アレクシス・サンチェスの筋肉が凄い!各部位の筋肉は?

サッカー選手は、自慢の筋肉を見せたがるのでしょうかね?

よくゴール後にユニフォームを脱いで、自慢の筋肉を披露する選手は多いですよね?イエローカードになるのをわかっていて・・・。

アレクシス・サンチェスも筋肉を見せることが多い選手ですが、他の選手と違い筋肉の付き方が凄い!

上半身の筋肉は、サッカー選手の領域を超えていると思います。

今回は、アレクシス・サンチェスの筋肉の凄さについて書いていきたいと思います。


アレクシス・サンチェスの筋肉は凄い!各部位の筋肉は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Alexis Sanchez(@alexis_officia1)がシェアした投稿

アレクシス・サンチェスの筋肉の凄いところは、やはり、上半身の筋肉だと思います。

胸板、腹筋、腕の筋肉は凄いです。サッカー選手なのか?と聞きたくなるような体です。

各部位の筋肉を見てみましょう。

大胸筋、腕

 

この投稿をInstagramで見る

 

💫la Inocencia de los Niños es una de las cosas más Lindas , 😊❤️⚽️ 💫 the innocence of children is one of the things most beautiful 😊 ❤️⚽️

Alexis Sanchez(@alexis_officia1)がシェアした投稿 –

素晴らしい胸板ですね。腕の筋肉もしっかりしています。

ただ、サッカー選手としては十分な筋肉はついていますが、凄い!というほどではないようです。

フィジカルコンタクトが厳しいリーグで対応できるだけの筋肉をつけているのでしょう。

背中

 

この投稿をInstagramで見る

 

Alexis Sanchez(@alexis_officia1)がシェアした投稿

アレクシス・サンチェスの背中の筋肉は非常に鍛えられていますね。

あまり、見ることのない背中の部分ですが、1流選手は鍛えてあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

⚽️ Training … 😊

Alexis Sanchez(@alexis_officia1)がシェアした投稿 –

太ももの筋肉は、しっかりしていますが、印象的だったところは膝下は細いです。

お尻の筋肉は、しっかりとつけており、体格の良いDFとやりあえるようにしていますね。

大臀筋(だいでんきん)を鍛えていることで、脚を振り上げたり、脚を動かしている時の体を支えてくれています。

ここを鍛えてきたおかげで、プレミアリーグやセリエAでやれていると思われます。

アレクシス・サンチェスの各部位の筋肉を見てきましたが、背中と下半身の筋肉は素晴らしいですね。

低身長でもココを鍛えれば、欧州の屈強なDFとやりあえるということw証明してくれたと思っています。

アレクシス・サンチェスの肉体は、日本人が目指すべき肉体!

参考元:https://www.football-zone.net/archives/120539/2

アレクシス・サンチェスは身長169cmと小柄ですが、この強靭な肉体で、プレミアリーグの屈強なディフェンダーと戦えています。

そんなアレクシス・サンチェスの肉体を日本人は目指すべきという方がいます。

理学療法士の樋口敦氏という方です。

確かに身長は日本人の平均身長に近いものですが、ここまでマッチョにならなくても・・・。

と思いますが、サッカー選手として必要な筋肉をつけるために手本にしてほしいようです。

アレクシス・サンチェスの背中の筋肉の付け方を真似してほしいようです。広背筋というところを鍛えて欲しいみたいですね。

ちなみに、広背筋とは、

広背筋は、背中から腰、腕へと繋がっている大きな筋肉です。開いた腕を閉じるときや、後ろに挙げるときに働きます。腕を上・前に伸ばした状態からカラダを引きつける(引っ張る)動作で使われます。

