クリスティアーノ・ロナウドとエブラの笑えないエピソードとは?

クリスティアーノ・ロナウドが、UEFAネーションズリーグの代表召集を断ったようですね。

ユベントスに移籍したばかりなので、ユベントスでの時間を確保したかったのでしょうね。次の代表選には復活してくれるのかも気になりますね。

代表をどうするかもわからない状態のようですし、まずは、ユベントスでの結果が欲しいところですね。

結果が出て、心にゆとりが出来たら、代表に戻ってくるかもですね。代表に戻ってきてほしいんですがね。

クリスティアーノ・ロナウドは、ストイックな選手ですから、ある程度の手ごたえがないとダメ見たいですからね。

よっぽどでないと、クリスティアーノ・ロナウド自身は納得せずに他のことは考えないのではないのでしょうか?

そんなストイックなクリスティアーノ・ロナウドは、プライベートでもストイックな一面を見せたようだ。

元マンチェスター・Uのエブラとの話です。エブラは、クリスティアーノ・ロナウドのストイックさにびっくりしたようです。

さて、エブラとクリスティアーノ・ロナウドの間に何があったのでしょうか?エブラがびっくりしたこととは?


クリスティアーノ・ロナウドとエブラの間に何があったのか?

とあるインタビューでエブラは、こんなことを言ってました。

「彼はマシンなんだ」

なぜ、エブラがクリスティアーノのことをマシンと言ったのかというと、クリスティアーノ・ロナウドのストイックさを見たことが原因だったようだ。

クリスティアーノ・ロナウドのストイックさは、皆さんご存知ですよね?

徹底したトレーニングと食事管理を行ってきて、様々なタイトルを獲得してきましたが、エブラもそのことは理解していたが、まさかの出来事でビックリしたそうだ。

共に、マンチェスター・Uでプレーしたことのある二人。二人は、仲が良かったんでしょうね。

そうでなければ、エブラがこんな話するわけないですからね。

あるTV番組で冗談で、エブラは、こんなことを言ったらしい。

「クリスチアーノにランチを食べようと自宅に誘われたら、断ることを勧める」

なぜ、そんなことをエブラが言ったかというと、ある日、クリスティアーノ・ロナウドにランチに誘われたようで、クリスティアーノ・ロナウドの家にお邪魔した時。

そのランチのメニューを見て、エブラはあのように言ったようだ。エブラの気持ちがわかりましたね。

出てきたものは、サラダと鶏の胸肉、ドリンクは水だったそうだ。

恐らく、エブラは、これから別のモノも出てくるだろうと思っていたようだが、それ以外のものは出てこなかったらしい。

ランチに誘っておいて、そのメニューのみ?とエブラは思ったことでしょうね。自分でも、エブラと同じ気持ちになるでしょうね。

ちなみに、このランチは練習後のことです。食事後には、クリスティアーノ・ロナウドはトレーニングを始めたらしく、さらにエブラにもやろうと誘ったようです。

食後の軽い運動かな?と思いきや、これだけでは終わらなかったようで、結局、プールでのトレーニングも付きあったようだ。

練習後に、ランチ?をして、トレーニングですか!流石、クリスティアーノ・ロナウドとしか言いようがないですね。

そこまで、付き合ったエブラが偉いとしか言いようがない。エブラも悲惨な目に合いましたね。

その出来事があってからは、エブラは周りの人間に、

「だから、彼に自宅へ招かれたら、断ることを勧めるよ。とにかくノーと言い続けるんだ」

と言っていたようです。もちろん冗談でだと思いますが。

こんな場面に遭遇したエブラだからこそ、こんなことが言えるんですね。

「彼はマシンなんだ。トレーニングを止めることを望まないんだよ」

クリスティアーノ・ロナウドとしては、トレーニングをしていないと逆に落ち着かないんでしょうね(笑)

