遠藤渓太のプレースタイルは?最大の特徴は?

横浜Fマリノス期待の若手・遠藤渓太

※2020年夏に、ブンデスリーガのウニオン・ベルリンにレンタル移籍が決定しました。

日本では絶対的な選手ではなかった遠藤渓太。活躍できるかは未知数ですが、期待をしたい。

中島翔哉の例もありますので。

近年、ブンデスリーガで活躍する日本人選手が減ってきているので楽しみですね。

今回は、遠藤渓太のポジション、プレースタイルについて書いていきたいと思います。

まずは、遠藤渓太のプロフィールから書いていきます。


遠藤渓太のプロフィール。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Just started🔴⚪️ #eisernunion #fcunion

遠藤 渓太/Keita Endo(@keita_1122)がシェアした投稿 –

生年月日:1997.11.22

身長:175cm

体重:66kg

出身地:神奈川県

利き足:右足

【リーグ戦記録】
2016 横浜FM(J1) 23試合・0得点
2017 横浜FM(J1) 14試合・2得点
2018 横浜FM(J1) 27試合・2得点
2019 横浜FM(J1) 33試合・7得点
2020 横浜FM(J1) 6試合・2得点
2020-21 ウニオン・ベルリン(ドイツ)

引用:https://www.soccer-king.jp/player/article/428897.html

遠藤渓太は横浜Fマリノスの下部組織で育ち、2016年にプロデビュー。

新人選手が目標とするA契約に初年度で達成。A契約に必要な時間は450分。

初年度でクリアできたことは、遠藤渓太にとって大きいものであったと思われます。

2年目には、初得点を挙げて、本当の意味でのプロデビューを果たしました。

何か縁があるのか?プロ初先発、プロ初得点ともにアルビレックス新潟戦。

この時は、ルヴァン杯でしたが、同じ年にリーグ戦初得点も決めました。

徐々に、遠藤渓太らしいプレーが見られ始めたのは、3年目。

背番号11に変更され、ルヴァン杯ではニューヒロー賞を受賞するなど、遠藤渓太の名前は全国に広まったのではないでしょうか?

2019年には、先発、サブで出場しても変わらない活躍し、リーグ優勝が懸かった残り2戦では連発となるゴールを決め、優勝に大きく貢献。

ポジション争いの厳しい横浜Fマリノスで、今後、スタメンを奪い取ることができるのか?凄く注目しています。

と思っていたら、ウニオン・ベルリンにレンタル移籍!

ここでポジションを奪えるのか?楽しみにしています。

まずは、短くても良いので試合に出てほしいですね。ブンデスリーガのパワー、スピードを体感してほしい。

ウニオン・ベルリンのHPです→https://www.fc-union-berlin.de/en/

遠藤渓太のインタビューが出ていました。

遠藤渓太のメインポジション、プレースタイルは?

遠藤渓太のメインポジションは左ウイング。右ウイングのポジションもやっていましたが、左ウイングがメイン。

代表では、ウイングバックのポジションも務めます。ただ、遠藤渓太の良さが消えそうな気がするので、ウイングで起用をしてほしい。

では、遠藤渓太は、どんなプレースタイルを得意としているのでしょうか?

遠藤渓太のプレースタイルの特徴を挙げると、

・緩急をつけたドリブル

・献身的な守備

・決定力の向上

が挙げられると思います。

緩急をつけたドリブル

遠藤渓太のプレースタイルの最大の特徴でしょう。

スピードを生かしたドリブルというよりかは、緩急を生かしたドリブル突破が特徴ですね。

緩急をつけながら、相手の逆を突くドリブルであるので、相手DFとしたら嫌な選手でしょう。

下がりながらのDFで逆を取るドリブルをされると、本当に守りにくい。

近年では、ドリブルでボールを運ぶだけでなく、コンビネーションで崩すことも上手くなりました。

プレーの幅を広げた遠藤渓太には期待をして良いと思われます。

遠藤渓太のドリブルの特徴がわかる動画を載せてみました↓

献身的な守備

豊富な運動量を武器に守備も懸命にこなしてくれます。

最後尾まで戻ってきてくれるので、味方にとっては心強い存在!

もちろん、前線からのプレスもかけてくれますので、高い位置で奪ってチャンスを作り出してくれます。

決定力の向上

遠藤渓太の弱点と言われていた決定力不足ですが、改善されてきています。

2018年までのリーグ戦の得点数は、合計4得点・・・。

2016年からプロデビューしていますので、物足りない数字です。

2019年には、7得点を挙げています。アシストは9。

シュートを積極的に打つようになったこととチャンスメーカーから脱出するという意識が強くなったからだと思います。

2020年も6試合で2得点なので、2019年の記録を超えていたでしょう。

決定力が向上した遠藤渓太は、ドイツでも得点を挙げられるのか?注目していきたいですね。



送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

ウニオン・ベルリンが、遠藤渓太に期待していることとは?

ウニオン・ベルリンが、遠藤渓太に期待していることは、スピードとテクニックのようです。

「ケイタは、そのスピードやテクニックで我々の力になってくれる素晴らしい能力を持つとても興味深い選手だ」

引用:https://web.gekisaka.jp/news/detail/?306632-306632-fl

意外と評価をされているスピード。

単純なスピードは、ブンデスの選手にはかなわないはず・・・。

ドリブル時のスピードのことなのでしょうか?それも、そこまで速いとは言えない気がしますね。

ブンデスリーガ公式サイトでは、「プリシッチに似ている」と紹介されています。

遠藤渓太を過大評価しすぎな気がしますが、大丈夫なのでしょうか?

ウニオン・ベルリンが期待をしているということは、スピードとテクニックを認めてくれているということ!

遠藤渓太には、証明をしてもらいたいですね。あとから、スピード、テクニックないじゃんと言われないように。

日本人サポーターの方も遠藤渓太が通用するのか?気になっているところなので、リーグ戦で通用するところを見せてほしいですね。

※これで、通用するとなれば、再び日本人選手に目を向けてくれるようになるかもしれません。

日本人サイドアタッカーがブンデスリーガに評価されるためには、遠藤渓太の活躍が大きなカギとなりそうですね。

まとめ。

今回は、遠藤渓太のポジション、プレースタイルについて書いてみました。

緩急をつけたドリブルでチャンスメークの印象が強かったのですが、フィニッシュの精度が上がり、得点もとれるようになりました。

ウニオン・ベルリンにレンタル移籍が決まり、力が通用するのか?注目されています。

ブンデスリーガ1部活躍する選手が少なくなってきているので、遠藤渓太には活躍をしてもらいたいですね。

目標である10得点に絡むことができるのか?見守りましょう。

こちらの記事も読まれています↓

【歴代】遠藤渓太のクラブ、代表での背番号は?