UEFAチャンピオンズリーグにアーセナルが戻ってくるためには?

2019年8月14日に追記しました。追記は後半部分です。

最近は、プレミアのレベルが上がり、UEFAチャンピオンズリーグの出場権を獲得するのも難しくなっています。

以前は、UEFAチャンピオンズリーグの常連だったアーセナルも最近はUEFAチャンピオンズリーグに出るのも厳しい状況。

今シーズンは、UEFAヨーロッパリーグで決勝トーナメントを戦っていますが、先日のファーストレグでは、レンヌに1-3の敗戦。

アウェイとはいえ、アーセナルにとっては痛い敗戦。UEFAチャンピオンズリーグより劣る、UEFAヨーロッパリーグのタイトルは獲得したいところ。

そうなれば、来季のUEFAチャンピオンズリーグの出場権を得ることができますからね。

※決勝でチェルシーに敗れてしまい、準優勝に終わりました・・・。

プレミアでは、現在、マンチェスター・Uと4位を争っていますが、勝ち点差1なので最後まで分からない状況。

アーセナルとしたら、どちらに力を入れるのか?難しいところですよね?

今回は、アーセナルがUEFAチャンピオンズリーグの出場権を得るためには、どちらに力を入れるべきかについて書いていきたいと思います。


アーセナルは、来季のUEFAチャンピオンズリーグの出場権を得るために、どちらに力を入れるべきか?

アーセナルは、どちらに力を入れるべきなのでしょうか?リーグ制覇は難しいですし、マンチェスター・Uとの4位争いも怪しい。

勝ち点1差で、チェルシーもいますので最後まで分かりませんね・・・。

しかも、マンチェスター・Uは監督交代後調子がいいですからね。プレミア、UEFAチャンピオンズリーグ両方共にですからね。

アーセナルのOBは、UEFAヨーロッパリーグの方に集中すべきという意見もあります。

確かに、そちらの方が来季のUEFAチャンピオンズリーグに出場できる可能性が高いかもしれません。

しかし、UEFAヨーロッパリーグもチェルシー、ナポリ、インテルがいますので簡単には行きません。

アーセナルとしたら、どっちがいいのかわからない状況ですよね?どちらも狙える状況なだけに・・・。

私は、アーセナルOBとは反対でプレミアに集中した方が良さそうな気がします。

リーグ戦は、マンチェスター・Uとの直接対決で勝てれば、後は、アーセナルより順位が低い相手が多いですので。

そちらの方が確率が高いのかなと思います。

ライバルのマンチェスター・Uは、チェルシーとマンチェスター・Cと試合があります。

チェルシーは、リヴァプールとの試合も残っています。

マンチェスター・Uとチェルシーが引き分けてくれて、後の強豪チームとの試合で敗れてくれれば、アーセナルにチャンスがあると思います。

来季のUEFAチャンピオンズリーグを狙うのであれば、リーグ戦に集中した方が可能性が高そうです。

ちなみに、UEFAヨーロッパリーグのチームは、各国のリーグ戦ではUEFAチャンピオンズリーグに出られることが決定的なチームや微妙なラインのチームが多いです。

さらに、タイトルには届かないというチームが多いので、タイトルを狙ってくるチームが多いかもしれません。

アーセナルには、来季UEFAチャンピオンズリーグに出場してきてほしいので、是非、プレミアに集中して欲しいです。

次は、過去のUEFAチャンピオンズリーグでのアーセナルの活躍ぶりについて書いていきたいと思います。

過去のUEFAチャンピオンズリーグでのアーセナルは、どうだったのか?

過去はUEFAチャンピオンズリーグの常連で、決勝トーナメントにもよく出てきていたアーセナル。

2005-2006シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ決勝まで進出し、バルセロナと戦った。

前半にゴールキーパーのレーマンが退場となり苦しい展開でしたが、先制をしたのは、アーセナル。

この時のアーセナルは守備陣が安定していたので、アーセナルが逃げ切るのかと思われましたが、イニエスタが出てきたことで試合が動いた。

立て続けに得点を許し、バルセロナに逆転をされてしまったアーセナル。しかし、アーセナルにはひっくり返せる力が残っておらず、1-2で敗戦。

UEFAチャンピオンズリーグ制覇が見えたアーセナルにとっては厳しい結果となってしまった。

その時のハイライトを見てみたいと思います。

ハイライトを見ると懐かしいですね。バルセロナにはロナウジーニョがいますし、アーセナルにはアンリがいますね。

レーマンの退場ですが、チームのために行った行動の結果なので責められませんね。

先制に成功したアーセナルは行けると思ったのではないでしょうか?堅守を誇っていましたからね。

しかし、10人で長い時間戦っていたアーセナルはきつかったでしょう。後半の折り返しには立て続けに失点をし、アーセナルのUEFAチャンピオンズリーグ優勝はなくなった。

アーセナルが最もUEFAチャンピオンズリーグ制覇に近づいた日として有名な話ですね。

アーセナルもタレントが揃っていたので残念でした。

これ以降は、UEFAチャンピオンズリーグで勝ち進むこともあったが、決勝までにたどり着いたことはなく、次第にUEFAチャンピオンズリーグに出れなくなっていった。

それだけプレミアのレベルが高くなったということなんですが。

来年、アーセナルがUEFAチャンピオンズリーグの舞台に戻ってこれるのか?

今後のアーセナルの戦いぶりに注目していきたいと思います。

オーバメヤンがカギを握っているような気がしますので、オーバメヤンを応援したいと思います!

