【歴代】イスコのクラブ、代表での背番号は?

魔法を使ったかのようなボールコントロールで数多くのゴールを演出する、イスコ

イスコがボールを持つと、何かをしてくれる期待を持ってしまいますよね?

守備に問題はありますが、圧倒的な攻撃力でカバーできてしまいそう。

イスコが、ボールを持ったら、どんなプレーをしてくれるのか?注目してみると楽しめますね。

今回は、イスコの歴代背番号について書いていきたいと思います。

まずは、イスコのプロフィールから見ていきましょう!


プロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Gran partido del equipo, lástima el empate! #HalaMadrid 2️⃣2️⃣

Isco Alarcon Suarez(@iscoalarcon)がシェアした投稿 –

生年月日:1992.04.21

身長:176cm

体重:79kg

出身地:ベナルマデナ(スペイン)

利き足:右足

【リーグ戦記録】
2009-10 バレンシアB(スペイン) 26試合・1得点
2009-10 バレンシア(スペイン) 0試合・0得点
2010-11 バレンシア(スペイン) 4試合・0得点
2011-12 マラガ(スペイン) 32試合・5得点
2012-13 マラガ(スペイン) 37試合・9得点
2013-14 レアル・マドリード(スペイン) 32試合・8得点
2014-15 レアル・マドリード(スペイン) 34試合・4得点
2015-16 レアル・マドリード(スペイン) 31試合・3得点
2016-17 レアル・マドリード(スペイン) 30試合・10得点
2017-18 レアル・マドリード(スペイン) 30試合・7得点
2018-19 レアル・マドリード(スペイン) 27試合・3得点
2019-20 レアル・マドリード(スペイン) 23試合・1得点

引用:https://www.soccer-king.jp/player/article/416639.html

イスコは、バレンシアの下部組織出身で、2009-2010シーズンからバレンシアのメスタージャでプレー。

2010年11月に、コパ・デル・レイでトップチームデビューを果たし、2得点を決める活躍をしたそうです。

バレンシアで思うような出場機会が得られなかった?ため、マラガに移籍をすることに。

2011-2012シーズンに加入し、リーグ戦32試合に出場し、5得点5アシストを記録。

クラブ史上初のUEFAチャンピオンズリーグ出場権獲得に大きく貢献しました。

2012-2013シーズンでは、公式戦47試合に出場し、12得点6アシストを記録。

2013年夏の市場で、レアル・マドリードへ移籍が決定的となった時には、マラガの会長は、

「イスコのために、背番号22は他のどの選手も着けることはできない」

引用:https://news.livedoor.com/article/detail/17269124/

とコメントしていたようです。

マラガの背番号22は伝説的な背番号になったのですね。

レアル・マドリードへ移籍して1年目から公式戦53試合に出場し、11得点9アシストを記録。

2年目以降も多くの試合で活躍し、レアル・マドリードに貢献をしてきました。

※2018-2019シーズンだけは、監督交代の影響もあり、少しだけ出場試合数が減少しました。

イスコというと移籍市場で名前が挙がることで有名ですよね?

2020年の夏の市場でも名前が上がりました!あり得ない話ですね・・・。

レアル、ユベントスFWディバラ獲得へ”大型トレード”を提示? クロース&イスコを放出か

どちらのクラブも損をするはず・・・。まあ、どうなるのか?注目してみてみましょう。

クラブ、代表での背番号は?

バレンシア、マラガと渡り歩いてきたイスコですが、背番号は何番だったのでしょうか?

バレンシア

出典:https://matome.naver.jp/odai/2142679448653441201/2142731591689055903

2009-2010シーズンの背番号は47番。2010-2011シーズンは、26番。

バレンシアでは、メスタージャでプレーをしていました。

トップチームでの出番が少なく、2シーズン合計7試合2得点という記録。

若いうちは仕方がないでしょう。トップチームでデビューできただけでも凄いことのはず。

出番を求めて、マラガへ移籍をしました。これが大正解でしたね!

マラガ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Feliz cumpleaños artista!ha sido un placer jugar contigo @joaquinarteoficial un abrazo picha

Isco Alarcon Suarez(@iscoalarcon)がシェアした投稿 –

マラガでの背番号は22番。

マラガに移籍をしてからは、イスコの能力が開花!

2011-2012シーズンは、UEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得に大きく貢献。

イスコのチームになっていたのでしょうね。

マラガには2シーズン在籍し、82試合に出場し、17得点11アシストを記録。

数字的には凄い!とは言えませんが、チームに与えた影響力はとてつもないものであったと思います。

そして、レアル・マドリードへ移籍を果たしました。

レアル・マドリード

 

この投稿をInstagramで見る

 

+3 para seguir lideres💪💪😁😁

Isco Alarcon Suarez(@iscoalarcon)がシェアした投稿 –

2013年の夏に、レアル・マドリードに加入をした際のイスコの背番号は23番。

理由としては、背番号22は埋まっていたことと兄弟の誕生日だったからという理由のようです。

背番号22が空いてからは、22番を背負い続けています。(2015-2016シーズンから)。

レアル・マドリードの戦術にフィットしない部分もあり、苦しんだ時期もありました。

そのため、途中出場や交代が多くなり、イスコの力を存分に発揮できていないところもあります。

ただ、途中で入っても、イスコの技術で試合の流れを変えることが可能なので、レアル・マドリードにとっては手放したくない選手なのでしょう。

イスコの魔法のようなボールタッチ集がありましたので載せてみました。

スペイン代表

 

この投稿をInstagramで見る

 

Gran partido y gran victoria!🇪🇸🇪🇸

Isco Alarcon Suarez(@iscoalarcon)がシェアした投稿 –

スペイン代表での背番号一覧です↓

2012-201313、14、22
2014-201922
2018-201910

スペイン代表デビューは、2013年2月に行われた親善試合ウルグアイ戦。

スペイン代表だと輝きを増すことで有名ですよね?

フォーメーション、戦術が、イスコに合っていないとよく聞きます。

ポゼッションサッカーをするスペイン代表であれば、イスコのようなプレースタイルは合うのですが、レアル・マドリードだと厳しい。

割と、個人の能力に頼ったところが大きいので・・・。

スペイン代表では、大きな実績を残せていないイスコ。EURO2020やW杯カタール大会が近いので、そこで結果を残したいはず。

イスコの年齢を考えれば、最後の大きな大会になる可能性もあります。

EURO2020、W杯カタール大会で、チームを優勝に導くことができるのか?イスコの活躍に注目したいと思います。

まとめ。

今回は、イスコの歴代背番号について書いてみました。

マラガでの活躍で、イスコ=22が定着しましたね。

代表でも長く22番を背負ってきましたが、2018-2019シーズンから背番号10を背負うことに。

イスコのプレースタイルを考えれば、背番号10は似合いますね。

今後も背番号10を背負い続けるのか?代表戦が復活した時の楽しみです。

22に戻るのか?10のままなのか?

こちらの記事も読まれています↓

イスコのプレースタイルの特徴は?弱点は?