UEFAチャンピオンズリーグの得点ランキングは注目されているの?

2019年9月22日に追記しました。追記は後半部分です。

UEFAチャンピオンズリーグで意外と注目されていないなと思うものがあります。

まだ、ラウンド16だからだとは思いますが、得点ランキングが注目されていないような気がします。

得点ランキングよりも、どこのチームが勝ち進んでくるのか?また、ビューティフルゴールの方に注目が行ってしまいます。

W杯の時も準決勝辺りから得点ランキングに注目が集まりましたね。後は、グループステージ最終戦の後ぐらいでしょうか?

恐らく、準決勝辺りから得点ランキングの話が出てくるのではないでしょうか?

では、今シーズンのUEFAチャンピオンズリーグの得点ランキングについて書いていきたいと思います。


今シーズンのUEFAチャンピオンズリーグの得点ランキングは、どうなっている?

今シーズンのUEFAチャンピオンズリーグの得点ランキングは、次のようになっております。(2019年3月11日時点)

1位 レヴァンドフスキ(バイエルン)  8得点

2位 タディッチ   (アヤックス)  6得点

2位 メッシ     (バルセロナ)  6得点

2位 マレガ     (ポルト)    6得点

5位 ディバラ    (ユヴェントス) 5得点

5位 ケイン     (トッテナム)  5得点

2019年3月11日時点で勝ち残っているチームの選手だけを抜き出してみました。

1位のレヴァンドフスキですが、次のステージに進めるかどうかも決まっていないので何とも言えませんが、一番得点王に近いかもしれません。

対抗馬としては、メッシが挙げられるでしょう。メッシも次のステージにすすめるか決まっていないので、どうなることかわかりません。

ただ、W杯も、そうですが、UEFAチャンピオンズリーグも当てはまりそうな気がしますが、グループステージで稼げるだけ稼げた選手が得点王になる確率が高そうな気がします。

そう考えると、レヴァンドフスキが得点王に一番近いかもしれませんね。

勝ち進めば進むほど、得点は取りにくくなっていますので、レヴァンドフスキとメッシが勝ち抜けられるのかによって、得点ランキングの順位も変わってきそうですね。

後は、準々決勝以降の組み合わせ次第でしょうね。比較的にやりやすいクラブとやれるのかにもかかってくると思われます。

今シーズンのUEFAチャンピオンズリーグの得点ランキングは、このような感じでしたが、直近のUEFAチャンピオンズリーグの得点ランキングは、どうだったのでしょうか?

直近の大会の得点ランキングを見てみたいと思います。

直近のUEFAチャンピオンズリーグの得点ランキングは、どんな感じなのか?

まずは、昨シーズンのUEFAチャンピオンズリーグの得点ランキングを見ていきたいと思います。

昨シーズンは、レアル・マドリードが3連覇を達成し、クリスティアーノ・ロナウドが得点王を獲得しました。

得点ランキングは、どうだったのかというと、

1位 クリスティアーノ・ロナウド(レアル)   15得点

2位 フィルミーノ       (リヴァプール)10得点

2位 サラー          (リヴァプール)10得点

4位 マネ           (リヴァプール)8得点

4位 ウィサム・ベン・イェデル   (セビージャ) 8得点

ウィサム・ベン・イェデルは、準々決勝で敗れてしまいましたが、残りの4人は決勝まで勝ち進んでいますね。

それ以下の順位の選手は、準々決勝までで敗退しています。

昨シーズンは、リヴァプールの得点力の高さが目立ったUEFAチャンピオンズリーグでしたが、やはり、ロナウドには勝てなかったですね。

その前のシーズンも振り返ってみましょう。

得点ランキングを見てみると、

1位 クリスティアーノ・ロナウド(レアル)   12得点

2位 メッシ          (バルセロナ) 11得点

3位 カバーニ         (PSG)    8得点

3位 レヴァンドフスキ     (バイエルン) 8得点

5位 オーバメヤン       (ドルトムント)7得点

ロナウド以外は、準々決勝で敗れていますね。UEFAチャンピオンズリーグの得点王になるのには、決勝まで行かないと難しいのかな?

