アレクシス・サンチェスのプレースタイル、ポジションは?凄さはドコ?

インテルに移籍後、輝きを取り戻しつつあるアレクシス・サンチェス選手。

ビッククラブを渡り歩き、結果を残してきた選手ですが、マンチェスター・U時代は残念な結果で終わってしまいました。

高額年俸問題で大きな話題になってしまいましたが、持っているものは本物です。

では、アレクシス・サンチェス選手はどんなプレースタイルが持ち味なのでしょうか?

メインポジションはドコなのでしょうか?

今回は、アレクシス・サンチェス選手のプレースタイル、ポジションについて書いていきたいと思います。


アレクシス・サンチェスのプレースタイル、ポジションは?

アレクシス・サンチェス選手のメインポジションは、センターフォワード。

そのほかには、セカンドストライカーや攻撃的ミッドフィルダーのポジションでプレーしています。

※バルセロナやアーセナル時代には左右のウイングがメインポジションでした。

攻撃的なポジションであれば、どこでもこなせる器用な選手と言えるでしょう!

そんなアレクシス・サンチェス選手ですが、どんなプレースタイルが持ち味なのでしょうか?

アレクシス・サンチェス選手のプレースタイルの特徴を挙げると、

  • 重心の低いドリブル
  • チャンスメーク
  • 前線からの守備
  • 強靭なフィジカル

が挙げられると思われます。

それぞれについて見ていきましょう。

重心の低いドリブル

アレクシス・サンチェス選手は重心の低いドリブルが特徴の選手。

小柄な選手ですが、力強いドリブルで大型ディフェンダーを振り切り、ボールを前線に運んでくれます。

足元の技術も優れ、密集地帯でもボールを失わない!

下手に飛び込めば、アレクシス・サンチェス選手に逆を取られて突破されてしまいますね。

アレクシス・サンチェス選手の重心の低いドリブルがわかる動画です↓

重心が低いドリブルで突き進むアレクシス・サンチェス選手は驚異ですね。

テクニックもあるので、本当に厄介な選手だと思います。

ドリブル突破から素晴らしいパスを供給しますので、ドリブルだけでなくパスのところも見てほしいですね!

チャンスメーク

アレクシス・サンチェス選手はチャンスメークが上手い選手でも有名です。

正確なスルーパスやクロスで多くのチャンスを作り出してくれますね。

得点につながるパスだけでなく、長短混ぜたパスで攻撃に変化をもたらせてくれています。

味方の足元に収まるパスは見事で、アレクシス・サンチェス選手がボールを持った時には注目してほしいですね。

走りこむ味方にピタリと合わせてきますよ!

素晴らしいタイミングでパスを出してくれますね!

逆サイドの選手の動きも見えており、中央にアレクシス・サンチェス選手がいるとやりやすいかもしれません。

※中盤でボールを持ちすぎているため、攻撃が停滞してしまうこともあります。

もう少し早めにボールを離せれば、攻撃がスムーズにいくこともあるでしょう。

自慢のドリブルがあだになってしまうことがあるので注意しないといけませんね。

前線からの守備

アレクシス・サンチェス選手は前線からの守備も怠りません。

現代サッカーでは当たり前のことなのですが、その当たり前のことを全力でやってくれるので素晴らしい。

当たり負けないフィジカルを持っているので、アレクシス・サンチェス選手につかまると厄介だと思われます。

運動量もあり、フィジカルがある選手を相手にするのは一苦労ですからね。

アレクシス・サンチェス選手が来る前にボールを離したいところ。

強靭なフィジカル

アレクシス・サンチェス選手のフィジカルが凄いことは有名な話!

上半身の筋肉を見ると、サッカー選手とは思えませんね。

この強靭なフィジカルがあるおかげで、大型ディフェンダーと競り合っても負けなかったと言えるでしょう。

小柄な選手の生きる道を示してくれたのではないでしょうか?

アレクシス・サンチェスの経歴

本名:アレクシス・アレハンドロ・サンチェス・サンチェス

愛称:El niño maravilla(ニーニョ・マラビジャ、ワンダーボーイ)

国籍:チリ

生年月日:1988年12月19日

出身地:トコピジャ

身長:169cm

体重:62kg

在籍チーム:インテル・ミラノ

ポジション:FW(WG / ST)

背番号:7

利き足:右足

引用:アレクシス・サンチェス – Wikipedia

アレクシス・サンチェス選手は貧しい家庭で育ち、練習後にアルバイトをして生活を助けていたようです。

15歳の時にCDコブレロアの下部組織に入団し、16歳でプロデビュー。

南米U-17選手権で活躍し、欧州のスカウトの目に留まるとセリエAのウディネーゼ・カルチョに移籍を決断。

直後にチリのクラブCSDコロコロにレンタル移籍し、その後アルゼンチンの名門CAリーベル・プレートへレンタル移籍。

2008年にウディネーゼに復帰し、2010-2011シーズンにはリーグ最優秀選手賞を受賞するなど大活躍。

そして、スペインの名門バルセロナへ移籍。

流石のアレクシス・サンチェス選手もバルセロナでは絶対的な存在になれず、怪我もあり、思うような結果が残せませんでした。

2014年の夏にプレミアリーグの名門アーセナルに移籍。

アーセナル時代のアレクシス・サンチェス選手のパフォーマンスは素晴らしかった。

加入してから、毎シーズン二桁得点!

名実ともに、アーセナルの顔としてプレーをしていました。

アーセナル時代のアレクシス・サンチェス選手です↓

アレクシス・サンチェス選手が輝いていましたね。

アーセナルもですが・・・。

2018年の冬に、マンチェスター・Uへ移籍をし、歯車が狂いましたね。

まったくと言っていいほど活躍できず。

高額年俸で引き取ってくれるクラブがない状況の中、2019年インテルにレンタル移籍が決まりましたね!

まずまずの成績を残し、2020年に完全を勝ち取りましたね!

2020-2021シーズンには、少ない出場時間の中で7得点7アシストを記録しています。

ルカク選手がいなくなったので、アレクシス・サンチェス選手にかかる期待も大きいのではないでしょうか?

2021-22シーズンのアレクシス・サンチェス選手に期待したいと思います。

まとめ

今回は、アレクシス・サンチェス選手のプレースタイル、ポジションについて書いてみました。

重心の低いドリブルを武器にチャンスメークでチームに貢献している選手ですね。

現在は、インテルで控えの立場ですが、少ない時間で結果を出しています!

ルカク選手がいなくなり、フォワード層が薄くなったインテルを救うかもしれませんね。

2021-22シーズン以降のアレクシス・サンチェス選手に注目です。

Alexis Sánchez

アレクシス・サンチェスの年俸推移は?気になるインテルでの年俸は?

2021.08.23