【歴代】グラニト・ジャカのクラブ、スイス代表での背番号は?

中盤の底からゲームを組み立て、隙あらば強烈なミドルシュートで相手ゴールに襲い掛かるグラニト・ジャカ選手。

ハードワークもでき、献身的な守備でチームを助けてくれます。カードをもらいすぎることが欠点ですが・・・。

アーセナル、スイス代表で活躍するグラニト・ジャカ選手ですが、これまで背負ってきた背番号は何番があるのでしょうか?

今回は、グラニト・ジャカ選手のクラブ、スイス代表での歴代背番号について書いていきたいと思います。


グラニト・ジャカのクラブ、スイス代表での歴代背番号は?

グラニト・ジャカ選手は、スイスのFCコンコルディア・バーゼルでキャリアをスタート。

2003年にバーゼルユースに移籍し、2010年にトップチームに昇格し、デビューしました。

2012-2013シーズンにボルシア・MGに加入し、2016-2017シーズンから現在までアーセナルでプレーしています。

各クラブでの歴代背番号は何番だったのでしょうか?

グラニト・ジャカ選手のクラブ、スイス代表での歴代背番号を見ていきましょう。

FCバーゼル

バーゼルでの歴代背番号です↓

シーズン背番号
2009-2010(U-21)34
2010-201234

2003年にFCバーゼルユースに移籍をし、2010年にトップチームへ昇格。

UEFAチャンピオンズリーグ予選デブレツェニVSC戦でプロデビューし、その試合で初得点も記録!

2011-2012シーズンまでプレーし、2012年にブンデスリーガのボルシアMGに移籍を決意しました。

バーゼル時代は、そこまで多くのカードをもらっていません。

バーゼルでの成績

  • 2008-2009:公式戦10試合1得点0アシスト(U-21)
  • 2009-2010:公式戦22試合8得点0アシスト(U-21)
  • 2010-2011:公式戦5試合2得点0アシスト(U-21)
  • 2010-2011:公式戦29試合2得点4アシスト
  • 2011-2012:公式戦38試合1得点3アシスト

ボルシアMG

ボルシアMGでの背番号は34番。退団するまで変わっていません。

2012-2013シーズンからブンデスリーガのボルシアMGに加入。

加入1年目から多くの試合に出場し、チームに貢献してきました。

このころからカードを多くもらうようになってきました・・・。

シーズンイエローカードレッドーカード
2012-201340
2013-2014100
2014-2015140
2015-201671

2013-2014シーズンからカードの枚数が増えてきましたね・・・。

それだけグラニト・ジャカ選手がハードワークをしてくれていた証拠といえるかもしれませんね。

ボルシアMGでの成績

  • 2012-2013:公式戦33試合1得点0アシスト
  • 2013-2014:公式戦29試合0得点1アシスト
  • 2014-2015:公式戦42試合5得点5アシスト
  • 2015-2016:公式戦36試合3得点2アシスト

アーセナル

 

この投稿をInstagramで見る

 

👉XhakaBOOM is back!💪🏼💪🏼#WeAreTheArsenal ★★★ ⚓#GX29 @arsenal #IWILL #UnderArmour

Granit Xhaka(@granitxhaka)がシェアした投稿 –

アーセナルでの歴代背番号です↓

シーズン背番号
2016-201829
2018-34

2016年にプレミアリーグの名門アーセナルに移籍を果たしました。

ベンゲル監督が指揮を執っていた時ですね。グラニト・ジャカ選手を獲得した際には、

「エキサイティングな若い選手だ。すでにUEFAチャンピオンズリーグとブンデスリーガで十分な経験を積んでいる。長い間視察していた選手で、我々のスカッドにクオリティをもたらす。ユーロ2016でのスイス代表の躍進を祈っている。アーセナルに来季歓迎できることを心待ちにしている」

