VAR導入を早期にすべきという声も上がりましたし、実際にそうせざるを得ないでしょう。

そのVARですが賛否両論が出ていますね。皆さんは、どうでしょうか?

次は、VARの賛否について書いていきたいと思います。

VAR導入は賛成?反対?

杉岡大暉のゴールだけでなく、Jリーグでは多くの誤審が見受けられます。

そこで、早急にVAR導入を求める声が広まっていますね。

まず、VARとは、どんなものかというと、

サッカーにおけるビデオ判定を主に担当する副審判員を指す名称。

審判が判定に困ったに助ける役ですね。このサポートがあれば、杉岡大暉の件は防げます。

VARには、こんな役割があります。

(1)得点に関すること
(2)ペナルティキックであるか、そうではないか
(3)レッドカードに相当する行為かどうか(2度目の警告を含めたイエローカード相当の行為は対象外)
(4)間違った選手に対しての退場処分、警告処分であったかどうか

(1)については、杉岡大暉への誤審を防ぐことができましたね。

私的には、(2)が一番引っ掛かるところですね。私は、VAR反対派なので。完全は反対というわけではないですが。

(2)の影響で、W杯ロシア大会がつまらなくなりましたね。

手に当たれば、ハンドをアピールし、VAR・・・。PKが増加することにもつながりました。

決勝戦も故意にハンドしたわけではないのに、PKの判定。

ハンドのルールも変わっていったようなことが書いてあったと思われますが、どうなるのか。

その度に、試合が中断され、試合の流れが止まってしまいます。しかも、VARはアシストをするだけで、最終決定は審判が行うのでさじ加減で変わってしまいますね。

得点に関すること、杉岡大暉の時のような場面では良いと思われますが、それ以外では必要ないのかなと思います。

PKの判定も微妙な時だけでいいと思いますね。

VARは必要な部分もあるとは思いますが、必要最低限で良いでしょう。

その度に試合中断されては選手は困りますし、見ている側もイライラしてしまいます。

なので、私はVAR導入には最低限だけ取り入れて欲しいですね。

Jリーグでも、杉岡大暉への誤審だけでなく、色々なところで誤審が起きています。

誤審ばかりであると、選手も見ている方もイライラしますので、誤審を減らすように審判のレベルを上げるように指導していってほしいですね。

杉岡大暉への誤審の時のように、世界に恥をさらさないようにしてもらいたいです。

まとめ。

今回は、杉岡大暉への誤審について書いてみました。

誤審は誰にでもありますし、仕方のないことでもあると思います。

しかし、杉岡大暉への誤審はないでしょう。動画を見て、審判に同情したくもなりますが、そこは周りを使って解決できるようにして欲しいです。

VAR導入については反対(一部は賛成)ですが、そればかりに頼ると試合が面白くなくなってしまいます。

導入は避けられないと思われますが、審判のレベルを上げてもらい、誤審が少なくなることを祈りたいです。

こちらの記事も読まれています↓

杉岡大暉のポジション、プレースタイルとは?特徴と弱点とは?

杉岡大暉の中学、高校時代は?中学時代の大きな挫折とは?

杉岡大暉の年俸は、Jリーグの平均年俸よりも高いのか?クラブ平均は?

三好康児の海外移籍でベストなタイミングは?合うリーグは、どこ?

板倉滉のポジション、プレースタイルは?適性ポジションは?