クリスティアーノ・ロナウドとイリーナ・シェイクの破局は、必然的だった?

2010年からクリスティアーノ・ロナウドと交際をしていたイリーナ・シェイクさん。

あの頃は、婚約間近と言われていたが、5年間の交際をしていたが、破局。あれ?と思った方は多かったでしょう。

破局の原因が、クリスティアーノ・ロナウドの浮気ということでしたが、イリーナ・シェイクさんの方には何もなかったのでしょうかね?

もう一つの原因は、イリーナ・シェイクさんがクリスティアーノ・ロナウドの母親と不仲であったという説もありましたが、どちらが本当のことだったんでしょうか?

スポンサードリンク



イリーナ・シェイクさんの意見を見比べてみましょう。

イリーナ・シェイクさんの主張が正しいのか?正しいのかどうなのかはわかりませんが・・・。

まずは、イリーナ・シェイクさんのインタビューから振り返ってみたいと思います。

クリスティアーノ・ロナウドとイリーナ・シェイクさんの破局の原因は浮気?

破局が報じられた後、イリーナ・シェイクさんがインタビューで答えた。

イリーナ・シェイクさんとクリスティアーノ・ロナウドの母親との不仲であることについては否定をしていた。

しかし、クリスティアーノ・ロナウドの浮気については、否定はしなかった。

果たした、クリスティアーノ・ロナウドの浮気は本当だったのか?本当のことについて、イリーナ・シェイクさんは語ったようだ。

「かつて理想の男性を見つけたと思ったことがあった。だけどそれは幻だと分かったの。女性は間違った男性が側にいると醜く感じてしまうと思う。私も醜くて不安を感じていたの。」

「私の理想の男性は、浮気をしない誠実さを持ち、正直で、そして女性をきちんと扱えるジェントルマン。女性を不幸にする男性は信じていないわ。それは男性じゃなくて、ボーイのすることよ。」

これだと、例えでしかありませんが、彼のことを指していますね。明らかに。

イリーナ・シェイクさん、ここまで言うのなら、はっきりと名前出して言えばいいのに。

逆に、イリーナ・シェイクさんの評判を落としかねないような発言。それだけ、イリーナ・シェイクさんは怒っていたのですね。

本当に浮気をしていたのかな?その証拠があったのか?イリーナ・シェイクさんに目撃されたのか?イリーナ・シェイクさんの友人が目撃したのか?

突っ込むところとしては、イリーナ・シェイクさんにとって、どこからが浮気とするのかも注目なのですが。

これは、人によって違いますからね。ある行動を浮気と取る人もいますし、そう思わないという人もいますからね。

難しい問題です。しかし、これについてはメディアが悪かった部分が大きかったのかなと思いましたね。

メディアが、イリーナ・シェイクさんに変な噂を言い聞かせていたらしい。

「イリーナが“ロナウドが浮気している”という噂を何度も聞かされ、それを信じるようになったからです」

と証言していたようだ。それにより、イリーナ・シェイクさんとクリスティアーノ・ロナウドに亀裂が入ったようだ。

サッカー選手として活躍するクリスティアーノ・ロナウドとモデルとして活躍するイリーナ・シェイクさんは遠距離恋愛でしたので、そういうことがあったとしてもおかしくないはず。

実際に、ポルトガル人TVプレゼンターと浮気したと伝えられたようで、そのことについてはわかっていたようだ。

イリーナ・シェイクさんは、何もしてなかったのでしょうかね?イリーナ・シェイクさんだって、色々なお誘いがあったはず。

イリーナ・シェイクさんが、悲劇のヒロインのような感じで報道されてますが、イリーナ・シェイクさんにもそういったことがあったのでは?

そして、イリーナ・シェイクさんとクリスティアーノ・ロナウドは破局することになったそうです。

これは、メディアが悪いのか?どうなのかは詳しくわからないので、何も言えませんが。

メディアが、イリーナ・シェイクさんを不安に思わせるようなことを吹き込んでいたからではないのか?と思ってしまいますね。

そちらの方が、破局の一番の原因だったのかなと思いますが。特に、クリスティアーノ・ロナウドにとっては、変な話が流れて嫌な思いをしたでしょう。

浮気が原因だったようですが、イリーナ・シェイクさんの方には、非がなかったのでしょうか?

