スアレスとカバーニの仲良しなのか?それを裏付ける証拠を集めてみた!

ウルグアイのサルトで生まれたスアレス選手とカバーニ選手。

「世界最強の2トップ」と謳われるウルグアイ代表の同級生コンビ!

二人のスタイルは対照的でありながら補完し合っていますよね?

上手くやっている2人ですが、気になるのは2人の仲!

スアレス選手とカバーニ選手、2人の仲は良いのでしょうか?

そこで今回は、スアレス選手とカバーニ選手は仲が良いのか?について書いていきたいと思います。


スアレスとカバーニは仲良し?証拠を集めてみた!

Luis Suárez,Cavani

参照:Twitter

「世界最強の2トップ」と評価されるスアレス選手とカバーニ選手の仲は良いのでしょうか?

スアレス選手とカバーニ選手の仲は良いと思われます。

なぜ?そんなことが言えるのか?

いくつか証拠を見ていきたいと思います。

あるインタビューでのカバーニの発言

あるインタビューでカバーニ選手がスアレス選手に対して、こんな発言をしていました↓

“My relationship with Luis? We come from the same place but we have taken different paths to get to where we are,” Cavani told reporters at a pre-match press conference, as quoted by goal.com.

(「僕とルイスの関係?僕たちは同じ場所から来たけど、今の場所にたどり着くまでに違う道を歩んできたんだ」とカバーニは試合前の記者会見で語り、goal.comから引用された。)

“He left Salto [in Uruguay] when he was young and I stayed there for longer.”

(「彼は若い時にサルト(ウルグアイ)を出て、僕はもっと長くそこにいた。」)

“What we have in common is the national team. We are friends and the Celeste is a real family. I have spoken with Luis and we want to represent our country and our city in the best possible way.

(「僕らの共通点は代表チームだ。私たちは友人であり、本当の家族だ。ルイスと話したが、僕たちは可能な限り最高の形で国や街を代表したいんだ。」)

“Am I better than him? We are different. Luis is very physical – it is impressive – and he uses his body a lot. I am less physical than him.”

(「僕は彼より優れているのか?僕たちは違うんだ。ルイスはとてもフィジカルで、印象的だ。僕は彼よりもフィジカルが弱いんだ”」)

引用:Edinson Cavani v Luis Suarez: ‘Same place, different paths’ – Eurosport

翻訳:DeepL翻訳:世界一高精度な翻訳ツール

カバーニ選手は、スアレス選手を友人であり、家族と言っていますね。

自信をもっていっているので仲は良いと思われます。

最後にある”ルイスはとてもフィジカルで、印象的だ。僕は彼よりもフィジカルが弱いんだ”は気になりますね。

スアレス選手がフィジカル強いのはわかりますが、カバーニ選手も負けていないと思います。

相手をたたえての発言だと思われますが。

スアレス選手のTwitterの投稿

カバーニ選手が、SNSで人種差別的発言をしてしまった時のこと。

自信の活躍で勝利した試合後、SNSに寄せられたファンからの祝福に対し、「グラシアスネグリート(小さな黒人の意)!」と返答してしまいました・・・。

すぐに、投稿を削除しましたが、FA(イングランドサッカー協会)からは、3試合の出場停止処分と10万ポンド(約1400万円)の罰金が科されることに。

「侮辱的、罵倒的、不適切」であり、また、「明示あるいは黙示を問わず、肌の色や人種、民族的な由来への言及を含んでいる」

ということから処分されたようですね。

しかし、ウルグアイサッカー協会は、南米の国の文化や生活様式を理解せず、人種差別を行ったとしてイングランドサッカー協会を非難。

引用:ウルグアイFPAは、マン・ウットのスター、カバーニを禁止した「差別的」としてFAを非難し、3試合の出場停止を要求 (thesun.ie)

声明文の内容としては、こんな感じです↓

「エディンソン・カバーニは人種差別的と解釈できるような行為をしたことは一度もない。彼は単にラテンアメリカで一般的な表現を使って、愛する人や親しい友人に愛情を込めて語りかけました。人生で有効な解釈を得る唯一の方法は、イングランドサッカー協会の監督の心の中にあるものであると主張することは、実際には真の差別的行為であり、完全に非難されるべきであり、ウルグアイの文化に反しています。

「したがって、私たちはエディンソン・カバーニの非の打ちどころのない性格、そしてもちろん私たちの国の文化を公に擁護したいと思います。私たちはいかなる種類の差別にも反対します。しかし残念なことに、その制裁を通じて、英国サッカー協会は、その複数性を尊重し、誤って、一方的に、厳格に反人種差別ルールを課すことによって、世界の多文化ビジョンに対する絶対的な無知と軽蔑を表明しています。

「それは一人の人間を罰しただけでなく、私たちの文化全体、私たちの生き方も罰しましたが、これは本当に差別的で人種差別的な行為です。

「最後に、我々はイングランドサッカー協会に対し、これらの問題に関連する意思決定プロセスを直ちに見直し、二度と同様の不正を犯さないよう要請する。その規制は、複数の人々の生活様式と文化を考慮に入れるべきです。人種差別と戦うための最初のルールは、そのような異なる生活様式と文化を尊重することです。

「上記により、我々はFAに対し、エディンソン・カバーニに課せられた制裁を直ちに覆し、この忌まわしい決定によって不当に傷つけられた世界での彼の名声と名誉を復活させるよう要請する。

引用:ルイス・スアレス、ディエゴ・ゴディンがウルグアイで「非難すべき」エディンソン・カバーニ・バンを覆すよう呼びかける (outlookindia.com)

この声明文を見たスアレス選手は、Twitterで反応しました↓

スアレス選手自身、人種差別発言でペナルティを食らったことがありましたからね。

どうしても反応してしまうでしょう。

まとめ

今回は、スアレス選手とカバーニ選手の仲良しなのか?について書いてみました。

スアレス選手とカバーニ選手の仲は良さそうですね。

仲が良いからこそ、あれだけ素晴らしいコンビネーションができるのでしょう。

ワールドカップカタール大会が最後の大会になる可能性が高い2人。

最高のパフォーマンスを見せてほしいものです。

Luis Suárez

スアレスがエブラと握手を拒否した理由は?遺恨があったから?

2022.02.20