エリクセンの背番号23に対する想いとは?

北欧の強豪デンマークが生んだ世界屈指のゲームメーカー、クリスティアン・エリクセン

若い時から、ビッククラブに注目されるほどの選手!

アヤックス、トッテナムと渡り歩き、現在は、イタリアの名門インテルに在籍しています。

3クラブに所属してきた、クリスティアン・エリクセンですが、背負ってきた背番号は何番であったのでしょうか?

今回は、クリスティアン・エリクセンの背番号23への想いと過去の背番号について書いていきたいと思います。

まずは、クリスティアン・エリクセンのプロフィールから見ていきたいと思います。


クリスティアン・エリクセンのプロフィール。

 

この投稿をInstagramで見る

 

+3 points! Wednesday we go again 🙌🏻#ce24 @inter

Christian Eriksen(@chriseriksen8)がシェアした投稿 –

本名:クレスチャン・ダネマン・イーレクスン(Christian Dannemann Eriksen)

国籍:デンマーク

生年月日:1992年2月14日

出身地:メデルファード

身長:182cm

体重:76kg

在籍チーム:インテル

ポジション:MF

背番号:23

利き足:右足

2010-2013:アヤックス
2013-2020:トッテナム
2020-:インテル

2008年までデンマークのオーデンセBKのユースチームというチームに所属をしていたました。

ビッククラブから注目されていたようで、チェルシーやミランからオファーが来ていたようですが断りました。

おそらく、すぐにレンタルに出されることを計算してでしょう。

アヤックスでもレンタルになるかもしれませんが、賢明な判断であったでしょう。

クリスティアン・エリクセンは、すぐにアヤックスの中心選手となり、2010-2013まで在籍し、リーグ戦3連覇に貢献。

アヤックスでは、163試合に出場し、32得点65アシストを記録。

そして、2013-2014年シーズンの途中からトッテナムに移籍をしました。すぐに適応したようで、トッテナムの中心選手となりました。

2014-2015シーズン以降は、完全にトッテナムの主力としてプレー。

2017-2018シーズンには、2桁得点&アシストを記録。

2018-2019シーズンには、UEFAチャンピオンズリーグ決勝まで勝ち進むなどトッテナムの躍進に大きく貢献。

そして、2019-2020シーズンの冬の移籍市場で、インテルに移籍。

インテルは、タイトルから遠ざかっているので、クリスティアン・エリクセンがタイトルをもたらせることができるのか?注目されています。

※2019-2020シーズンは、リーグ戦2位に終わりました。翌シーズンに期待は持てると思われます。

クリスティアン・エリクセンの背番号23への想いとは?

トッテナム時代は背番号23を背負っていました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tough game yesterday. Luckily there is a chance to make it all good again next week! #coys #ce23

Christian Eriksen(@chriseriksen8)がシェアした投稿 –

クリスティアン・エリクセンは背番号23に何か思い入れがあったのでしょうか?

どうやら、クリスティアン・エリクセンは、ベッカム氏に憧れていたようです。

※トッテナムに移籍をしたときに、アヤックスで背負っていた背番号が空いていなかったため背番号23になったようです。

参考:[背番号秘話]ベッカムやエリクセン、マテラッツィはなぜ「23番」を選んだのか?

それ以来、クリスティアン・エリクセンの背番号23は定着しましたね。

トッテナムのファンからは、チャントで、このように応援されているようです。

「エ・リ・ク・セン、セン、セン、俺たちの23番」

引用:[背番号秘話]ベッカムやエリクセン、マテラッツィはなぜ「23番」を選んだのか?

というチャントまでできていたようです。

※チャントが気になって調べてみましたが、出ていませんでした。

ベッカム氏に憧れる選手は多いですね。グリーズマンもそうですからね。

今度は、クリスティアン・エリクセンに憧れて同じ背番号を好む選手が出てくるかもしれませんね。

【歴代】クリスティアン・エリクセンのクラブ、代表での背番号は?

クリスティアン・エリクセンは、アヤックス、トッテナム、インテルに所属してきました。

背番号は何番を背負っていたのでしょうか?

アヤックス

 

この投稿をInstagramで見る

 

#ajax

Christian Eriksen(@chriseriksen8)がシェアした投稿 –

2009-2010シーズンに、トップチームデビューを果たした、クリスティアン・エリクセン。

2009-2010シーズンは、背番号51だったようです。それ以降は、8番を背負っていました。

アヤックス時代の成績は、プロフィールのところで書いたので省略させていただきます。

トッテナム

 

この投稿をInstagramで見る

 

⚽️⚽️

Christian Eriksen(@chriseriksen8)がシェアした投稿 –

クリスティアン・エリクセン=23が定着しましたね。

6年半トッテナムでプレーをしてきての成績は、305試合に出場して、69得点89アシストを記録。

しかし、トッテナムで無冠という悲しい結果となってしまいました。

インテル

 

この投稿をInstagramで見る

 

Best way to finish the season! Now focus on the @europaleague @inter #ce24

Christian Eriksen(@chriseriksen8)がシェアした投稿 –

注目されたクリスティアン・エリクセンの背番号は24番。

なぜ、24番だったのかというと、23番は、ニコロ・バレッラが背負っていたこと。

譲ってもらえなかったのでしょうか?

もう1つの理由は、1歩前進の意味を込めてとのことでした。

クリスティアン・エリクセンらしい?のかなと思っていましたが、移籍の理由につながっていましたね。

クリスティアン・エリクセンは移籍の理由として、タイトル獲得のチャンスがあると言っていました。

トッテナムにいるよりはチャンスはあるでしょう。

UEFAチャンピオンズリーグでは難しいですが、リーグ戦のタイトルは可能性が高いと思っています。

実際に、2019-2020シーズンは、優勝したユベントスと勝ち点1差でしたので!

※ユベントスは優勝決定後、手を緩めていた感じがしますので、もう少し差はあるでしょう。

ユベントスの連覇を阻止する確率が高いのは、インテルだと思っているので頑張ってほしい。

そのためには、クリスティアン・エリクセンの活躍が必要になってきますね。

シーズンフル稼働で挑める2シーズン目に期待をしています。

デンマーク代表

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tak for støtten til de medrejsende fans! Vi kører på igen i oktober 🇩🇰💪🏻#danmark #ce10

Christian Eriksen(@chriseriksen8)がシェアした投稿 –

2010-2013までは、背番号8でした。その後は、お馴染みの背番号10。

クラブでも10番背負わないのかな?ラウタロ・マルティネスが移籍したらありそう。

クリスティアン・エリクセンが代表デビューを果たしたのは、2010年3月3日の親善試合オーストリア戦。

W杯南アフリカ大会では、日本と対戦しました。

デンマーク代表での成績は、95試合に出場し、31得点23アシスト!

まだまだ、記録を伸ばしてくれることでしょう!EURO、W杯予選、本大会もあるので。

クリスティアン・エリクセンと言えば、W杯ロシア大会のゴールという方も多いと思われますが、プレーオフの活躍の方が凄かったと思われます。

まとめ。

今回は、クリスティアン・エリクセンの背番号23への想いと過去の背番号について書いてみました。

ベッカム氏に憧れてということでありましたが、多いですよね?

歴代の背番号を見てみると、背番号23は、トッテナムの時だけなので本当なのかな?と思ってしまいました。

インテルでは背番号24を背負っていますが、今後、クリスティアン・エリクセン=24となってしまうのでしょうか?

それとも、背番号変更があるのでしょうか?クリスティアン・エリクセンの背番号に注目しましょう!

こちらの記事も読まれています↓

クリスティアン・エリクセンの妻は美人?いったい、どんな方?