サディオ・マネのプレースタイルの特徴は、2つのスピード?

2020年5月16日に追記しました。

クラブW杯で見事世界一の座に輝いたリバプール。

フィルミーノの決勝点をアシストとしたサディオ・マネ。

自分で打っても良かったのですが、逆サイドのフィルミーノにパスを出す辺りは抜け目がない。

裏への抜け出しで倒されて、PK獲得か?と思われたシーンですが、VARで取り消しになってしまいましたが、サディオ・マネの抜け出し方は上手かった。

スピードがあるので、捕まえるのが面倒です。

今シーズンは、UEFAチャンピオンズリーグと国内リーグを制覇できるのか?注目ですね!

※コロナウィルスの影響で、リーグ戦、UEFAチャンピオンズリーグの行方は不明です。

リバプールの左サイドと言えば、この人、サディオ・マネ

リバプールには、左にはサディオ・マネがいて、右にはモハメド・サラーといったスピードのあるウイングが両サイドにいるので、相手チームは、両サイドに大きなスペースを与えられませんね。

しかし、リバプールも良く両サイドにスピードのあるウイングを揃えましたね。クロップの要望なんでしょう。

今回は、リバプールの攻撃の要であるサディオ・マネのプレースタイルについて書いていこうと思います。

まずは、サディオ・マネのプロフィールから見て見ましょう。


サディオ・マネのプロフィール。

国籍:セネガル

生年月日:1992年4月10日(28歳)

出身地:セディウ

身長:175cm

体重:69kg

在籍チーム:リヴァプールFC

ポジション:FW

背番号:10

利き足:右足

2011-2012:メス

2012-2014:レッドブル・ザルツブルク

2014-2016:サウサンプトン

2016-:リヴァプール

サディオ・マネは、今では世界有数の選手ですが、スタートは衝撃的な話でした。

セネガルの首都ダカールにトライアルを受けに行った時、ボロボロの靴とシャツでウケに行ったようです。

「場違い」という見られ方をしたようですが、プレーで納得をさせたようです。

そこから、サディオ・マネのサッカー人生がスタートしたのです。

その後は、フランスのメスへ入団し、オーストリアのザルツブルクへ。

プレミアリーグのサウサンプトンから、リバプールと言った具合にステップアップしていきました。

今でも、チームプレーに徹している姿を見ていると、少年時代の経験が活きているのかなと思ってしまいます。

本当に、真摯にサッカーに取り組む姿勢は素晴らしいですよね?

是非、バロンドールを獲得してもらいたい選手の1人です!

では、サディオ・マネのプレースタイルは、どんな感じなのでしょうか?

サディオ・マネのプレースタイルの一番の特徴は、スピード!

先ほどは、サディオ・マネをウイングと書きましたが、1.5列目のようなポジションもこなします。

サディオ・マネは、攻撃的なポジションであればこなせるという情報がありますが、サディオ・マネが活きるのはサイドでしょうね。

攻撃的なスタイルのサッカーなら、どこでも大丈夫といった攻撃のスペシャリストですね。

リバプールでは、左サイドのポジションでプレーしています。

リバプールの攻撃的なスタイルの重要なピースですからね。

サディオ・マネのプレースタイルの最大の特徴であるスピードを活かせるのは、サイドしかないですからね。

もともと、身体能力が高く、生まれ持ったスピードは、天下一品ですね。

サディオ・マネに大きなスペースを与えたら、一気に突破されることでしょう。

カウンターの際には、相手にとって非常に怖い存在。自分たちが攻撃時でも、サディオ・マネを見てなければいけないでしょう。

瞬発力、加速力もあるためサディオ・マネの動き出しを予測して対応しないと厳しそうな感じですね。

スピードで一気に置いていかれそうです。というか置いていかれます。

また、相手のDFラインとの駆け引きも上手いので、ちょっと目を離した隙にやられてしまうこともあるそうですね。

逆サイドに、モハメド・サラーがいるのに両方を確認しながらのDFは辛いですね。

スピード勝負では分が悪いですから、ゾーンで守るよりかは、マンマークで行かないとだめでしょうね。

かといって、縦への突破を意識しすぎると、サディオ・マネがカットインをしてくるので厄介。

このあたりが、サディオ・マネのプレースタイルの一番の特徴になります。

ここで、サディオ・マネのプレースタイルがわかる動画を載せてみました。

シュート、ドリブル、パス、どれも高いレベルにあることがわかります。

これだけの選手をリバプールは手放すわけにはいかないでしょう。

移籍の話など噂も出ていますが、どうなるのか?動向に注目です。

こういう風に書いているとサディオ・マネのプレースタイルは、スピードだけの選手と思われそうですが、違うんですよね?

