UEFAチャンピオンズリーグでリバプールは優勝はできる?可能性は?

2019年10月7日に追記しました。

リバプールは見事にUEFAチャンピオンズリーグを制しました。素晴らしい戦いぶりです。

UEFAチャンピオンズリーグも準々決勝の組み合わせも決まり、いよいよ優勝も見えてくるところであると思われます。

リバプールとしては、昨シーズンは悔しい思いをしたので、今年こそはUEFAチャンピオンズリーグ優勝をしたいはず。

昨年のUEFAチャンピオンズリーグでは決勝でレアルに敗戦し、リバプールは準優勝。

決勝戦では、エースのサラーが負傷交代ということもあり、サラーが燃えているかもしれませんね。

そんなサラーは、プレミアリーグ優勝をしたいといってましたが(笑)リバプールは両方でしょう!

リバプールとしたら、サラーに怒りたいところでしょうね、きっと。

今回のリバプールは、UEFAチャンピオンズリーグ優勝を狙える戦力もありますし、リバプールには、是非とも優勝をしてほしいところ。

今回は、リバプールがUEFAチャンピオンズリーグで優勝できるのかについて書いていきたいと思います。


リバプールは、UEFAチャンピオンズリーグで優勝できるのか?

リバプールがUEFAチャンピオンズリーグで優勝できるかと言われると、出来ると思われます。

リバプールといえば、前線の3人ですよね?フィルミーノ、サラー、マネの強力3トップを止めるのは難しい。

最近は、マネが調子が良く、得点を量産しています。マネに気を取られていると、フィルミーノ、サラーにやられてしまいますからね。

さらに、最終ラインには、ファン・ダイクがいますので守備で大崩れをすることは少ないでしょう。

ファン・ダイクはセットプレーでは脅威になりますので、どこからでも点が取れるイメージがあるリバプール。

ただ、心配なのがリーグ戦の日程ぐらいでしょうか?

リバプールは現在、マンCに次いで2位につけていますので、リーグ戦とのやりくりが心配ですね。

リバプールの残りの日程を見てみると、トッテナムとチェルシーといった強豪と試合が残っているので落とせない試合となります。

それを考えて、ターンオーバーを上手く使ってくると思われますが、下手をして負けるとリーグ優勝がなくなってしまいますので気を付けないといけません。

FA杯は敗退しているので、その分楽ではあると思います。クロップ監督が、どのように選手を起用してくるのかがポイントになりそうですね。

それを乗り切れれば、リバプールのUEFAチャンピオンズリーグ優勝が見えてくると思われます。

リバプールは、準々決勝のカードも恵まれた方ですからね。是非、それを活かしてほしいです。

では、リバプールの優勝の鍵を握る攻撃陣の凄さについて見ていきたいと思います。

リバプールが誇る強力攻撃陣の凄さとは?

先ほども書きましたが、リバプールの生命線と言っても過言でないフィルミーノ、サラー、マネ率いる攻撃陣の凄さを見てみましょう。

先日行われたバイエルンとのセカンドレグの試合です。

リバプールの先制点のシーンですが、ロングパスを受けたマネ。上手い具合にトラップをし、さらに上手くターンをして、ゴールキーパーまでかわす。

その後は、相手ディフェンダーのカバーが目に入ったのでしょう。軽く浮かせたシュートでゴール。

凄い技術としか言いようがありません。マネがいて、逆サイドにはサラーがいるので相手は疲れるでしょうね。

バイエルンに同点ゴールを許してしまったリバプールですが、これはオフサイドでは?ゴールは認められ同点に。

その後もオフサイドなのに線審は旗を上げないでいるプレーもあり、この人大丈夫なのかなと思いましたね。

前半は1-1で終了しましたが、上手く切り替えられたリバプールはセットプレーから、ファン・ダイクのヘディングで勝ち越し。

ヘディングのお手本と言わんばかりのヘディングシュート。スピードもあり、セットプレーもありのリバプールの攻撃は恐ろしいですね。

そして、とどめの一撃はマネ。サラーからの優しいパスをヘディングシュート。これで勝負は決まりましたね。

真ん中にはポストプレーもでき、自らも点が取れるフィルミーノがいますからね。リバプールの攻撃は、UEFAチャンピオンズリーグの中でも屈指であると思われます。

ここまで見ると、リバプールが攻撃のチームという印象が強いと思われますが、守備も素晴らしいのです。

次は、リバプールの守備の凄さについて書いていきたいと思います。

リバプールの守備の凄さは?

