ドルトムントが、UEFAチャンピオンズリーグで早期敗退は必然的?

2019年10月5日に追記しました。追記は後半部分です。

今シーズンは前半戦絶好調だったドルトムントでしたが、徐々に調子が悪くなっていき、今では得失点差で、ブンデスリーガ2位に位置するドルトムント。

チームの調子が悪かったドルトムントは、UEFAチャンピオンズリーグでラウンド16でトッテナムに敗れてしまいました。

しかも、結構あっさりとやられてしまいましたね。ブンデスリーガ前半戦のドルトムントを知っていた人には意外だったでしょう。

アウェイとはいえ、0-3で敗戦。ここの時点で勝敗が決していたと思われます。ホームでも0-1で敗れ、トータル0-4の大敗。

ドルトムントは、今シーズンは良いところまで行けると思ったのですが、残念でした。

そこで、今回は、UEFAチャンピオンズリーグでのドルトムントの戦いぶりを振り返りたいと思います。


UEFAチャンピオンズリーグのドルトムントの戦いぶりは?

UEFAチャンピオンズリーグでのドルトムントの戦いぶりは、どうだったのでしょうかね?

グループステージから振り返っていきたいと思います。グループステージは2強2弱といった感じであったので、1位で勝ち抜けるか?どうかの問題でした。

アトレティコと争ったわけですが、両チームとも4勝1敗1分。得失点差で、ドルトムントが1位抜けしました。

グループステージの戦いぶりは、まずまずといったような気がしますね。

ラウンド16の抽選の結果、トッテナムと当たることになり、ちょっと嫌な相手だなと思われたでしょう。

UEFAチャンピオンズリーグラウンド16に近づくにつれ勝てていませんでしたからね。嫌な予感が的中したような感じでした。

ドルトムントはアッサリとトッテナムにやられてしまいましたね。動画でファーストレグの試合を振り返ってみましょう。

実は、ドルトムントvsトッテナムの試合を見たのが初めてなのですが、一方的にやられていたわけではないのですね。

ドルトムントにもチャンスが多かったみたいですし。後半開始早々に、ソン・フンミンにゴールを許してからも大崩れすることはなかったのですが、2点目が痛かったかもしれません。

直後に3点目を取られていますしね。流石に、3点目は厳しかったでしょうね。セカンドレグのことを考えれば。

この試合には、ドルトムントのキャプテン、マルコ・ロイスが負傷で出ていなかったことも大きかったと思います。

ホームで奇跡の大逆転を狙ったドルトムントですが、0-1で敗れてしまい、ドルトムントのUEFAチャンピオンズリーグが終わりました。

この試合には、マルコ・ロイスが出場しましたが、トッテナムのエース、ハリー・ケインのゴールでやられました。

そこまで大きな力の差がない両チームですが、何故、ここまで差が付いたのでしょうか?

UEFAチャンピオンズリーグで、ドルトムントが大敗した理由は何なのか?

ドルトムントが、UEFAチャンピオンズリーグのトッテナム戦で大敗をしてしまった理由は何だったのでしょうか?

ブンデスリーガの前半戦は好調であったにも関わらず、ここまで失速してしまったことが大きな要因ですが・・・。

自力の差が出たのかな?というのが正直なところですね。ブンデスリーガの前半戦は勢いで勝てていたような感じがします。

前半戦のドルトムントは、マルコ・ロイスが好調だったのに加え、パコ・アルカセルも得点を量産していましたからね。

本物の強さと勘違いしていたのかもしれません。もともと力のあるチームではありますが、上手くいきすぎていたということでしょう。

後は、若返りを図ったことが大きな要因の一つだったと思われます。勢いに乗っている時は強いですが、勢いがなくなるとダメになってしまうのが出ていましたね。

それを落ち着かせられるベテランの存在が必要であったのかもしれませんね。

どこかのニュースで、香川真司のように攻撃を落ち着かせる選手が必要だという記事もありました。

後は、ドルトムントが強いのは主力選手が出ている時であって、故障者が出ると弱くなってしまうところも修正しないとですね。

ドルトムントが、UEFAチャンピオンズリーグ、リーグ戦を制覇する気があるのであれば選手層を厚くする必要があります。

ここが、トッテナムとの違いでしょうね。トッテナムは補強もできずにシーズン開幕を迎え戦ってきましたので、チーム力は間違いなくあります。

ドルトムントの大敗は必然的なことであった感じがしますね。今シーズンの問題点は来シーズンに解消できるようにしないとです。

UEFAチャンピオンズリーグもドイツ杯も敗退してしまったドルトムント。残るは、ブンデスリーガのタイトルのみとなりましたが、リーグ優勝はできるのでしょうか?