2019年8月14日に追記しました。

アーセナルは来季のUEFAチャンピオンズリーグの出場権を逃してしまいました。

ELでは決勝戦でチェルシーに敗戦、プレミアでは4位以内に入るチャンスがあったにもかかわらず自滅し、5位でフィニッシュ。

アーセナルとしては最悪のシナリオになってしまいましたね。どちらも狙っていたのかもしれませんが、プレミアの方で狙っていった方が確実でしたね。

ヨーロッパのタイトルを取れるチャンスでもあったので、どちらもといった感じであったのでしょう。

どちらで、出場権を狙うのかが明確になっていなかったのが、アーセナルのミスであったと思われます。

来シーズンのアーセナルは、かなり入れ替わるみたいなので上手く機能するのか?

アーセナルが復活できるのか?その戦いぶりに注目していきたいと思います。

では、強いアーセナルが戻ってくるには何が必要なのでしょうか?

次は、そのことについて書いていきたいと思います。

強いアーセナルが戻ってくるために必要なこととは?

どうすれば、強いアーセナルが戻ってくるのでしょうかね?

まずは、中盤かなと思います。エジルがいますが、パフォーマンスに安定感がなく、監督も構想外に近い状態。

エジルに変わる司令塔が必要かもしれません。夏の移籍市場も大人しい印象を受けますし、どうするのでしょうか?

中盤がもう少し強力になれば上に行ける感じがしますが・・・。

ただ、現在のアーセナルを考えると、オーバメヤンとラカゼットの2トップにかけるしかなさそうです。

オーバメヤンはプレミアの得点王に輝きました。その相方のラカゼットがいるからこそタイトルを取れたと言っても過言ではありません。

この強力2トップが新シーズンで何点取れるかが上位進出の鍵になるでしょう。できれば、マンCを始めとする上位陣との対戦で点を取れるかが順位にかかわってくると思われます。

昨シーズンの反省を活かしながら、取りこぼせない試合は引き分けOKでも良いぐらいの試合運びをしてほしいですね。

そうすれば、4位以内は狙えると思われます、昨シーズンも失速しなければ4位以内は入れたでしょう。

新シーズンは、UEFAチャンピオンズリーグ出場権をとりつつ、ヨーロッパリーグのタイトルが取れるようにしたいですね。

今シーズンのアーセナルは、トップ4返り咲きとUEFAチャンピオンズリーグ出場権に向けて本気度が伺えました。

オフの補強が素晴らしかった。近年にないぐらい素晴らしいと言っても過言ではない。

オフシーズンのアーセナルは、またしても攻撃陣の補強。ニコラ・ペペを補強しましたが、これは、オーバメヤン、ラカゼットを活かすための補強であったと思われます。

さらに、レアルからレンタル移籍でセバージョスを獲得。アーセナルのサッカーには合っていると思われますが、肝心な守備陣の補強がありませんでした。

アーセナルは同じことを繰り返すのか?と私は思っていましたが、今年のアーセナルは違いました。

セルティックからキーラン・ティアニーを獲得し、ライバルクラブチェルシーからダヴィド・ルイスを獲得。

近年、アーセナルの問題であったセンターバックの補強に成功。ダヴィド・ルイスの実力は本物ですし、リーダーシップも取れる。

これで、アーセナルのセンターラインが、しっかりしたと思われます。

ダヴィド・ルイスは長年プレミアリーグでやってきているので適応はできるはず。

アーセナルには、厳しい意見が多いですが、アウェイで勝てるようになれれば、トップ4は行けますし、UEFAチャンピオンズリーグ出場権も取れると思います。

下手をしたら、トップ4だけでなく、ヨーロッパリーグ優勝で、UEFAチャンピオンズリーグ出場権を取ることができそうな気がします。

今シーズンのアーセナルは、プレミアリーグで台風の目になるかもしれません。

まとめ。

今回は、来季アーセナルが、UEFAチャンピオンズリーグの舞台に戻るためにはということについて書かせていただきました。

OBは、UEFAヨーロッパリーグに専念した方がいいと言っていますが、私はリーグ戦に集中した方が良いと思いますね。

アーセナルの残り試合を見てみると強豪と呼べるのは、マンチェスター・Uだけなので、取りこぼしをしなければ可能性は高くなるのではないかなと思われます。

決めるのは、アーセナルの幹部や監督ですが、来季もUEFAチャンピオンズリーグを逃すようなことになると、ファンからは厳しい声が聞こえてきそうです。

アーセナルが残り試合を、どう戦っていくのかに注目していきたいと思います。

どちらを優先にするのでしょうかね?それが吉と出るか?今週末の試合のメンバーも見ものですね。

※昨シーズンのアーセナルは、あまりよくなかったですね。攻撃はともかく、守備が・・・。

しかし、今シーズンのアーセナルは本気度が違いました。攻撃陣の補強だけでなく、守備陣のテコ入れもしました。

今シーズンのアーセナルはやってくれそうな気がします。

トップ4返り咲きとUEFAチャンピオンズリーグ出場権獲得をしてくれると期待しています。

今シーズンのアーセナルは注目すべきです!



【DAZN】初月1ヶ月無料お試し

こちらの記事も読まれています↓

UEFAチャンピオンズリーグでのアトレティコの戦いぶりは老獪?

UEFAチャンピオンズリーグのボールの特徴は?問題点はないのか?

UEFAチャンピオンズリーグでのイングランド勢の強さの理由は?

UEFAチャンピオンズリーグでプレミアリーグが優勝できない理由は?

UEFAチャンピオンズリーグのMVPは、UEFA欧州最優秀選手賞なの?