久保建英の年俸の推移は?移籍金、市場価値は?

ビジャレアルにレンタル移籍が決まり、ようやく新しいスタートを切ることができた久保建英

決まるまでに、様々な噂が出てきましたが、理想的な?クラブへ行けてよかったと思われます。

そこで、気になるのは?久保建英の年俸や移籍金。どのくらいの金額なのでしょうか?

今回は、久保建英の年俸の推移、移籍金、市場価値について書いていきたいと思います。

まずは、簡単に、久保建英のプロフィールを見てみましょう。


久保建英のプロフィール。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Muy feliz de poder formar parte de un gran club como el Villarreal!!💛 Ojalá podamos hacer una gran temporada! #submarino #villarreal

久保建英/Takefusa Kubo(@takefusa.kubo)がシェアした投稿 –

生年月日:2001.06.04

身長:173cm

体重:67kg

出身地:神奈川県

利き足:左足

【リーグ戦記録】
2016 FC東23(J3) 3試合・0得点
2017 FC東京(J1) 2試合・0得点
2017 FC東23(J3) 23試合・2得点
2018 FC東京(J1) 4試合・0得点
2018 FC東23(J3) 10試合・3得点
2018Aug. 横浜FM(J1) 5試合・1得点
2019 FC東京(J1) 13試合・4得点
2019Jul. レアル・マドリード(スペイン) 0試合・0得点
2019Aug. マジョルカ(スペイン) 35試合・4得点

引用:https://www.soccer-king.jp/player/article/690379.html

久保建英の年俸の推移は?移籍金、市場価値は?

年俸の推移

気になる久保建英の年俸の推移ですが、こちらのようになります↓

シーズンクラブ年俸
2017-2018FC東京(→横浜F・マリノス)700万円
2018-2019FC東京700万円
2019-2020レアル・マドリード(→マジョルカ)約2億4600万円
2020-2021レアル・マドリード(→ビジャレアル)約2億5000万円~約3億7600万円

久保建英が、プロ契約したのは、2017年11月1日。16歳5か月22日でのプロ契約は、Jリーグ史上3番目の記録。

久保建英は注目を浴びていたので、プロ契約の際は大きな注目を集めました。

J3のFC東京U23で、24試合に出場したこともあり、A契約(年俸の上限がない契約)を締結。

初めて、A契約を結ぶ場合は、上限700万円に制限されているので、久保建英の年俸は700万円となっています。

FC東京も集客が期待できる久保建英が、レアル・マドリードへ移籍してしまい残念でしたね。

18歳になった時に移籍をするという話があったようなので、織り込み済みだったのかもしれません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Muy feliz por mi debut con el @realmadrid !!⚽️⚽️ デビュー戦、まだまだここから。 #realmadrid #takefusakubo #久保建英 #icc

久保建英/Takefusa Kubo(@takefusa.kubo)がシェアした投稿 –

レアル・マドリードに移籍をした久保建英の年俸は、約2億4600万円と年俸が一気にアップ!

カスティージャの選手の平均年俸が、平均年俸13万ユーロ(約1600万円)くらいというはなしなので、いかに好待遇であったのかがわかります。

※バルセロナは、年俸25万ユーロ(約3070万円)を提示してきたようです。

年俸だけでなく、トップチーム選手候補として扱ってくれたことが、1番の決め手であったようです。ここは大切なところですね。

マジョルカにレンタル移籍をし、35試合に出場4得点4アシストを記録した久保建英にオファーが殺到し、ビジャレアルにレンタル移籍をすることになりましたね。

気になる年俸は、約2億5000万円~約3億7600万円。高いのか?安いのか?わからなくなってきそうです。

年俸3億円プレーヤーになったことで騒がれましたが、久保建英には、もっと稼げる選手になってもらいたい。

10倍以上の選手になってくれることを期待しています。

移籍金

久保建英の移籍金の推移をまとめてみました。

シーズン所属元移籍先移籍金
2019-2020FC東京レアル・マドリードなし
2019-2020レアル・マドリードマジョルカなし
2020-2021マジョルカレアル・マドリードなし
2020-2021レアル・マドリードビジャレアル250万ユーロ(約3億円)

FC東京からレアル・マドリードへ移籍の際に移籍金円であったことは驚きましたね。

ただ、契約内容が18歳になるまでという契約であったようですね。

レアル・マドリードは良く調査をしてきたなと思います。バルセロナは、熱意がなさそうでしたしね。

久保建英のレアル・マドリード移籍の決め手だったのかもしれません。

久保建英の移籍金について、面白い記事がありました↓

なぜ久保建英「ゼロ円移籍」をFC東京は認めたのか? 代理人が明かす移籍市場の裏側

市場価値

久保建英の市場価値の推移も見ていきましょう。

シーズンクラブ金額
2019年7月FC東京200万ユーロ(約2億4000万円)
2019年9月レアル・マドリード(→マジョルカ)1000万ユーロ(約12億円)
2019年12月レアル・マドリード(→マジョルカ)1500万ユーロ(約18億円)
2020年4月レアル・マドリード(→マジョルカ)1350万ユーロ(約17億円)
2020年7月レアル・マドリード3000万ユーロ(約37億円)

久保建英の市場価値は一気に上がってきましたね!

マジョルカでの活躍に加え、年齢、将来性が高く評価された感じですね。

それにしても、3000万ユーロ(約37億円)まで上がるとは予想外でした。

はっきり言えば、マジョルカでは凄く活躍をしたわけではないですしね。

日本のマーケットも含めた価値と言っても良いでしょう。

ちなみに、直近の日本人選手の市場価値は以下の通りです↓

  1. 久保建英(日本/レアル・マドリー):3000万ユーロ(約37.2億円)
  2. 中島翔哉(日本/ポルト):1600万ユーロ(約19.8億円)
  3. 冨安健洋(日本/ボローニャ):1350万ユーロ(約16.7億円)
  4. 鎌田大地(日本/フランクフルト):1200万ユーロ(約14.9億円)
  5. 南野拓実(日本/リヴァプール):1000万ユーロ(約12.4億円)

引用:久保建英は37億円!日本人選手12人がランクイン…独サイトがアジア人選手の市場価値ランキングを紹介

若手から中堅選手がランクインしていることは嬉しいことですね。

久保建英もそうですが、冨安健洋の市場価値が上がってくると期待をしています。どのくらい上がるのでしょうか?楽しみですね。

※2020年8月25日に、新しく、冨安健洋の市場価値の発表がありました。

1800万ユーロ(約23億円)とのことです。

日本代表の攻守の要となる選手の市場価値が高いなると嬉しいですよね!

今後、久保建英、冨安健洋以外の選手が大幅に上がってくることを期待しましょう。

まとめ。

久保建英の年俸の推移、移籍金、市場価値について書いてみました。

年俸についてですが、今後大幅に上がっていくと思われますが、レアル・マドリードに復帰をするか、ほかのクラブへ完全移籍をするしかなさそうですね。

できれば、レアル・マドリード復帰をしてほしいのですが・・・。

ビジャレアルで圧倒的な結果を残し、認められるしかなさそうですね。

移籍金、市場価値ですが、どこまで上げることができるのか?本当に見もの。

久保建英には、日本人選手として様々な記録を打ち立ててほしいですね!

こちらの記事も読まれています↓

久保建英と小野伸二。同じ年齢の時に凄かったのは?