キーラン・ティアニーが中村俊輔に憧れた理由は?

中村俊輔が、セルティックに在籍していた時は、セルティックサポーターは楽しかったことでしょう。

タイトルは、もちろん、UEFAチャンピオンズリーグも楽しめたと思われます。

そんな、中村俊輔に憧れた子供たちも多かったようです。

その1人である、キーラン・ティアニー。

現在は、アーセナルでプレーをしていますが、元は、セルティック。

キャプテンを務めるほどに成長し、チームを引っ張る存在となりました。

今回は、キーラン・ティアニーが中村俊輔に憧れた理由や印象に残っているシーンについて書いていきたいと思います。

まずは、キーラン・ティアニーが中村俊輔に憧れた理由について書いていきたいと思います。


キーラン・ティアニーが中村俊輔に憧れた理由は?

セルティック時代の中村俊輔は凄かったですからね。

今でも中村俊輔は伝説的な存在ですので、いかに凄かったのかがわかります。

そんな、中村俊輔に憧れて、プロになったキーラン・ティアニー。

有名な話ですが、クラブが主催したイベントで、中村俊輔からもらったスパイクが嬉しかったと語っていましたね。

キーラン・ティアニーが語っていた内容は、こんな感じでした。

「その時、僕らはナカが見ていたなんて知らなかったんだ。それはクラブが用意したサプライズで、彼は一緒に参加してくれたんだよ。それでトレーニングを終えた後に僕らがベンチに座っていたら、彼が通訳を通じて『君が今日のベストな選手だ』と言ってくれてスパイクをくれたんだ。本当に嬉しかったよ」

セルティックのエースに君臨していた選手に褒められ、スパイクまでもらえたことで、より中村俊輔のファンになったようです。

中村俊輔にスパイクを渡されたシーンです。

中村俊輔にスパイクを渡された時のキーラン・ティアニーの驚いた顔は印象的ですね。

「自分が?」といった表情がかわいらしいです。

そこから、中村俊輔の虜になったキーラン・ティアニーは、中村俊輔の後を追うようになりました。

そこから、順調に成長し、セルティックのキャプテン、プレミアリーグの名門アーセナルに移籍したのですから、中村俊輔は嬉しいでしょう。

中村俊輔のプレーを多く見てきた中で、キーラン・ティアニーが一番印象に残っているプレーについても語っていました。

キーラン・ティアニーは、どのプレーが一番印象に残っていたのでしょうか?

キーラン・ティアニーが、一番印象に残っていたシーンは?

キーラン・ティアニーが一番印象に残っていたシーンは、レンジャース戦のゴールということでした。

てっきり、チャンピオンズリーグのマンチェスター・U戦のフリーキックかなと思っていました。

やっぱり、スコットランドの方々にとっては、オールドファーム(セルティックvsレンジャース)との闘いなんですね。

キーラン・ティアニーが一番印象的だった中村俊輔のゴールシーンです。

このゴールは、本当に素晴らしい!

トラップしてから、浮かさないように、アウトにかけたシュートは見事。

上手くバウンドを処理できたことも凄い。私としては、ここで勝負ありだったような気がします。

シュートは曲がり方が恐ろしいですし、ゴールキーパーにとっては予想できない変化だったことでしょう。

この中村俊輔のゴールには、こんな感じの感想がありました。

・この男は重要な場面でシュートをぶち込む術を心得ていた

・これは史上最も美しいゴールの中に含まれないといけないよ

・うん、これは観る価値のあるゴールだった。なんてゴールだよ!

・サッカーの歴史の中で一番好きなゴールだ

といった感じでした。

もちろん、キーラン・ティアニーも同じような感想でした。

セルティック時代の中村俊輔のプレーは、すべてが異次元でしたので、記憶に残るプレーは多いことでしょう。

キーラン・ティアニーだけでなく、多くの選手が中村俊輔に憧れたことでしょう。

では、中村俊輔の凄さって、どんなところなのでしょうか?

中村俊輔の凄さについて書いていきたいと思います。

中村俊輔の凄さは、ドコ?

中村俊輔の凄さと言えば、最初に挙げられるのが、フリーキックでしょう。

先ほども書きましたが、マンチェスター・U戦でのフリーキックだと思われます。

そのほかにも、多くのフリーキックを決めており、世界でも有数のキッカーとして評価されました。

速度もあり、鋭く落ちるボールは、ゴールキーパー泣かせ・・・。

直接だけではなく、味方に合わせるボールも一級品!

ピンポイントで合わせてくるので、クラブ、日本代表でも大きな武器となっていました。

ゴールに近い位置でのファウルは命取りになるので、ファウルをしないように相手も気を付けていたことでしょう。

次に、挙げられるのは、広い視野を活かしたチャンスメーク。

正確なキックもあり、サイドチェンジ、スルーパスなど攻撃に変化をつけてくれますね。

しかも、様々なキックで蹴り分けるので、的を絞るのも難しい。

味方に優しいパスをくれるので、中村俊輔を信じて走れば、パスが来ると言ったところでしょうか?

このキックの精度を活かして、切り返しをよく使います。

これは、キックの精度が高いので、防ぐために詰めてきますが、それを逆手に取る切り返しは厄介。

切れ味も鋭いのでわかっていてもやられてしまうといった感じですね。

かといって、自由を与えてしまうと高精度のキックでやられてしまいますし、お手上げです。

ただ、スピーディな展開だと消えてしまうところがあるので、そこをつければ良いのかなと。

横浜FCで頑張っている中村俊輔ですが、チームをJ1に定着させることができるのか?注目しましょう!

機会があれば、キーラン・ティアニーと対戦する機会があってほしいものです。

アーセナルとやることは難しいと思いますが・・・。

まだまだ、頑張ってもらいたいものです。

まとめ。

今回は、キーラン・ティアニーが中村俊輔に憧れた理由と一番印象に残っているシーンについて書いてみました。

間近で、スーパープレーを見ていたわけですから、憧れるのも無理ないですよね?

中村俊輔に憧れて、プロ入りしたという選手は多かったのではないでしょうか?

今後は、キーラン・ティアニーに憧れて、プロ入りする選手が出てくることでしょう!

キーラン・ティアニーがアーセナルで大活躍できるのか?今後、注目ですね!

こちらの記事も読まれています↓

キーラン・ティアニーのプレースタイルは?弱点は、ドコ?

オーバメヤンと香川は仲が良すぎる?どんな感じ?

セバージョスのトリックはできない?どんなトリックなの?

カンテと岡崎は仲が良かったの?同期入団の2人の関係は?

ヴァーディと岡崎のコンビネーションは?互いの役割は?