酒井宏樹の年俸推移が凄い!気になる浦和レッズでの年俸を予想してみた!

恵まれた体格を生かし、簡単に相手に突破をさせない、酒井宏樹選手。

1対1の守備には定評があり、ネイマール選手とやりあっても負けないぐらいの実力の持ち主。

そんな実力を持つ酒井宏樹選手ですが、年俸推移はどうだったのでしょうか?

報道されている浦和レッズでの年俸はどのくらいになるのでしょうか?

今回は、酒井宏樹選手の年俸推移、浦和レッズでの年俸の予想について書いてみました。

参考サイト


酒井宏樹の年俸の推移は?各クラブでの金額はどうだったのか?

酒井宏樹選手は柏レイソルでプロデビューを果たし、2012年にブンデスリーガのハノーファーに移籍。

その後、2016年にフランスのマルセイユに移籍し、2020-2021シーズンを最後に退団。

Jリーグ浦和レッズに移籍が濃厚といわれていますね。

では、酒井宏樹選手の年俸推移はどうだったのでしょうか?

柏レイソル

柏レイソルでの年俸推移です↓

シーズン年俸
2009300万円
2010300万円
2011450万円
20121400万円

酒井宏樹選手は、柏レイソルの下部組織で育ち、2009年にトップチームデビューを果たしました。

6月にブラジルのモジミリンECにレンタル移籍し、レベルアップして帰ってきましたが、出番はなく・・・。

しかも、柏レイソルは降格をしてしまいました・・・。

2010年はバックアッパーとして試合に出ていましたが、レギュラー獲得まで行かず。

2011年に練習試合で右サイドバックをやったことがキッカケでレギュラーに定着しました!

この年にはA代表に選出され、J1優勝も成し遂げ、個人賞で、Jリーグベストイレブン、Jリーグベストヤングプレーヤー賞を受賞しました。

そして、2012年の夏まで在籍し、ブンデスリーガのハノーファーに移籍することになりました!

ハノーファー

ハノーファーでの年俸推移です↓

シーズン年俸週給
2012-2013不明不明
2013-201473万3000ユーロ
(約9600万円)
1万4096ユーロ
(約180万円)
2014-201564万4000ユーロ
(約8400万円)
1万2385ユーロ
(約160万円)
2015-201661万9000ユーロ
(約8100万円)
1万1904ユーロ
(約155万円)

※1ユーロ→130.82円で計算しました。(2021年7月12日時点)。

参考サイトでは、2012-2013シーズンの年俸は確認できませんでした。

海外移籍で年俸は一気にアップ!5倍以上上がっていますね。

これぞ!海外移籍の醍醐味と言えるでしょう!

2012年7月にハノーファーに移籍した酒井宏樹選手。

移籍金約100万ユーロ(1億円)ということで、年齢と実績を考えれば、妥当な金額であったと思われます。

入団当初は、ブンデスリーガに適応することに苦しみ出番が回ってきませんでしたが、後半から出場機会を増やしてきました。

その後はレギュラーを勝ち取り、安定したパフォーマンスを見せていましたが、2015-2016シーズンにチームは降格・・・。

降格を機に、酒井宏樹選手はフランスの名門マルセイユに移籍を決断しました。

マルセイユ

マルセイユでの年俸推移です↓

シーズン年俸週給
2016-2017112万ユーロ
(約1億4600万円)
2万1538ユーロ
(約280万円)
2017-2018118万6000ユーロ
(約1億5500万円)
2万2808ユーロ
(約300万円)
2018-2019119万7000ユーロ
(約1億5700万円)
2万3019ユーロ
(約300万円)
2019-2020150万ユーロ
(約2億円)
2万8846ユーロ
(約380万円)
2020-2021110万ユーロ
(約1億4400万円)
2万1154ユーロ
(約280万円)

※1ユーロ→130.82円で計算しました。(2021年7月12日時点)。

2019-2020シーズンに約2億円まで上がりましたが、それ以外は大きな変動はないですね。

2016年にマルセイユに加入した酒井宏樹選手は、すぐにポジションを勝ち取り、多くの試合に出場。

2019-2020シーズンには、マルセイユで100試合出場を果たし、記念ユニフォームを贈呈されましたね!

このシーズンは若手の台頭でポジションを奪われかけましたが、2020-2021シーズンは勝ち取りましたね!

そんな酒井宏樹選手ですが、2020-2021シーズンでマルセイユを退団することになりました。

Jリーグの浦和レッズに移籍するという報道でにぎわいましたね。

年俸面で条件を満たせるクラブということが大きかったのではないでしょうか?

できれば、柏レイソルに戻ってきてほしかったのですが、残念です。

酒井宏樹の浦和レッズでの年俸を予想!

金満クラブである浦和レッズに移籍が濃厚といわれている酒井宏樹選手。

酒井宏樹選手の年俸予想をすると1億円前後になると思われます。

2021シーズンの浦和レッズに所属する選手の年俸を見てみると、

順位選手名年齢金額
1西川 周作341億円
1杉本 健勇281億円
3レオナルド248000万円
3槙野 智章348000万円
5興梠 慎三347000万円

1位の西川周作選手、杉本健勇選手の1億円が最高額なので、ここら辺なのではないかと思われます。

酒井宏樹選手の価値を考えると、1億5000万円ぐらいになってもおかしくない。

ただ、コロナウィルスの影響で年俸ダウンを受け入れる選手も多いので、1億円まで行くのか?わかりませんね。

世界のビッククラブでも減俸の話が出回っていますしね。

キャスパー・ユンカー選手やアレクサンダー・ショルツ選手の加入もあり、チームは良い方向に進んでいます。

酒井宏樹選手加入で強い浦和レッズが復活するのか?楽しみですね。

まとめ

今回は、酒井宏樹選手の年俸推移と浦和レッズでの年俸予想について書いてみました。

酒井宏樹選手の年俸推移は緩やかに上がってきましたね。

年俸推移を見ていると、いかに順調にキャリアを歩んできたのかがわかります。

報道されている浦和レッズに加入した際の年俸は気になりますが、それ以上にどんな変化をもたらすのか?気になりますね。

Hiroki Sakai

【歴代】酒井宏樹のクラブ、日本代表での背番号は?

2021.06.10