ジェイドン・サンチョのプレースタイルは?どんな選手なのか?

注目の若手、ジェイドン・サンチョ!ブンデスリーガの強豪ドルトムントで活躍し、リーグ戦12ゴールを挙げる活躍。

今シーズンのドルトムントはリーグ優勝まで後少しでしたが、ジェイドン・サンチョらの新しい戦力の活躍が大きかったと思われます。

今では、移籍市場を賑わせているジェイドン・サンチョですが、いったい、どんな選手で、どんなプレースタイルが特徴の選手なのでしょうか?

今回は、ジェイドン・サンチョのプロフィールとプレースタイルについて書いていきたいと思います。

まずは、ジェイドン・サンチョのプロフィールを見ていきましょう!


ジェイドン・サンチョのプロフィールは?

本名:ジェイドン・マリック・サンチョ

国籍:イングランド、トリニダード・トバゴ

生年月日:2000年3月25日

出身地:ロンドン

身長:178cm

体重:76kg

在籍チーム:ボルシア・ドルトムント

ポジション:MF

背番号:7

利き足:右足

トリニダード・トバゴの両親の間に生まれ、7歳から本格的にサッカーを始める。

14歳の時に、マンチェスター・Cの育成チームに所属をし、ジェイドン・サンチョは腕を磨いていった。

ジェイドン・サンチョはトップチームの練習にも参加しており、そのままトップチームに上がるのかと思われましたが、ドルトムントに移籍。

マンチェスター・Cの前線にはタレントが揃っていてチャンスがないと判断したのでしょう。

それにしても、ドルトムントとはね。ドルトムントでも厳しいポジション争いが待っていたと思われますが、マンチェスター・Cよりは良いかもしれませんね。

ジェイドン・サンチョにとっては、ドルトムントへの移籍は成功し、今では世界で注目される選手となりました。

マンチェスター・Cのままであれば、ここまで注目されなかったかもしれませんね。

今では、名門クラブからオファーが来るようになったジェイドン・サンチョですが、どんなプレースタイルが得意なのでしょうか?

次は、ジェイドン・サンチョのプレースタイルについて書いていきます。

ジェイドン・サンチョのプレースタイルの特徴は?

世界で注目されるジェイドン・サンチョのプレースタイルは、どんな特徴なのでしょうか?

ジェイドン・サンチョのプレースタイルの動画を見ながら、プレースタイルの特徴を説明していきたいと思います。

ジェイドン・サンチョのプレースタイルの動画を見ていただければわかりますが、最大の特徴は高速ドリブルですね。

ジェイドン・サンチョは足が速いだけでなく、足元の上手さもあるので対戦相手は嫌でしょうね。

スピード系の選手でありながら、細かいボールタッチができる選手なので密集地帯でもボールをキープできます。

ジェイドン・サンチョはワンフェイントで相手DFを交わし、スピードに乗ってしまうので、その前に捕まえないとやられてしまいますね。

そこに広大なスペースがあれば、一気にゴール前まで持って行かれてしまいます。

ジェイドン・サンチョがドリブルだけの選手であれば止める対策は練られるでしょうけれど、パスの出すタイミングも上手いので相手DFは絞れません。

単独で突破をするシーンは多いですが、コンビネーションで相手ゴールに襲い掛かってくるので、ジェイドン・サンチョを止めるのは難しいと思われます。

しかも、ジェイドン・サンチョは両サイドでプレーできるので、左サイドで起用された時は得意のドリブルで持ち上がり、アシストをする。

右サイドで起用された場合は、カットインからのシュートがあるので試合状況に応じて、ポジションを変えられると厄介な存在です。

ジェイドン・サンチョのプレースタイルを見れば、強豪クラブが欲しがるのも無理はありません。

しかし、ジェイドン・サンチョのプレースタイルにも大きな弱点があります。

ジェイドン・サンチョのプレースタイルの弱点は何なのでしょうか?

ジェイドン・サンチョのプレースタイルの弱点とは?

ジェイドン・サンチョのプレースタイルを見ていると、弱点はあるのかな?と思われますが、ジェイドン・サンチョのプレースタイルにも弱点はありましたね。

スピードがあり、足元も上手いので目立たないのかもしれませんが、ちょっとボールを持ちすぎかなと思います。

ジェイドン・サンチョのプレースタイルの動画の中でもボールを持ちすぎているなというシーンが見られました。

上手くパスを捌けているなというイメージもありますが、ドリブルが売りのプレースタイルなので、囲まれてボールを失うとカウンターの餌食となってしまう可能性が高いです。

もし、ジェイドン・サンチョがプレミアリーグに挑戦する場合は、ドルトムントの時のようなプレースタイルでは厳しいかもしれませんね。

プレミアリーグは厳しいフィジカルコンタクトがありますし、スピードのあるDFも多いので、そこを修正しないといけません。

そこができるようになれば、ジェイドン・サンチョは世界でトップレベルの選手として扱われるようになるでしょう。

今年の夏に移籍をするのか注目されていますが、どこのリーグに行くのか?楽しみですね。

移籍後のジョイドン・サンチョのプレースタイルが変わるのかも注目したいです!

まとめ。

今回は、ジェイドン・サンチョのプレースタイルについて書いてみました。

19歳と思えないほど、堂々とプレーしていますね。ジェイドン・サンチョのプレースタイルは、高速ドリブルが特徴ですが、足元も上手い!

パスもシュートもレベルが高い選手なので止めることは困難でしょう。

しかし、ジェイドン・サンチョのプレースタイルを見ていると、ボールを持ちすぎているので囲まれたらまずそうですね。

カウンターの餌食になりますので・・・。もう少し、状況判断が良くなれば、世界トップクラスの選手になれると思うので、今後に期待したいです。

こちらの記事も読まれています↓

レロイ・サネのプレースタイルの特徴は?弱点はないのか?

ニコラ・ペペのプレースタイルの特徴は?弱点はあるのか?

アレクサンドル・ラカゼットのプレースタイルは?どんな選手なのか?

マリオ・ゲッツェのプレースタイルの特徴は?適切なポジションは?

マルコ・ロイスのプレースタイルは、現在のポジションにピッタリ?

パコ・アルカセルの怪我の原因は、プレースタイルに関係している?