ドルトムントは、ブンデスリーガで優勝ができるのか?

UEFAチャンピオンズリーグ、ドイツ杯も敗退してしまったドルトムント。

残るは、ブンデスリーガのタイトルだけですが、ドルトムントは優勝できるのでしょうか?

4月にあるアウェイのバイエルンとの直接対決で決まりそうな気がしますね。

最近のバイエルンは大量得点差で勝っているので、得失点差で大きな差がついています。そう簡単に詰められる差ではないので、ドルトムントは勝ち点で上回るしかなさそうですね。

バイエルンは、UEFAチャンピオンズリーグは敗退してしまいましたが、国内では負けるような感じがしません。

ドルトムントにとっては、引き分けも許されない状況なので、勝ち点3は必須となってきます。

ドルトムントにとっては厳しいミッションですが、これを乗り切れないとブンデスリーガ優勝はできないでしょうね。

4月の直接対決まで、1試合ありますが勝ち点3を奪って勢いに乗って、バイエルンとの天王山に挑んで欲しいです。

色々な意味で期待しています。久しぶりに、バイエルン以外のクラブの優勝が見てみたいので!

※ドルトムントは優勝することはできませんでした。しかし、ここ数シーズンのドルトムントの中では良かったと思われます。

ドルトムントも補強を図りつつ、選手層が厚くなるようにしないと、UEFAチャンピオンズリーグ、ブンデスリーガを優勝することは難しいですね。

ここから追記しました。

2018-2019シーズンは、リーグ戦も優勝を逃してしまいました。しかし、久しぶりに強いドルトムントを見た気がします。

2019-2020シーズンは、リーグ戦は出遅れてしまいましたが、UEFAチャンピオンズリーグは好調。

バルセロナ、インテルと同じ組になったドルトムントですが、現在はグループ首位。

インテルが不気味な存在ですが、今シーズンのドルトムントはやってくれそうな気配がします。

夏の補強は良いものとなりましたし、チームの歯車がかみ合って来れば、リーグ戦、UEFAチャンピオンズリーグも良い結果を得ることができるでしょう。

昨シーズンは、UEFAチャンピオンズリーグは早期敗退で悔しい思いをしましたが、「死の組」を突破できれば自信になりますし、勢いに乗ることでしょう。

まだ、2試合しか終わっていませんが、グループ首位に立っています。

大きな取りこぼしがなければ、ドルトムントは、グループ突破できると思われますので、是非、突破して強いドルトムントを見せて欲しいですね。

油断はできませんが、今シーズンのUEFAチャンピオンズリーグで準々決勝以上の結果を残してほしいですね!

まとめ。

今回は、ドルトムントのUEFAチャンピオンズリーグでの戦いぶりについてとトッテナムに大敗した理由について書かせていただきました。

実力差のない両チームでしたが、ドルトムントは勢いで突っ走っていましたが、勢いを失ってしまったことが大きな要因でしたね。

ベテランの存在が必要でしたね。今シーズンの経験は、来シーズンに活かしてもらいたいですね。

まだ若いチームなので、ブンデスリーガのタイトルを取って自信を付けることが良いと思われます。

バイエルンとの直接対決がありますが、そこが大きな分岐点になりますね。

もう負けられない状況のドルトムントですが、リーグ戦だけに集中できるので逆に良いかもしれません。

久しぶりに、ドルトムントが優勝するところを見てみたいですね!

※ドルトムントはブンデスリーガで優勝できませんでしたが、来シーズンに期待が持てる結果を残しました。

来シーズンも、ドルトムントが優勝争いに食い込めるか注目ですね!

こちらの記事も読まれています↓

レアルのUEFAチャンピオンズリーグ早期敗退は、当然の結果?

UEFAチャンピオンズリーグでユベントスは優勝できる可能性は高い?

UEFAチャンピオンズリーグでリバプールは優勝のできる?可能性は?

UEFAチャンピオンズリーグでのアトレティコの戦いぶりは老獪?

UEFAチャンピオンズリーグにアーセナルが戻ってくるためには?