スピードがあるのは間違いないですが、サディオ・マネはボールコントロールの技術も優れています。

スピードもあり、ボールコントロールもできるプレースタイルなんて、万能型のFWとしか言えませんね。

ヘディング以外は、何でも出来そうなサディオ・マネ。攻撃面でのプレーは、もう世界トップレベルですね。

他には、プレースタイルの特徴はないのかというとありますので、続きを書いていきたいと思います。



簡単!無料会員登録はこちら

サディオ・マネは、別のところのスピードもある選手!

サディオ・マネの別のところのスピードも彼のプレースタイルの特徴なんですね。

頭の回転のスピードが速いんです。

ようは、判断のスピードが速いですね。だから、どのクラブに行っても順応できるんですね。

言ってみれば、サッカーIQが高いということ。

それに加えてプレーにもスピードがあるなんて、非の打ち所がないですね。

リバプールに移籍した際もクロップのサッカースタイルの理解のスピードが速く、リバプールのサッカースタイルに対応できたのでしょう。

自分のするべきこともすぐに理解して、プレーを繋げているんでしょうね。だから、周りとの連携も上手く行くんでしょう。

自分のスタイルを理解しつつ、周りのスタイルも理解して、スムーズにサッカーができるという点ですね。

後は、サディオ・マネの移籍の仕方も上手いなと思いました。先日書いたブログで、サディオ・マネの経歴を調べました。

ビッククラブからいきなりオファーが来なかったのかもしれませんが、出場できるクラブに移籍をして、段階を踏んで、ビッククラブに移籍するのも考えてやったのでしょうね。

当たり前と言えば当たり前ですが。ビッククラブからオファーが来て出場機会に恵まれず、レンタル移籍という選手が多いですからね。

サディオ・マネは、ビッククラブへの道のりを逆算して、経験値を積んできたのでしょうね。

そして、リバプールに移籍をし、一気に脚光を浴びることになりました。

※クロップのゲーゲンプレスを理解するスピードの速さに加えて、より確実なプレーを判断するスピードは素晴らしい。

サディオ・マネのプレースタイルは自分も活きて、味方も活かすのが特徴。

クロップが、サディオ・マネを手放さない姿勢と取る理由がわかりますね。

サディオ・マネは、リバプールに移籍して正解だった!

順調にステップアップしてきたサディオ・マネ。

サディオ・マネは、先ほど書きました二つのスピードを武器にここまで上り詰めてきました。

現在、所属するリバプールでは、サディオ・マネのプレースタイルに合ったクラブであると思いますね。

サディオ・マネの逆サイドにはバロンドール候補のモハメド・サラーもいて、両サイドにスピードにあるウイングがいることが良いですね。

サディオ・マネだけを押さえればいいのではなく、モハメド・サラーも見なくていかないので相手はやりづらいでしょうね。

二人ともにプレースタイルが似ていると言えば似ているので、両サイドからスピードに乗った突破をされたら、たまったものじゃないですよね?

クロップの取っているサッカースタイルにマッチした選手で、リバプールの今季のリーグ制覇のカギを握っていると言ってもいいでしょうね。

多くのサッカー関係者が、マンチェスター・Cの対抗馬として、リバプールを挙げてますから。

※2019-2020シーズンは、リバプールが独走!

マンチェスター・Cが失速したこともありますが、リバプールは強い。

今後、数年間は2強で争われることでしょう。

サディオ・マネとモハメド・サラーの両選手の活躍に今後も注目ですね!

※2018-2019年は、サディオ・マネ、モハメド・サラーは2人同時に得点王に輝きました。

まとめ。

今回は、サディオ・マネのプレースタイルの一番の持ち味であるスピードと頭の回転の速さについて書かせていただきました。

この二つのスピードがあるサディオ・マネを止めることは難しいですね。2つのスピードだけでなく技術もあるので。

スピードが特徴というプレースタイルを理解して挑んでも、頭の方のスピードも考えてプレーしないと、簡単にやられてしまいそうですね。

今後、サディオ・マネが、バロンドールを獲得できるのか?注目ですね。

※噂のレアル・マドリード行きになるのかにもです。

こちらの記事も読まれています↓

サディオ・マネの年俸は右肩上がり?リバプールでの年俸は?

ロベルト・フィルミーノのプレースタイルは、理想的なFW?

モハメド・サラーのプレースタイルは、リヴァプールにピッタリ?

トレント・アレクサンダー・アーノルドのプレースタイルは?特徴や弱点は?

ファン・ダイクのプレースタイルは、ほぼ完璧?弱点はないのか?

アリソンのプレースタイルの特徴は?リバプールの戦術にピッタリ!

マーカス・ラッシュフォードのプレースタイル、ポジションは?定位置は?