サディオ・マネのプレースタイルは?歴代背番号は?

強豪リバプールをけん引する、サディオ・マネ

攻守において、リバプールの柱と言っても過言ではないかと思われます。

リバプールに移籍してからのサディオ・マネの成長が恐ろしく、一気に世界トップクラスの選手にまで成長。

今後も世界のサッカーをけん引していく選手であると思われます。

今回は、サディオ・マネのプレースタイルについて書いていきたいと思います。


サディオ・マネのプレースタイルは?

サディオ・マネのポジションは、左ウイングですが、右ウイング、センターフォワードのポジションでもプレーできます。

サディオ・マネのプレースタイルの特徴を挙げると、

・スピード

・献身的な守備

・サッカーIQが高い

ことが挙げられると思います。

スピード

サディオ・マネのプレースタイルと言えば、スピードを上げる方は多いでしょう。

カウンター、フリーでボールをもらった時のサディオ・マネは速すぎて、追いつくのにも苦労します。

スピードだけの選手なら対応するのは簡単ですが、足元の技術も高いので対戦相手は苦労をしています。

フィニッシュの精度も高く、両足から繰り出されるパワーのあるシュートは必見です!

献身的な守備

献身的な守備もプレースタイルの大きな特徴です。

ここまで守備をするの?と思うぐらい、守備に関しても力を抜きません!

持ち前のフィジカルを生かしたボール奪取のシーンは見ごたえがありますよ。

自陣深くまで守備に戻ってくれるなんてありがたい存在ですね。

サディオ・マネの守備のシーンです↓

サッカーIQが高い

サディオ・マネは頭の回転スピードも速いです。

どこへ行けば、チームの助けになるのかを瞬時に判断し、行動に起こします。

攻撃時では、味方にスペースを空けるためにフリーランをしたり、中盤まで下がってボールをもらいに来ることをします。

守備時には、ファーストディフェンダーとして相手にプレスをかけつつ、選択肢を減らしていくポジション取りを行っています。

その都度、最適な判断を瞬時に行うスピードは世界屈指ではないかと思っております。

ほぼ、完璧な選手であるといえるでしょう!

クラブ、代表での歴代背番号は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Massive 3points 💪YNWA

Sadio Mane(@sadiomaneofficiel)がシェアした投稿 –

参考元:https://www.transfermarkt.com/sadio-mane/rueckennummern/spieler/200512

リバプール

2016年にリバプールに加入しました。

2016~2018までは背番号19を背負っていましたが、2018-2019シーズンからは背番号10を背負っています。

クラブスタッフ、チームメートも文句なしだと思われます。

攻守において、リバプールの柱ですからね。

サウサンプトン

2014年からサウサンプトンに加入をしました。

2シーズン在籍中の背番号は10番。ここでもとは!それだけ期待をされていたのでしょう。

強豪とは言えないサウサンプトンで攻撃をけん引。当時から、プレミアリーグのDFと互角に渡り合っていました。

プレミアリーグは適応するのに苦労するはずなのですが・・・。

ザルツブルク

2012年に、オーストリアの名門ザルツブルクに移籍。

移籍初年度は背番号40を背負っていましたが、それ以降は背番号10を背負いプレー。

若手の選手にとって登竜門的な存在のクラブなので、サディオ・マネにとって良いクラブであったと思われます。

ザルツブルクは育成の名門?なのか、良い若手を見つけてきた育てて売ることが上手い!

ここ数年で、多くの若手がビッククラブへ移籍をしています。

ザルツブルク時代の動画がないかと探してみたところありましたので載せてみました↓

メス

2011年に、フランスのメスでプロデビューを果たしました。

その時の背番号は33番。

セネガルのジェネレーションフットからフランスへ渡り、プレーをしたので苦労したでしょう。

持ち前の明るさと技術の高さで乗り切ったと思われます。

メスは当時2部に所属だったようで、サディオ・マネのサッカーキャリアをスタートさせるのに良い環境であったかもしれませんね。

今や世界トップクラスのクラブに所属していることを考えると、シンデレラストーリーですね。

代表

 

この投稿をInstagramで見る

 

Pas mal dans l’ensemble !!! continuons notre progression! Allez les Lions 🦁Sénégal forever 💪

Sadio Mane(@sadiomaneofficiel)がシェアした投稿 –

代表での背番号は、9、10番。

現在は、背番号10を背負っています。サディオ・マネに似合っているので良いと思われます。

2012年の国際親善試合モロッコ戦で代表デビューを果たしました。

それ以降は代表の主力として活躍し、W杯ロシア大会に出場!

日本と対戦し、日本での知名度は上がったのではないでしょうか?

W杯ロシア大会では、グループステージ敗退になってしまいましたが、チームとしての力は、ベスト16に入るに値していたと思います。

次回のカタール大会では、ベスト16に入ることができるのか?楽しみですね。

まとめ

今回は、サディオ・マネのプレースタイルと歴代背番号について書いてみました。

脚の速さと頭の回転の速さを武器とし、活躍をしています。

現代サッカーに必要な能力を兼ね備えており、欠点もないので素晴らしいとしか言いようがないですね。

あとは、バロンドール受賞ができるのか?個人的に注目しています。

こちらの記事も読まれています↓

サディオ・マネの年俸は?高騰する移籍金、市場価値は?