ジェイミー・ヴァーディのプレースタイルは?クラブ、代表での歴代背番号は?

2015-2016シーズンの「ミラクル・レスター」の立役者であるジェイミー・ヴァーディ選手。

衰え知らずで、今もコンスタントに得点を重ね続けています。

2019-2020シーズンには、プレミアリーグ得点王にも輝き、代表復帰の声が出てくるほど!

今回は、レスターを引っ張るジェイミー・ヴァーディ選手のポジション、プレースタイル、歴代背番号について書いていきたいと思います。


ジェイミー・ヴァーディのポジション、プレースタイルは?

ジェイミー・ヴァーディ選手のポジションはセンターフォワード。

試合の状況に応じて、ウイングのポジションに入ることもあります。

ウイングのポジションをやることは、ほぼなしと言っていいほどです。

スピードのある選手なので、ジェイミー・ヴァーディ選手がウイングのポジションでプレーするのも良いかもしれませんね。

ジェイミー・ヴァーディ選手のプレースタイルの特徴を上げると、

  • 裏へ抜ける技術
  • 精度の高いフィニッシュ
  • 守備への貢献度

が挙げられると思います。

それぞれ見ていきましょう。

裏へ抜ける技術

ジェイミー・ヴァーディ選手は裏へ抜ける技術が優れているFW。

年齢を重ね、スピードは衰えてきましたが、最終ラインとの駆け引きは凄く上手いですね。

特に、カウンター時に見せるDFの裏を取る動きは絶妙です。

精度の高いフィニッシュ

ジェイミー・ヴァーディ選手は制度の高いフィニッシュで得点を量産しています。

裏を取る動きとポジショニングに優れているので、ワンタッチゴールで得点を量産していますね。

ワンタッチゴールだけでなく、多くの得点パターンを持っているのも強みです。

ベテランならではの落ち着いたゴールは流石!

守備への貢献度

ジェイミー・ヴァーディ選手は守備でもチームに貢献しています。

ファーストディフェンダーとして相手DFにプレッシャーをかけ続けてくれます。

守るほうからすれば、前線からあれだけプレッシャーをかけてくれる選手がいると助かりますよね?

しかも、運動量豊富なので相手選手が嫌がるまでやってくれます!

攻守にわたり、レスターを支えるジェイミー・ヴァーディ選手。

今後も長く、レスターで活躍し続けてほしいものです。

ジェイミー・ヴァーディのクラブ、代表での歴代背番号は?

ジェイミー・ヴァーディ選手のクラブ、代表での歴代背番号について見ていきたいと思います。

ストックスブリッジ・パーク・スティールズ

シェフィールド・ウェンズデイから背が低いことを理由に放出され、ストックスブリッジ・パーク・スティールズに入団。

ストックスブリッジ・パーク・スティールズでの背番号は11番だったようです。

こちらの動画で確認できます↓

ジェイミー・ヴァーディ選手の活躍は多くのクラブが関心を示しました。

2009年にクルー・アレクサンドラのトライアルを受けたようですが、ダメだったようです。

ハリファクス・タウン

2010年6月に加入をしました。

ハリファクス・タウンでの背番号は7番だったようです。

証拠画像を載せてみました↓

ジェイミー・ヴァーディ選手は27得点を挙げ、チーム得点王に輝き、クラブの年間最優秀選手を受賞しました。

フリートウッド・タウン

2011年8月にフリートウッド・タウンに加入したジェイミー・ヴァーディ選手の背番号は33。

フリートウッド・タウンは、カンファレンス・プレミア(5部にあたる)に所属していました。

ジェイミー・ヴァーディ選手加入後、チームは好調を維持し、観客動員数も大幅にアップしたようですね。

チームを優勝に導き、イングリッシュ・フットボールリーグ(旧フットボールリーグ)昇格に大きく貢献しました。

フリートウッド・タウンでの成績は、

  • 2011-2012:公式戦40試合34得点17アシスト

個人タイトルは、

  • カンファレンス・プレミア月間最優秀選手:2011年11月
  • カンファレンス・プレミア得点王:2011-12

レスター

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jamie Vardy(@vardy7)がシェアした投稿

2012年5月にレスターに移籍してから、ずっと背番号9でプレーをし続けています。

レスターの背番号9=ジェイミー・ヴァーディ選手となっていますね。

レスターでの成績は、

  • 2012-2013:公式戦29試合5得点4アシスト
  • 2013-2014:公式戦41試合16得点11アシスト
  • 2014-2015:公式戦36試合5得点10アシスト
  • 2015-2016:公式戦38試合24得点8アシスト
  • 2016-2017:公式戦48試合16得点7アシスト
  • 2017-2018:公式戦42試合23得点1アシスト
  • 2018-2019:公式戦36試合18得点4アシスト
  • 2019-2020:公式戦40試合23得点7アシスト

個人タイトルは、

  • レスター・シティ年間最優秀選手(選手間投票による):2013-14, 2019-20
  • レスター・シティ年間最優秀選手 2019-20
  • プレミアリーグ月間最優秀選手:2015年10月、2015年11月、2019年4月、2019年10月
  • プレミアリーグ最優秀選手賞:2015-16
  • PFA年間ベストイレブン:1回(2016年)
  • FWA年間最優秀選手賞:2015-16
  • プレミアリーグ得点王:1回(2019-20)

イングランド代表

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jamie Vardy(@vardy7)がシェアした投稿

ジェイミー・ヴァーディ選手のイングランド代表での背番号一覧です↓

シーズン背番号
2014-20159、17、19、21
2015-201611
2016-201719、21
2017-201811

ジェイミー・ヴァーディ選手は、UEFA EURO 2016予選スロベニア戦でイングランド代表初召集!

6月7日に行われたアイルランド戦で代表デビューを飾りました。

2016年のUEFA EURO 2016本大会、2018年のロシアW杯に出場し、W杯終了後、イングランド代表を引退しました。

イングランド代表での通算成績は27試合に出場し、7得点2アシスト。

ジェイミー・ヴァーディ選手の代表復帰を望む声もあり、復帰するのか?楽しみです。

※おそらく、復帰はしないでしょう。

まとめ

今回は、ジェイミー・ヴァーディのポジション、プレースタイル、歴代背番号について書いてみました。

プレースタイルは大きくは変わっていないことが凄いですよね?

スピードは衰えたものの、裏への飛び出しや得点力でまだまだやれそうです。

再び、レスターにタイトルをもたらすことができるのか?楽しみです。

こちらの記事も読まれています↓

ヴァーディと岡崎は仲が良い?ピッチ内外では?