【歴代】ティボ・クルトワのクラブ、ベルギー代表での背番号は?

世界屈指のGKとして認められているクルトワ選手。

W杯ロシア大会で、日本代表と対戦したことで日本でも有名になったと思われます。

恵まれた体格と抜群の反射神経でゴールをも持ってくれますね。

クルトワ選手がいるとゴールが小さく見えてしまいます。

今回は、世界屈指のGKであるクルトワ選手のクラブ、ベルギー代表での歴代背番号について書いていきたいと思います。


クルトワのクラブ、ベルギー代表での歴代背番号は?

名門クラブを渡り歩いてきたクルトワ選手ですが、背番号は何番を背負っていたのでしょうか?

まずは、クラブでの背番号を見ていきましょう。

ヘンク

ヘンク時代のクルトワ選手の背番号は28番。

クルトワ選手は、1999年にヘンクの下部組織に入団しました。

14歳の時にGKが不在で急遽任されることになったようです。

これが大当たりしてしまい、クルトワ選手はGKになることに!

2009年にトップチームデビューを飾り、その後はスタメンに定着!

2011-2012シーズンは14試合のクリーンシートで優勝に大きく貢献し、リーグ最優秀GKとクラブのシーズン最優秀選手に輝きました!

そんな活躍を見せたクルトワ選手のもとに多くのオファーが殺到し、選んだクラブはチェルシー!

しかし、すぐにアトレティコにレンタル移籍となってしまいました。

アトレティコ

アトレティコでの背番号は13番。

2011年7月にチェルシー移籍が決まりましたが、すぐにアトレティコにレンタル移籍。

アトレティコでもすぐにスタメンに定着し、リーグ戦5位に貢献。UEFAヨーロッパリーグでは、鉄壁の守りを披露し、優勝に大きく貢献しました!

その後もアトレティコのゴールを守り続け、2012-2013シーズンにはコパ・デル・レイ、2013-2014シーズンはリーガ・エスパニョーラのタイトルを獲得。

この2シーズンは、サモラ賞にも輝きました。

サモラ賞とは、

スペインのサッカーリーグ、リーガ・エスパニョーラにおいて、1シーズンで1試合当たりの平均失点が最も少なかったゴールキーパーに与えられる賞

引用:サモラ賞 – Wikipedia

2014-2015シーズンからチェルシーに復帰することになりました。

チェルシー

チェルシーでの背番号は13番。

2014-2015シーズンからチェルシーに復帰したクルトワ選手。

ペトル・チェフ選手がおり、どちらを起用するのか?話題になっていました。

当時監督だったモウリーニョ氏は、クルトワ選手を起用することに!

復帰初年度からリーグ、フットボールリーグカップのタイトル獲得に貢献しましたが、翌シーズンは2度の退場してしまうなど、良くないパフォーマンスを披露。

チームもリーグ戦10位という成績で、クルトワ選手に批判が殺到・・・。

2016-2017シーズンはリーグ優勝し、プレミアリーグ年間最優秀ゴールキーパーに選出されました。

2017-2018シーズンはFAカップ優勝。チェルシーと新契約を結ばず、レアル・マドリードに移籍を決断。

レアル・マドリード

クルトワ選手のレアル・マドリードでの歴代背番号です↓

シーズン番号
2018-201925
2019-202013
2020-1

2018年8月にレアル・マドリードに加入しました。

レアル・マドリード加入後は、ナバス選手とのポジション争いが凄かったですね。

クルトワ選手はリーグ戦、ナバス選手はカップ戦といった感じで起用されていました。

ロペテギ監督が解任後、就任したソラーリ監督は、クルトワ選手をどちらでも起用するようにしていました。

ジダン監督が就任後、ナバス選手にポジションを一時的に奪われましたが、奪い返し、それ以降はスタメンに定着しています。

レアル・マドリードの絶対的守護神としてゴールを守っていますね。

余程すごいゴールキーパーが入ってこない限り、クルトワ選手は安泰かもしれません。

ベルギー代表

 

この投稿をInstagramで見る

 

200th clean sheet today celebrated with a win! 🏆✅ #EURO2020 #comeonbelgium

Thibaut Courtois(@thibautcourtois)がシェアした投稿 –

ベルギー代表での歴代背番号です↓

シーズン背番号
2010-201112、21
2012-1

クルトワ選手は、年代別の代表から選出されており、2011年5月のEURO2012予選でA代表に召集されました。

A代表デビューは11月に行われた親善試合のフランス戦。

2014年W杯ブラジル大会では、ベスト8進出に大きく貢献し、EURO2016でもベスト8進出に貢献しました。

2018年W杯ロシア大会では3位に食い込み、クルトワ選手はクリーンシート数、セーブ数最多で、ゴールデングローブ賞を受賞。

世界ナンバー1GKということを証明しました。

ただ、ベルギー代表でタイトル獲得ができていないので、W杯でタイトル獲得したいはずです。

メンバーもそろっていますし、十分狙えると思います。

クルトワ選手に期待しましょう!

まとめ

今回は、クルトワ選手のクラブ、ベルギー代表での歴代背番号について書いてみました。

クルトワ選手の背番号は13が多いですね!愛着があるのでしょうか?

クルトワ選手にとってゲン担ぎの番号なのかもしれませんね。

レアルマドリードで背番号1を背負うことになりましたが、今後も変わらないプレーでゴールを死守してくれるでしょう。

クルトワとナバスはどちらが優れたGKなのか?2人のプレースタイルの特徴は?

2019.10.19