そのくらいの姿勢であるからこそ、チームでも個人でも多くのタイトルを取ることが出来たのでしょうね。

せめて、ランチに誘ったら、それなりのものを出してあげたほうがいいかもですね。自分は、いつもの通りでいいかもしれないですが。

エブラではないですが、私もクリスティアーノ・ロナウドのストイックさにびっくりさせられましたね。

この他にもエブラは、面白い?エピソードについて語ってくれたそうです。

エブラは、どこまでクリスティアーノ・ロナウドのことを知っているのでしょうかね?マンチェスター・Uの時のことならエブラは、ほとんど知っているのではないでしょうか?

もう一つのエピソードについて見てみましょう。

エブラが語る、もう一つのエピソードとは?

このエピソードは、子供か?と思ってしまうような話でしたね。

マンチェスター・Uに所属していた時の話です。

エブラとリオ・ファーディナンドとクリスティアーノ・ロナウドで卓球をしていたようです。

世界でも卓球やるんですね。これの方に私は、ビックリしましたが!

リオ・ファーディナンドに負けた時に、周りのみんなで騒いだ時のことでした。

リオ・ファーディナンドに負けたことが余程悔しかったのか?卓球台を買ってきたようだ。

それで、自宅で卓球の練習をしたようで、その後、みんなの前でリベンジを果たしたとのこと。

そこまでやるのか?クリスティアーノ・ロナウド!というか、誰と卓球の練習をしたんでしょうかね?そちらが、気になりますが。

まさか、エブラが付き合ってやったのか?エブラではないと思いますが・・・。

遊びでやっていただけだと思いますが、そこまでしてリベンジしたい気持ちは、ある意味凄い。

そして、エブラの最後のコメントが、

「それがクリスチアーノ・ロナウドだ。だから、彼がいまもバロンドールの獲得にこだわり、ワールドカップの優勝を目指しても、僕は驚かない。彼は怒れる男だからね(笑)」

何事に関しても手を抜けないクリスティアーノ・ロナウドだったんですね。

だから、メッシと比較された時とかにも、いい顔しないんですね。きっと。自分が一番だと思っているから。

一番であり続けるために、頑張れるクリスティアーノ・ロナウドは素敵としか言いようがないですね!

卓球台まで買ってきて、リベンジするあたりは子供っぽいとこありますが(笑)エブラもあきれていたのでは?

まとめ。

今回は、エブラが語るクリスティアーノ・ロナウドのエピソードについて書かせていただきました。

エブラの話を見ていると、クリスティアーノ・ロナウドは、普段から節制しているんですね。

食事にしろトレーニングにしろ。友人を招待したりした時ぐらいは、違うのかと思えばそうじゃないのも凄いとしか言えません。

パーティーとかでもそうなんでしょうね。酒、たばこもしないですし、酒に関しては、本当に乾杯の1杯だけか、軽く口を付けて飲まないのでしょうね。

エブラだけではなく、チームメートもビックリするでしょうね。たまたま、エブラが誘われてしまったので、エブラは痛い目に合いましたが。

普段からの習慣が、そうさせているのでしょうね。だから、年齢を重ねていっても、そこまでパフォーマンスが落ちないのですね。

いったい、何歳まで現役でいるのかにも注目したいですね。三浦知良の記録にどれだけ迫るかも見物ですね。

でも、思うように体が動かなくなったら、潔く辞めそうな気もしますが、まだ、バリバリやれるので、素晴らしいパフォーマンスを見せてくださいね。

こちらの記事も読まれています↓

クリスティアーノ・ロナウドの食事管理は、あの人の助言からだった!

クリスティアーノ・ロナウドは、エピソードもカッコよすぎる!

クリスティアーノ・ロナウドの優しい所がわかるエピソードとは?


ナイキ、アディダス、プーマなど一流メーカーでサッカーのチームユニフォーム作成は
Football-MAX 実績多数で全品20%OFF~!