キリアン・ムバッペの年俸、市場価値の推移は?どちらの上がり方も半端なかった!

レアル・マドリード移籍と思われましたが、パリ・サンジェルマンと契約延長したキリアン・ムバッペ選手。

双方合意という報道が出ていたので驚いた方は多かったはず。

パリ・サンジェルマンと契約延長したということは、年俸は凄いことになっているのではないでしょうか?

キリアン・ムバッペ選手の年俸はどのくらいになったのでしょうか?

年俸推移はどうなのでしょうか?

そこで今回は、キリアン・ムバッペ選手の年俸について書いていきたいと思います。

参考サイト


キリアン・ムバッペがパリ・サンジェルマンと契約延長!

キリアン・ムバッペ選手が、パリ・サンジェルマンと契約延長しましたね。

このことに関して、キリアン・ムバッペ選手は、

「(パリSGで)冒険を続けることができてとてもうれしい。いつも言っているようにパリは我が家だ。みんなのためにトロフィーを獲得したい」

引用:パリSGエムバペが新たに3年契約でサイン「冒険を続けることができてとてもうれしい」 – フランスリーグ : 日刊スポーツ (nikkansports.com)

とサポーターにメッセージを送りました。

この契約延長で得られたものは以下の通り↓

  • 莫大な年俸
  • チーム内での絶大な力
  • スポーツディレクターや監督を選ぶ際に大きな発言権

のようです。

契約延長のために、凄い好条件を出したパリ・サンジェルマン。

この中で気になるのは、やはり年俸ですよね?

パリ・サンジェルマンのような金満クラブなので、金額はとんでもないはず!

では、キリアン・ムバッペ選手の年俸と年俸推移について見ていきましょう。

キリアン・ムバッペの年俸推移は?各クラブでの金額は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kylian Mbappé(@k.mbappe)がシェアした投稿

モナコで素晴らしい活躍をし、パリ・サンジェルマンに移籍したキリアン・ムバッペ選手。

この時に、キリアン・ムバッペ選手を知った方は多いのではないでしょうか?

金満クラブであるパリ・サンジェルマンに移籍したということは、年俸が凄いことになったはずです。

モナコ時代の年俸から、どのくらい上がったのか?見ていきたいと思います。

モナコ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kylian Mbappé(@k.mbappe)がシェアした投稿

モナコ時代の年俸推移です↓

シーズン年俸週給
2015-20163000ユーロ
(約40万円)
58ユーロ
(約7800円)
2016-2017113万ユーロ
(約1億5000万円)
2万1731ユーロ
(約300万円)
2017-20181776万9000ユーロ
(約24億円)
34万1712ユーロ
(約4600万円)

1ユーロ=¥135.10円で計算しています。

UEFAチャンピオンズリーグの活躍を見れば、これだけの年俸アップはうなずけますね。

キリアン・ムバッペ選手は、モナコのユースチームに所属し、2015年12月のカーン戦でプロデビューしました。

そして、モナコ時代のキリアン・ムバッペ選手といえば、2016-2017シーズンのUEFAチャンピオンズリーグですよね?

準々決勝のボルシア・ドルトムント戦で2得点をあげ、1試合複数得点の最年少記録を18歳と113日に更新!

通算9得点をあげ、チームをベスト4まで勝ち上がらせました。

ドルトムント戦のキリアン・ムバッペ選手の得点シーンです↓

この時のモナコには、キリアン・ムバッペ選手のほかに、ラダメル・ファルカオ選手やベルナルド・シウバ選手、ティエムエ・バカヨコ選手もいました。

Kylian Mbappé

参照:モナコ、2016-17シーズンの新ユニフォームを発表!アウェイが渋い (qoly.jp)

今考えると、とんでもないメンツが揃っていましたね。

このメンバーであれば、UEFAチャンピオンズリーグでベスト4まで勝ち進んでも納得!

