アザールの身長、体重は?鍛えている筋肉は?

フィジカルの強いプレミアリーグで活躍をし、念願のレアル・マドリードに移籍を果たしたアザール。

小柄な体格ですが、当たり負けをしない体の強さを持ってますね。

身長、体重を見ると、日本人選手と変わりがない体格ですが、あそこまで活躍で来ているのでしょうか?

アザールが活躍で来ている答えは、筋肉ですね!

今回は、アザールの身長、体重、筋肉について書いていきたいと思います。


アザールの身長、体重は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

A busy week training and then we get to wear the new kit 🔝#halamadrid @realmadrid

Eden Hazard(@hazardeden_10)がシェアした投稿 –

アザールの身長は175cm、体重は74kg。

日本人選手と変わりないくらいの身長と体重です。

※アザールの身長はサイトによって異なります。サバを読んでいるのではないかという疑惑もありです。

チェルシー時代は絞れていた体でしたが、レアル・マドリード移籍後は太ってしまうという大失態!

2020-2021シーズン開幕前にもありましたね・・・。

ベルギー代表の活動中に、ロベルト・マルティネス監督にお叱りを受けました。

この時のアザールのお腹が話題になりました↓

明らかに、調整不足です!このお腹はなしでしょう!

脂肪が・・・。こんなアザールの姿は見たくなかったという方が多かった。

この件に、アザールは、

「事実だ。僕は隠すつもりはない。休暇の時は、休暇を取っている。そこで5キロ増えたけれど、僕はすぐに脂肪が付く。でも、注意深くしていれば、すぐに体重を落とせるんだ。リールに所属していた18歳の時は、僕は72kgから73kgだった。筋力が付いて75kgになり、悪い時は77kgだった。今夏、80kgになったけれど、10日ですべて落としたよ」

引用:https://www.football-zone.net/archives/282484/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=282484_6

と調整可能であると主張。

アザールも毎シーズンのことのようで気にはしていないようですが、調整不足は良くないですね。

アザールが絞ってきた時の体つきは確かに問題はなさそうです。

ちょっと、アザールの腹筋など確認したかったのですが、上半身を見せてくれている画像がなかったので残念。

あの「ぽっこりお腹」を絞ってくると、どんな腹筋になるのか?見てみたかったですね。

追記しました。

アザールの腹筋がわかる画像です。ただし、23歳の時のもの↓

引用:https://qoly.jp/2020/09/16/eden-hazard-before-after-iks-1

誰もが羨む腹筋ではないですが、アスリートの腹筋としては問題がないように思えます。

アザールは脂肪がつきやすい体と自覚しているので、うまく調整はできるでしょう。

お尻の筋肉が凄いので、上半身も凄いかと思っていましたが、特別にすごいというわけではありませんでした。

アザールの動きにキレがあるのは、どこの筋肉を鍛えているから?

鍛えている筋肉は?

アザールが活躍できる理由は、キレのある動きとフィジカルの強さ。

では、どこの筋肉を鍛えているのでしょうか?

大臀筋というところの筋肉を鍛えていると思われます!

大臀筋とは、大臀筋とはお尻の筋肉のことです↓

引用:https://smartlog.jp/72429

大臀筋の役割とは、足を振り上げたり、足を動かしている時の体を支える役割を果たしています。

また、股関節の動きにも大臀筋は大きく関与しているので、足を振る際にはスムーズに動かせるようになるには大臀筋を鍛えていないといけません。

サッカーで言えば、シュートの際にも大きく関与してきますね。

アザールの重心の低いドリブルを支えているのは、大臀筋を鍛えているからと言っても過言ではないですね。

アザールのお尻の筋肉がわかる画像です↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

Full time and now the final, what a night! 👑 🏆 ⚽ #chelseafc #carabaocup Fin de match et maintenant la finale, quelle belle soirée! 👍🏼😉 #CFC

Eden Hazard(@hazardeden_10)がシェアした投稿 –

これぐらい鍛えると、アザール並みの強さを手に入れることができるのでしょうか?

小柄な選手は、アザールを目指すと良いかもしれません。

大臀筋を鍛える代表的なトレーニング

大臀筋の鍛え方の代表的なトレーニングは、スクワットですね。

引用:https://melos.media/training/39987/

スクワットの意外な効果と言えば、スクワット1回分が腹筋100回分の消費カロリーに匹敵するらしいです。

筋力を鍛えるだけでなく、体脂肪までも燃焼できるトレーニングのようですね。

効果的なスクワットのやり方としては、

  1. 足幅は肩幅ぐらいにすること。
  2. 背筋は、しっかりと伸ばすこと。地面と膝が平行になるくらいまで、膝を曲げること。
  3. 膝が曲がり切らない程度まで立ち上がること。

この3点を意識してやるとよいみたいですね。20回3セット以上が効果があるそうですね。

アザールの場合は、スクワット以外のトレーニングをやっていると思います。

あの低姿勢でのドリブルと加速力を大臀筋を鍛えることで磨いているのでしょうね。

このほかにも、上半身の筋肉のトレーニングもしているでしょうから、アザールの体重は身長の割には多いのでしょうね。

アザールのトレーニング方法は特殊?

アザールは、きっと並大抵のトレーニングではないでしょうと思う方が多いと思います。

しかし、現実は、全くの逆でした。

トレーニング中は、全力を出さないようにして、トレーニング中に足を守るためにそうしているようです。

日々のポジション争いとかがあるにもかかわらず、アザールはそのようにしているには理由があった。

プレミアリーグは、休みが少なく、さらにCLや代表戦もあり日程的にかなり厳しい。

だから、アザールは、トレーニングでは全力を出さずにコンディション調整の場としてトレーニングを行っているようだ。

こういうことができるのは、アザール並みに結果を残せる選手だけでしょう。

そうでない選手は、ポジション争いのため必死になっているはずです。

ただ、怪我をしやすい、狙われやすい選手にとっては良い方法なのかもしれませんね。

まとめ。

今回は、アザールの身長、体重、鍛えている筋肉について書いてみました。

シーズンオフに太りすぎて、話題になるアザールですが、調整できるようなので問題はないのかもしれません。

ただ、体重増加で話題にならないように、毎シーズン気を付けてほしい。

それが、ファンの願いなのかもしれません。

コチラの記事も読まれています↓

アザールのプレースタイルの特徴は?ドリブルが凄すぎる!