引用:https://www.football-zone.net/archives/33146

とコメント。

移籍金が3000万ポンド(約48億円)で、クラブ史上3位(当時)の移籍金だっただけに期待の高さが伺えます。

加入1年目から出場機会を得ますが、失点に直結するミスが多く、批判をされていました・・・。

2019-2020シーズンには、グラニト・ジャカ選手はキャプテンに就任していました。

しかし、10月27日のクリスタル・パレスFC戦の交代時にサポーターからブーイングを浴びると、キャプテンマークをたたきつけてしまいました。

そして、ユニフォームを脱ぎ、サポーターに暴言を吐いてしまいましたね・・・。

グラニト・ジャカ選手はキャプテンはく奪されてしまいましたが、これが本人のためにもよかったのかもしれませんね。

それ以降、気持ちを入れなおしたグラニト・ジャカ選手は、まずまずのパフォーマンスを見せてくれていたと思います。

しかし、あいかわらずカードの枚数は減りませんね・・・。

シーズンイエローカードレッドカード
2016-2017122
2017-2018120
2018-2019130
2019-2020130
2020-202181

プレミアリーグでより激しいプレーが必要になったからかもしれませんが・・・。

もう少しカードを減らしてほしいところですね。

アーセナルでの成績

  • 2016-2017:公式戦46試合4得点3アシスト
  • 2017-2018:公式戦48試合3得点8アシスト
  • 2018-2019:公式戦40試合4得点5アシスト
  • 2019-2020:公式戦41試合1得点2アシスト
  • 2020-2021:公式戦45試合1得点2アシスト

スイス代表

 

この投稿をInstagramで見る

 

Das war ein gutes Spiel Jungs, gegen eine starken Gegner! Hätte mehr verdient! Weiter gehts in einem Monat 💪😎⚽️ #GX10

Granit Xhaka(@granitxhaka)がシェアした投稿 –

スイス代表での歴代背番号です↓

シーズン背番号
2008-2010(U-17)11
2009-2011(U-21)14、17
2010-201117
2012-10

各年代別のスイス代表でプレーしてきたグラニト・ジャカ選手は、2011年6月4日に行われたEURO2012予選イングランド戦で代表デビュー。

その後は、スイス代表の主力として活躍し、W杯(2014、2018)、EURO2016も経験!

EURO2016では、兄のタウラント・ジャカと対戦をし、史上初の兄弟対決が実現しました。

W杯ロシア大会では、アルバニア国旗の「双頭の鷲」をイメージさせるパフォーマンスで問題に・・・。

重い処分になるのか?と思いきや、罰金のみの処分。

10,000スイスフラン(約110万)ぐらいのようでした。しかし、ここから思わぬ展開がありました。

クラウドファンディングが立ち上がり、あっという間に到達したようです。

「双頭の鷲」が問題になった背景についてはコチラ→https://globe.asahi.com/article/11643238

グラニト・ジャカが背番号34番にこだわる理由とは?

グラニト・ジャカ選手が背番号34にこだわる理由は、プロになって初めて背負った背番号だったからです。

そのこだわりについて、こう答えていました。

「34番には大きな意味がある。それは、僕がプロになって最初につけた番号だったし、いつも僕に運をもたらしてくれる。背中と腕にもその番号を刺青として入れているんだ」

引用:https://web.gekisaka.jp/news/detail/?245459-245459-fl

ビックリしたのが、背中に刺青を入れているんですね。

そこまでこだわっているのであれば、仕方がないですね。

スイス代表では背番号10ですが、これは代表選では34番まで背負えないですからね。

今後も、グラニト・ジャカ選手は背番号34を背負ってプレーをしていくことでしょう!

まとめ

今回は、グラニト・ジャカ選手のクラブ、スイス代表での歴代背番号について書いてみました。

クラブ、スイス代表での背番号は固定されてきましたね。

アーセナルは苦しい状況が続いていますが、何とか立て直してほしいものです。

グラニト・ジャカ選手には、より頑張ってもらいたいものです。

もちろん、余計なカードをもらわないようにですが。

グラニト・ジャカのプレースタイルは?メインポジションはドコ?

2020.09.19