引用:https://melos.media/training/53611/

役割としては、広背筋は肩の関節と繋がっていて様々な動作に関与する筋肉です。

目の前にあるものを引き寄せるような動作をする時に貢献する筋肉のようです。

サッカーだとボールコントロールやフィジカルコンタクトの際にバランスを保つために必要で、腕を上手に使うのに必要です。

そのため、樋口敦氏は、広背筋が凄い選手は日本人にはいないので真似をしてほしいようです。

確かに、フィジカルコンタクトの際のバランスを保つための筋肉は必要ですし、日本人選手が欧州の選手と戦う上では必要な筋肉であると思われます。

アレクシス・サンチェスのような肉体の選手は、日本人にはいませんからね。

サッカーの選手は、アレクシス・サンチェスをお手本にすると良いかもしれません。

一般の方は、ここまでマッチョになる必要はないですが、日常生活に支障が出ないぐらいには鍛えておきたいですね。

確かに、広背筋を鍛えることのメリットはわかりましたが、日本人選手が目指すような筋肉の付け方でないような気がするんですよね?

ポジションにもよりますが、アレクシス・サンチェスよりネイマールのような筋肉の付け方が理想的かなと思います。

では、何故、アレクシス・サンチェスよりもネイマールのような筋肉の付け方の方が良いのかについて書いていきます。

アレクシス・サンチェスよりネイマールの筋肉の付け方が良い理由とは?

アレクシス・サンチェスの筋肉の付け方であれば、欧州の屈強なディフェンダーと互角にやりあえるでしょう。

むしろ、勝ってしまう可能性が高いと思います。しかし、日本人選手の良さを消してしまいそうで怖いです。

以前、香川真司が肉体トレーニングをしすぎて体のキレを無くしてしまった時期がありました。

マンチェスター・Uに移籍して2年目の辺りのことです。

アレクシス・サンチェスのようにバランス良く鍛えなかったのが原因だと思います。

引用:https://www.soccer-king.jp/sk_column/article/99690.html

アレクシス・サンチェスやネイマールも必要な筋肉を付けていますが、ネイマールの場合はムキムキというわけではないですよね?

ネイマールの場合はスピードとドリブルのキレで勝負をする選手なので、ムキムキの体ではなく、しなやかで必要な筋肉を付けています。

日本人の選手の多くは動きのキレと運動量で勝負をする方が得意なので、ネイマールのような筋肉の付け方の方が理想的な気がします。

ディフェンダーは、そうはいかないかもしれませんが、アレクシス・サンチェスのような体つきよりもネイマールのような体を目指した方が良いかもしれません。

若手のホープである冨安健洋みたいな感じがいいのかな?これから、体つきが一回り大きくなると思われますが・・・。

引用:https://www.footballista.jp/special/57676

しなやかな筋肉を付けるようになれば怪我をしにくくなりますからね。

長友佑都みたいにムキムキでも良いですが、体幹トレーニングで体幹を鍛えながら、ヨガを取り入れて、しなやかさもある筋肉が付けれれば最高ですね。

引用:https://blog.goo.ne.jp/batoukinhige/e/93eeb0d5cee4885d30900bd1f47ed03a

選手によって必要な筋肉の部分が違うので、自分の持ち味を活かせるトレーニングで鍛えていってもらっていることでしょう。

アレクシス・サンチェスの体を参考程度にして、選手各自で、自分に合ったトレーニングをしていってほしいですね。

まとめ。

今回は、アレクシス・サンチェスの筋肉について書かせていただきました。

アレクシス・サンチェスの上半身の筋肉は常人でないものですが、広背筋が凄いということは知りませんでした。

広背筋を鍛えていることによって、フィジカルコンタクトの際のバランスを保つことができているのですね。

アレクシス・サンチェスが、フィジカルコンタクトが激しいプレミアリーグで活躍できている理由がわかったような気がします。

ただ、日本人選手は、ここまで鍛えなくてもいいかなと思います。ネイマールのような筋肉の付け方が合っているのかな?

日本人の武器である動きのキレや運動量が落ちないようにするためには、ネイマールのような肉体を目指した方が良いと思います。

それが、日本人らしいサッカーに繋がっていくと思うので。

こちらの記事も読まれています↓

ネイマールの筋肉画像は、意外とすごい!細マッチョを目指す方注目!