ここ2シーズンの得点ランキングを振り返ってみましたが、準々決勝が終わるまで予想ができないみたいな傾向がありますね。

ロナウドの得点力が凄かったと言えますが、今シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでのロナウドは調子がイマイチです。

ユヴェントスに移籍したばかりのシーズンですし、UEFAチャンピオンズリーグでは低空飛行ですが、リーグ戦では取っていますので素晴らしいと思います。

ここ2シーズンの得点ランキングを見てみたところ、準々決勝が終わるまでは予測不可能といったところでしょうか?

今の段階で言えるのは、レヴァンドフスキとメッシが得点王に近いのかなということですね。

セカンドレグの後半戦で二人が得点を取るのかにも注目ですし、チームが勝ち抜けられるかも注目です!

ここから追記しました。

2018-2019シーズンのUEFAチャンピオンズリーグは終了し、リバプールの優勝で幕を閉じました。

気になる得点ランキングは、

1位がメッシで12得点。

2位がレヴァンドフスキで8得点。

3位がデュサン・タディッチ、モウサ・マレガ、クリスティアーノ・ロナウド、セルヒオ・アグエロの4人で6得点。

ランキングを見ると、メッシの圧勝ですね。

ワールドカップでは、グループリーグで大量得点を挙げれば、ランキング上位に入れますが、UEFAチャンピオンズリーグは甘くはないですね。

ランキングを見てみると、意外であったのが、リバプールのサラーとマネが上位に入っていなかったことが驚きでした。

得点ランキングを振り返ると、メッシは別次元の選手でしたし、クリスティアーノ・ロナウドがもう少しランキングの上に来るのかなと思っていました。

ランキングで選手の価値が決まるところではありますが、得点ランキングでは測れない活躍をした選手も多いので、そちらの選手にもスポットライトが当たると良いですね。

2019-2020シーズンは、どんな得点ランキングになるのか?楽しみですね。

2019-2020UEFAチャンピオンズリーグが開幕しましたが、波乱の幕開けとなりましたね。

王者リバプールが負け、レアルも完敗。今シーズンも波乱が多い大会になるのかもしれませんね。

まだ、1試合終わっただけですが、グループステージで大量得点を挙げた選手が得点ランキングの上位になりそうですね。

今シーズンの得点ランキングもメッシ、クリスティアーノ・ロナウド、レヴァンドフスキ、セルヒオ・アグエロ辺りが上位に来るでしょう。

出来れば、得点ランキング1位の選手が所属しているクラブが、UEFAチャンピオンズリーグを制して欲しいなというのが、私の願いです。

まとめ。

今回は、UEFAチャンピオンズリーグの得点ランキングについて書いてみました。

現在では、レヴァンドフスキが1位ですが、この後、どこまで勝ち進めるのかにかかっていますね。

そういったことを考えると、メッシが来るような気がしますが、13日の試合で、どうなるかによるでしょう。

もしかしたら、意外な選手が得点ランキングトップに立つ可能性もありますからね。

UEFAチャンピオンズリーグの得点ランキングが注目されるのは、恐らく、準決勝辺りからだと思われますが、今から誰がなるのか?予想してみるのも楽しいかもしれません。

2019-2020UEFAチャンピオンズリーグが開幕し、優勝オッズや得点王のオッズなどが出ています。

得点ランキングは、グループステージで量産できるかで上位にいられるか決まりますので、グループステージが終わった段階で、得点ランキング上位に注目すると良いかもしれません。



【DAZN】世界中のスポーツを全てここで

こちらの記事も読まれています↓

ハリー・ケインのワールドカップ得点王は、なぜ批判が多いのか?

UEFAチャンピオンズリーグのチケット購入方法と値段の相場は?

UEFAチャンピオンズリーグ出場枠は、どんな振り分け方なのか?

UEFAチャンピオンズリーグの賞金は何ユーロ?変更点はあるの?

UEFAチャンピオンズリーグとUEFAヨーロッパリーグの大きな違いは?