パリ・サンジェルマン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kylian Mbappé(@k.mbappe)がシェアした投稿

パリ・サンジェルマンでの年俸推移です↓

シーズン年俸週給
2017-20181776万9000ユーロ
(約24億円)
34万1712ユーロ
(約4600万円)
2018-20191864万3000ユーロ
(約25億円)
35万8519ユーロ
(約4800万円)
2019-20203209万ユーロ
(約43億3500万円)
61万7115ユーロ
(約8300万円)
2020-20213209万ユーロ
(約43億3500万円)
61万7115ユーロ
(約8300万円)
2021-20229091万ユーロ
(約123億円)
61万7115ユーロ
(約2億3600万円)
2022-20239091万ユーロ
(約123億円)
61万7115ユーロ
(約2億3600万円)

1ユーロ=¥135.10円で計算しています。

さすが、パリ・サンジェルマン!

年俸が恐ろしいことになっていますね。

2017-2018シーズンはレンタル移籍で加入したキリアン・ムバッペ選手。

このシーズンは、UEFAチャンピオンズリーグで10代における最多得点記録を更新!

最終的に通算10得点をあげ、18歳11ヶ月での二桁得点を達成し、史上最年少記録を更新しました。

Kylian Mbappé

引用:Twitter

2018-2019シーズンは背番号7に変更し、19歳でリーグ戦通算40得点、20歳と3か月でリーグ通算50得点と記録を次々に更新しました。

2019-2020シーズンは、イレギュラーとはいえ、UEFAチャンピオンズリーグ決勝まで勝ち進みましたが、決勝でバイエルンに敗戦・・・。

近年、UEFAチャンピオンズリーグで良い成績を収めているので期待したいところ。

そろそろ、優勝しても良い頃なのかなと思っています。

キリアン・ムバッペの市場価値の推移は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kylian Mbappé(@k.mbappe)がシェアした投稿

キリアン・ムバッペ選手の市場価値が凄いことになっていますよね?

いったい、どんな感じで推移していったのか?見ていきましょう↓

シーズン所属クラブ金額
2016年4月モナコ100万ユーロ
(約1億3000万円)
2017年1月モナコ1000万ユーロ
(13億円)
2017年6月モナコ3500万ユーロ
(約46億円)
2018年1月パリ・サンジェルマン1億2000万ユーロ
(約157億円)
2018年12月パリ・サンジェルマン2億ユーロ
(約263億円)
2019年6月パリ・サンジェルマン2億ユーロ
(約263億円)
2019年12月パリ・サンジェルマン2億ユーロ
(約263億円)
2020年4月パリ・サンジェルマン1億8000万ユーロ
(約236億円)
2021年4月パリ・サンジェルマン1億6000万ユーロ
(約210億円)
2021年6月パリ・サンジェルマン1億6000万ユーロ
(約210億円)
2021年12月パリ・サンジェルマン1億6000万ユーロ
(約210億円)

1ユーロ=¥131.58 日本円で計算しています。

とんでもない勢いで上がっていますね!

もちろん、世界最高額です。

まだ、若い選手ですし、どんどん市場価値を上げていく可能性は高いでしょう。

今後、市場価値がいくらぐらいになるのか?

本当に楽しみ。

ワールドカップは優勝しているので、次は、UEFAチャンピオンズリーグ優勝してほしいものですね。

出来れば、もう1度、ワールドカップ優勝もしてほしいです。

まとめ

今回は、キリアン・ムバッペ選手の年俸、市場価値の推移について書いてみました。

年俸、市場価値の推移どちらも半端ない上がり方をしていますね。

これだけの上がり方をするのも納得です。

今後も年俸、市場価値は上がっていくと思われます。いったい、いくらぐらいになるのか?楽しみです。

もしかしたら、サッカー選手最高額を記録するかもしれませんね!

キリアン・ムバッペの適性ポジションは両サイド?その理由は?

2022.05.23