アルトゥーロ・ビダルのプレースタイルは見た目のようにハードなの?

独特なヘアースタイルで中盤を支配するアルトゥーロ・ビダル

ヘアースタイルだけでなく独特なオーラも持っているので嫌でも注目してしまいますよね?

それだけで有名になるわけがなく、アルトゥーロ・ビダルは実力も兼ね備えている選手です。

特に、自分で守備力がある選手というほど守備に自信を持っている。

現在は、バルセロナに所属していますが、以前所属していたユベントス、バイエルンで有名になったと言っても過言ではないですね。

今回は、アルトゥーロ・ビダルのプロフィールとプレースタイルについて書いていきたいと思います。

まずは、アルトゥーロ・ビダルのプロフィールから見ていきたいと思います。


アルトゥーロ・ビダルのプロフィール。

本名:アルトゥーロ・エラスモ・ビダル・パルド

ラテン文字:Arturo VIDAL

国籍:チリ

生年月日:1987年5月22日

出身地:サンティアゴ・デ・チレ

身長:180cm

体重:75kg

在籍チーム:FCバルセロナ

ポジション:MF / DF

背番号:22

利き足:右足

2005年にコロコロというチリのクラブでプロデビュー。アレクシス・サンチェスも所属していたことのあるクラブですね。

リーグ戦3連覇に貢献し、2007年に、ブンデスリーガのレヴァークーゼンに移籍をし、ステップアップを果たす。

レヴァークーゼンでの活躍が認められ、2011年にセリエAの名門ユベントスに移籍を果たす。

アルトゥーロ・ビダルは新しいチームに行っても適応することが早く、自慢の守備でチームに大きく貢献!

2012~2014年シーズンの2シーズンは、中盤の選手ながら二桁得点を挙げる活躍を見せた。

アルトゥーロ・ビダルは、元々、攻撃センスがあった選手のようで、攻撃に守備とチームのダイナモ的な選手でした。

2015年の夏には、ドイツの名門バイエルンに移籍を果たす。凄いなビッククラブからビッククラブへ移籍できるなんて。

バイエルンでは得点数は減ったものの守備で大きくチームに貢献していました。守備に自信があるアルトゥーロ・ビダルがいることはチームにとって心強かったことでしょう!

その守備力を買われてか?2018年の夏に、スペインの名門バルセロナに移籍。

適応するのが早いアルトゥーロ・ビダルですが、バルセロナのサッカーに馴染むまでは時間がかかったようです。

そこまで時間はかからなかったようで、アルトゥーロ・ビダルは出番が増えていき、バルセロナでも貴重な戦力として活躍している。

ビッククラブからビッククラブへの移籍ばかりのアルトゥーロ・ビダルですが、持ち前の守備力が大きく買われてのことでしょうね。

次は、そんなアルトゥーロ・ビダルのプレースタイルについて書いていきたいと思います。

アルトゥーロ・ビダルのプレースタイルの特徴とは?

ビッククラブが欲しがるほどのアルトゥーロ・ビダルのプレースタイル。いったい、どんな特徴があるのでしょうか?

アルトゥーロ・ビダルのプレースタイルの動画を見てみたいと思います。

運動量が豊富で、闘志あふれるプレースタイルが特徴のようですね。

アルトゥーロ・ビダルのプレースタイルの動画を見ていると、クリーンにボールを奪うより、激しく当たりボールを奪う方が得意のようですね。

アルトゥーロ・ビダルの風貌も怖いですが、殺気を感じるタックルも怖いですね。

その闘志あふれるプレースタイルでチームを活性化させる役割も担っていそうです。

アルトゥーロ・ビダルはフィジカルが強いので、ボールを奪いに行く能力は高いですし、取られても奪い返す力も素晴らしい。

守備が自慢とアルトゥーロ・ビダルは言っていましたが、自分で言うだけあって凄いと思いますよ!

ただ、アルトゥーロ・ビダルは守備だけの選手ではなく、攻撃センスも持ち合わせていますので、そこが厄介です。

プレースタイルの動画を見ていると、シンプルなプレーを心がけている印象が強いですね。

シンプルなプレースタイルは、若くして、欧州で経験してきたことが活きているのでしょう。

変にボールを待たないことによって、アルトゥーロ・ビダルは様々なチームで早くフィットできたのではないでしょうか?

アルトゥーロ・ビダルのようなプレースタイルを持つ日本代表選手がいてくれるといいですね。

今は、遠藤航が似たようなプレースタイルなのかなと思います。力強くなりましたし、攻撃面も良くなっていますから。

アルトゥーロ・ビダル並みのフィジカルの強さを見につければ、アルトゥーロ・ビダルに引けを取らない選手になれるかもですね。

攻撃的なサッカーをするバルセロナにとっては、アルトゥーロ・ビダルのようなプレースタイルを持つ選手は大切にしないとですね!

まとめ。

今回は、アルトゥーロ・ビダルのプレースタイルの特徴について書かせていただきました。

見た目通りの闘争心溢れるプレースタイルでチームを活性化させていますね!

持ち前の強靭なフィジカルを活かしてのボール奪取や豊富な運動量はチームを助けてくれます。

攻撃的なチームには、アルトゥーロ・ビダルのようなプレースタイルの選手は有難いですね。

攻撃のセンスも持ち合わせているので、理想的な中盤の選手と言えるでしょう。

コパ・アメリカでは、日本代表と同じグループなので、親善試合では見れなかったアルトゥーロ・ビダルとの対戦が楽しみですね。

こちらの記事も読まれています↓

アレクシス・サンチェスのプレースタイルの特徴と弱点とは?

ウスマン・デンベレの怪我は、プレースタイルの影響が強い?

フィリペ・コウチーニョのプレースタイルに欠点はあるのか?

守田英正のプレースタイルの最大の特徴は、攻守の総合力の高さ?

遠藤航のプレースタイルは、どのような評価をされているのか?

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

最強コスパへの挑戦!

たった1回分に「HMB」1,750mgを配合!『ビルドメイク24』


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