攻撃力が凄いリバプールですが、守備も凄いのです。クロップ監督が採用している「ゲーゲンプレス」。

「ゲーゲンプレス」とは、

「攻守の切り替えがとても早く、ボールを奪われたらすぐプレスをかけにいく戦術」

というものです。攻守一体の作戦ですね。

ゲーゲンは、ドイツ語で「カウンター」の意味を表します。

クロップ監督のゲーゲンプレスは、まさに、ボールを奪われた瞬間に数人で囲い込みボールを奪い返し、カウンターを食らわせるというやり方です。

はまると、こんなに凄いのです。実は、リバプールの恐ろしさは、ここかもしれません。

プレスが速すぎて、相手はパスの出しどころがない状況ですね。結構、体力を使いそうですが、そこは日々のトレーニングで鍛えてあることでしょう。

UEFAチャンピオンズリーグでも、リバプールのゲーゲンプレスに苦しむチームは多いでしょうね。

敗れるとしたら、バルセロナぐらいかな?後は、マンCぐらい?はまれば怖いゲーゲンプレスですが、はまらないと危なさそうですね。

しかし、最終ラインにファン・ダイクがいるので、ゲーゲンプレスがはまらなくても十分やれるでしょうね。

リバプールは凄まじい攻撃陣が揃っていますが、守備陣も凄いですし、組織力もあるので、UEFAチャンピオンズリーグ優勝の可能性は高いと思われます。

ここから追記しました。

2018-2019シーズンは、珍しくプレミア勢での決勝になりました。

下馬評でもリバプールが優勢でしたが、トッテナムも劇的な勝利で勝ち進んできているので、どちらに転ぶかわかりませんでした。

結果はご存知の通り、2-0でリバプールが優勝しました!14年ぶりのUEFAチャンピオンズリーグ制覇ですからね。

喜びは大きいでしょう!クロップ監督もシルバーコレクター返上に成功しましたし、2連覇も狙えそうなチームに仕上がっています。

プレミアリーグでは、勝ち点1差で、マンCに負けてしまったので、来シーズンは両方を狙っていくことでしょう!

来シーズンもリバプールもが同じようなパフォーマンスができるのか?注目です。

しかし、2019-2020シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでは、リバプールは苦戦していますね。

2戦終了し、まさかのグループ3位。

ザルツブルク戦では危なかったですからね。南野拓実のゴールは素晴らしかったですが、ホームで引き分け寸前でしたから。

今後、どう転ぶかわかりませんね。前年度UEFAチャンピオンズリーグ覇者なので、どこのチームも研究してきます。

リバプールにとっては、楽なグループと思われましたが、そうでもなさそう。

ライバルであるナポリをホームで迎える時には勝利したいところ。

まだ、4試合残していますが、リバプールとしては油断できませんね。リーグ戦は好調なので、UEFAチャンピオンズリーグでも調子を取り戻してほしい。

UEFAチャンピオンズリーグ連覇に向けて厳しいスタートとなりましたが、しり上がりに調子を取り戻してくれることを願います。

まとめ。

今回は、リバプールがUEFAチャンピオンズリーグで優勝できるのかと攻守の凄さについて書かせていただきました。

昨シーズンの悔しさもあると思いますので、今シーズンのUEFAチャンピオンズリーグにかける想いが強いと思われます。

リバプールとしたら、リーグ戦、UEFAチャンピオンズリーグの2冠を狙えるチャンスなので、どん欲に行くでしょう。

自慢の攻撃陣は健在で、ファン・ダイクが率いる守備陣も好調。さらに、ゲーゲンプレスで相手を苦しめているので、優勝に近いと思われます。

日程も過密日程とまで行かないと思いますので、上手くターンオーバーをして両方取れるように起用をしてくるでしょう。

久しぶりに、UEFAチャンピオンズリーグ優勝を飾ることができるのか?リーグ戦、UEFAチャンピオンズリーグ両方に注目しないとですね!

※リバプールは、UEFAチャンピオンズリーグは優勝できましたが、プレミアリーグはできませんでした。

来シーズンは、両方を狙ってやってくると思うので、どんな戦い方をするのか?注目です。



【DAZN】初月1ヶ月無料お試し

こちらの記事も読まれています↓

レアルのUEFAチャンピオンズリーグ早期敗退は、当然の結果?

UEFAチャンピオンズリーグでユベントスは優勝できる可能性は高い?

UEFAチャンピオンズリーグでマンCは優勝できるのか?不安要素は?

UEFAチャンピオンズリーグにアーセナルが戻ってくるためには?

UEFAチャンピオンズリーグでのイングランド勢の強さの理由は?