鈴木優磨がロナウドのセレブレーションをした理由は?

2016年クラブW杯でのこと。

準決勝・アトレティコ・ナシオナル戦でゴールを決め、ロナウド十八番のセレブレーションを披露した、鈴木優磨

日本だけでなく、スペインでも話題になったほどのものでした。

なぜ、鈴木優磨はロナウドのセレブレーションを行ったのか?

今回は、鈴木優磨がロナウドのセレブレーションを行った理由について書いていきたいと思います。


なぜ、鈴木優磨はロナウドのセレブレーションを行ったのか?

鈴木優磨にとって、ロナウドは憧れの存在でした。それを知ってなのでしょう。

記者からは、ロナウドのセレブレーションをやるように促されていたようです。

ロナウドのセレブレーションを決めた日のインタビューで明らかになりました。

「記者さんたちがずっと『やるんですよね?』って聞いてくるから、やりました(笑)。(決勝でゴールを決めたら)ロナウドの目の前までいってやります(笑)」

引用:https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=21326

このインタビュー内容は、マドリードでも話題になったようです。

鈴木優磨に頼めば、やってくれるであろうと記者が考えた作戦なのでしょうね。

記者にとってはありがたい存在!良いニュースとなりました。

実際に、ロナウドのセレブレーションを行ったシーン↓

※調べていくうちに判明しましたが、ニュース番組で軽く披露をしていました。

ロナウドへの憧れなどを語っているところです↓

憧れのロナウドと直接対決!肌で感じた本家の凄さとは?

準決勝終了後、ゴールを決めたら、ロナウドの前でやりたいと言っていた鈴木優磨ですが、決勝では不発。

ロナウドには、ハットトリックをされ、4-2で敗戦。

2度も目の前でセレブレーションを見せつけられてしまった、鈴木優磨は、

「試合中は敵なんで、やっぱり悔しかったです……。(C・ロナウドは)今日の試合でそんなに調子が良かったわけじゃないと思うんですけど、1分、2分で仕事ができる。あーゆーところはすごい、本当にストライカーだなと思いました」

引用:https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=21326

素直な感想であったと思われます。

すべての面が足りないとも言っていたようで、少しあった自信を砕かれてしまったのかもしれませんね。

ロナウドと比較をする時点で間違えていますし、プレースタイルが違うので比較する必要はなかったのでは?と思ってしまいますね。

ただ、ロナウドと直接対決をし、近くでロナウドの凄さを体験できたことが1番の収穫だったような気がします。

この経験が、鈴木優磨のサッカー人生に大きな影響をもたらせたとなれば、素晴らしい体験であったといえるでしょうね。

2019年7月にベルギーのシント=トロイデンVVへ移籍を果たし、腕を磨いています。

今後、ステップアップできるのか?非常に楽しみなところ。

鈴木優磨には、ベルギーで結果を残し、5大リーグへ移籍をしてほしいですね。

試合後に、ロナウドとユニフォーム交換は?交渉シーンあり!

決勝戦前に、ロナウドとのユニフォーム交換は譲れないと言っていたようです。

実際に交換できたのか?というと交換できたようです。

TVカメラが、ロナウドに交渉している鈴木優磨をとらえていました↓

動画の最初に、ロナウドに話しかける鈴木優磨。ジェスチャーを交えながら交渉をしています。

この時用に、ポルトガル語を教えてもらったのかな?

憧れのロナウドのユニフォームをゲットできて幸せであったでしょう。

まとめ。

今回は、鈴木優磨がロナウドのセレブレーションを行った理由について書いてみました。

記者の作戦に見事にはまったような感じでした。

ただ、憧れの選手の真似はしたくなるものでしょうし、世界が注目する大会で自分をアピールするのには良かったのでは?

鈴木優磨にとって、欧州に名前を知られるキッカケになったと思われますし、結果オーライであったことでしょう。

今後、ロナウドのセレブレーションをするのか?不明ですが、また見てみたいですね。

こちらの記事も読まれています↓

鈴木優磨の性格は悪いは本当?本当の姿とは?

クリロナのゴール後のポーズは何を示しているの?