鈴木優磨の性格は気性が激しいのか?本当のところは、どうなの?

土居聖真と2トップを組む鈴木優磨。この2トップは今日爆発しましたね。特に、鈴木優磨は、2ゴール1アシストと爆発。

今後も鹿島のエースとして、得点を量産してくれることでしょう!そうでないと、鹿島がピンチになってしまいますからね。

昨日の爆発の鈴木優磨の特徴でもある注目されるとそれを自分の力に変えられるという強い性格は、日本人にはあまりないものですね。

スポンサードリンク



鈴木優磨のような強心臓の持ち主がFWというのもいいかもしれませんね。海外の選手のオレがというような選手が代表に入るといい意味で変わりそうですけどね。

気が早いですが、海外のニュースでは、22年のカタール大会での日本代表に推す声もありました。そこまで、注目されているんですね。

そこで、今回は、鈴木優磨の特徴や性格について書いていこうと思います。まずは、鈴木優磨のプロフィールから見ていきましょうか。

鈴木優磨のプロフィールと特徴とは?

名前:鈴木優磨(すずき ゆうま)

出身地:千葉県銚子市

生年月日:1996年4月26日

身長:181㎝

体重:70㎏

血液型:B型

所属:鹿島アントラーズ

ポジション:FW

利き足:右足

背番号:9

鈴木優磨自身は、FWが本職ですが、サイドでもプレーをすることもあります。器用なタイプの選手かと思ったら、そうでもないようですね。

ドリブルが上手いわけでもなく、足が速いというわけでもない。これぞ、鈴木優磨といった目立つ特徴がないのかなと思ってしまいますよね?

しかし、鈴木優磨の特徴としては、ゴール前での動き、クロスに対して恐れずに飛び込んでいくところは、大きな特徴かなと思いますね。

後は、がむしゃらさかなとも思います。これは、鈴木優磨の性格的なものだと思いますが。

闘志むき出しのプレーでチームを鼓舞するタイプですね。根性があるというか、負けず嫌いな性格なんでしょうね。

岡崎慎司みたいなタイプな選手ですよね?鈴木優磨自身も目標は、岡崎慎司と言っていたので、日本にはあまりいないタイプのFWの選手だなといったのが感想です。

スポンサードリンク



何かをしてくれそうな気持ちにさせる選手ですよね?大きい舞台でも、緊張はしないような強靭な精神力と気が強い性格なのでしょうね?そういった意味で、期待をせざるを得ないですよね?

鈴木優磨が点を取るとチームに勢いをもたらせてくれそうですね。昔で言うと、中山雅史のような存在にもなりそうですね。チームのムードメーカーになりそうな感じがしますね。

そういえば、今日のニュースでポルティモネンセが鈴木優磨の獲得を目指していたが、鹿島側が放出を望んでいないとの報道があった。本人は、どう思っているのでしょうか?

鈴木優磨自身の物怖じしない性格などを考慮すると海外向きな性格の選手だと私は思うのですが。性格だけじゃやっていけませんしね。

鹿島側としたら、貴重な戦力がいなくなってしまうとシーズンの残りが苦しくなりますしね。ただでさえ、チームが苦しい状況ですからね。

今後、どのような展開になるか注目です。個人的には、移籍してもらいたいですが・・・。

先ほどから、鈴木優磨が負けず嫌いとか物怖じしない性格とか書いてますが、実際はどうなんでしょうか?

鈴木優磨のそのような性格が見て取れる場面とかあったのでしょうか?

原口元気も性格がどうのこうのと言われてましたが、サッカーのことだけのようで、普段はそんな感じではないようですしね。鈴木優磨もそんな気がしますが・・・。

原口元気の性格については、こちらの記事で!原口元気の性格って悪いの?悪いように書かれていますが、実は?

サッカーに関しては譲れないといった性格だと思うのですが。そこら辺を調べてみました。

鈴木優磨の負けず嫌いや物怖じしない性格は本当なのか?

年上の選手やスター選手相手にも物怖じしない性格で有名らしいですね(笑)怖いもの知らずとも言えそうですが。

そういったタイプの性格は、FW向きなのかもしれませんね。こういう性格じゃないと世界で戦えないかと思いますね。

鈴木優磨が物怖じしない、負けず嫌いの性格がよく表れているエピソードがあるので紹介したいと思います。

ある試合の時、先輩の選手に、「今日点取れない。無理だから」と言われたらしい。

鈴木優磨は、負けず嫌い?の性格からか、心の中で「うるせぇな!」と思いながら、ピッチに立ったようだ。

前半が終了し、鹿島は2点リードで試合を折り返して時のハーフタイムでも、再び、先輩に「期待してないから」と言われたらしい。

試合前に言われたように、鈴木優磨は前半チャンスをものにできずに終わっていただけに、性格的に悔しかったでしょうし、再び言われたことで燃えたのでしょうね。

しかし、先輩のキツイ一言は、鈴木優磨の性格を見抜いていたからである。負けず嫌いな性格の鈴木優磨も先輩の入っていることもわかっていたようだ。

なんていい先輩なんでしょうかね。性格を理解してくれる先輩も中々いないですよね?人に恵まれているな!

鈴木優磨は、先輩のきつい言葉の意味を分かりながら、心の中で、「点を取ってやるからな!」と静かに闘志を燃やしていたらしい。

後半戦に入るも、なかなかチャンスが来ない。このまま、鈴木優磨は無得点に終わるかという時に、ようやくチャンスが巡ってきた。

試合終了残り僅かなところであったが、味方のシュートのこぼれ球が、運よく?ポジショニングが良かったから?鈴木優磨の足元に転がってきた。

そのこぼれ球をしっかりと決めて、鈴木優磨は何とかゴールを決めることが出来た。

内心、ホッとしたことでしょうね。「なにクソ!」と思っていたからこそ、このゴールは嬉しかったでしょうね。

逆に、ハッパをかけられて、闘志がから回っていたところもあったと思います。そこまで言われたら、イラっとしますからね。

そこで、やってやるからなと思えなければ、選手として終わりですからね。先輩の作戦勝ちでしたね。

流石、先輩と言いますか、鈴木優磨の性格を熟知してのキツイ一言。

試合後は、先輩から「いった通りだろ?」と言われた様で、鈴木優磨は、自分の性格を熟知して、ああいう風に言ってくれた先輩に感謝しているでしょうね。

これを機に、覚醒してくれたら、先輩様々ですよね!実際に、海外のクラブからも注目を集めてますしね。

まずは、鹿島で結果を出して、日本代表に呼ばれてほしいですね。

まとめ。

今回は、鈴木優磨の性格について書かせていただきました。原口元気と一緒で、サッカーに対して真剣なだけで、恐らく普段は違うような気がしますね。

普段は、ムードメーカー的な明るい性格なのではないでしょうか?そんな性格な気がするのは、私だけでしょうか?

負けず嫌いで、物怖じしない性格は、FW向きだと思いますし、日本より海外でプレーした方が伸びるような気がしますね。

性格的に海外の人って感じですかね。まだ、鈴木優磨は若い方なのでね、海外で修行してきてほしいですが。

今シーズンは、厳しそうですね。年齢的にも海外に行くには、ギリギリか遅いぐらいなので、チャンスがあれば言ってほしいですね。

今週は、水曜、土曜と試合があり、過密日程ですが、コンディションを崩さずにしてほしいですね。

その負けん気の強い性格で、鹿島を引っ張っていってください!

スポンサードリンク