スポンサードリンク



もう一つの原因とされるクリスティアーノ・ロナウドの母親との不仲という話について見ていきたいと思います。

イリーナ・シェイクさんは、クリスティアーノ・ロナウドの母親との不仲は本当だったのか?

浮気が原因ということと同時に、クリスティアーノ・ロナウドの母親との不仲という報道もあったようですね。

メディアは食いついてきますからね。こういったネタ。どこから、そんな情報を得てきたんだ?と思うぐらい。

メディアの情報だとこのような感じで書かれていました。

「ロナウドは母を驚かせたかったのです。クリスマスはイリーナとドバイで過ごしたので、母の誕生日には母親のそばにいてあげたかったんですよ。なのにイリーナがそれを嫌がったんです。」

「カップルは大喧嘩になり、ロナウドは結局(別の女性が2010年に産んだ)息子と2人で大晦日を過ごしました。」

このことが、一番の破局の原因だったようです。

イリーナ・シェイクさんの代理人は、クリスティアーノ・ロナウドの家族との不仲ということは全く違うと言っていたようです。

メディアも、どこからそんなネタが出てきたのか?むしろ、そちらの方が気になる。メディアって、恐ろしいね。

結局は、浮気が原因ってことで終わったようですが、メディアは煽りすぎなのではなかったのではないでしょうかね。

しかし、この二人のことに関しては、これだけでは終わらなかった。今度は、クリスティアーノ・ロナウドの姉が攻撃してきた。

クリスティアーノ・ロナウドの攻撃は、どんな感じだったのか?

この騒動について、クリスティアーノ・ロナウドの姉が、イリーナ・シェイクさんに反論してきたことでも有名になりましたね。

家族まで出てくるなんて、どれくらいの問題だったんだよと言いたくなりますが・・・。

クリスティアーノ・ロナウドの姉は、

「女性は間違った男性が側にいると醜く感じてしまう」「私の理想の男性は、浮気をしない人」

とイリーナ・シェイクさんに、弟のダメ出しをされた姉が激怒!女の戦いって凄いですよね?怒らせると怖いですから!

家族を巻き込んでの騒動って、それだけ注目されていたことでもありますが、ここまでになるとは?

姉は、インタビューで、

「イリーナは、まるで“死”のようなもの。私たちも(弟たちの)別れに悩んだけれど、ムーブオンして乗り越えなければね。」

イリーナ・シェイクさんは、「死」って・・・。どれだけひどかったんだ?怒りを通り越しての反撃ですね。

さらに、

「弟は、横に女性がいてもいなくても大丈夫。彼はハッピーだわ。」

「普通のカップルと同じように別れを決めた。(関係が)終わって、準備ができた。そう、ムーブオンする時期が来たってことよ。」

ここまで発展するなんてね。女の戦いって、怖いですね。

とにかく、最終的には落ち着いたようで良かったですが、家族を巻き込んでまでの問題になるものなのかなとは思いましたね。

メディアも色々調べてきて間違った報道?をして、二人に迷惑をかけたわけですから、メディアも反省しないとですね。

まとめ。

今回は、クリスティアーノ・ロナウドとイリーナ・シェイクさんの破局の話について書かせていただきました。

浮気に始まり、家族との不仲、さらに家族からの反撃と相当でかいことになりましたね。

メディアは、面白がってやっていたような気がしますが、本人たちは笑えないでしょうね。

まずは、イリーナ・シェイクさんに浮気の話を吹き込んだのがきっかけだったように思えますね。

イリーナ・シェイクさんが、それを信じ込むようになってこのようなことになってしまったと思いますね。

本当に、クリスティアーノ・ロナウドが浮気をしていたのかはわかりませんが。恐らく、していたとは思いますが(笑)

最終的には、丸く収まったようなので良かったとは思いますが、クリスティアーノ・ロナウドが多くの女性との交際があるから、こうなっちゃったような気もしますが。

クリスティアーノ・ロナウドもほどほどにしないと、お子さんたちが可哀そうな目に合うかもしれませんよ。

こちらの記事も読まれています⇒クリスティアーノ・ロナウドは、現在の彼女と結婚するのか?

スポンサードリンク