タミー・アブラハムのプレースタイルは?歴代背番号は?

チェルシーの下部組織で育ち、2019-2020シーズンにトップチームに定着した、タミー・アブラハム。

2019年は補強ができない状況のチームで実力を発揮し、今ではチェルシーの貴重な戦力として活躍中。

今回は、タミー・アブラハムのポジション、プレースタイルについて書いていきたいと思います。

※クラブ、代表での歴代背番号について追記しました。


タミー・アブラハムのポジションは?プレースタイルは?

タミー・アブラハムのポジションは、センターフォワードです。

左右のウイングもこなしますが、プレースタイルを考えれば、センターフォワードが適しているでしょう。

タミー・アブラハムのプレースタイルの特徴は、

・DFの裏を取る動き

・巧みなポストプレー

・得点パターンの豊富さ

は挙げられると思われます。

DFの裏を取る動き

タミー・アブラハムは、DFの裏を取る動きが素晴らしいですね。

DFの死角に入りながら、GKとDFの間に入る動きは厄介!

そして、パスが来ると思えば、一瞬で振り切るので捕まえられません。

スピードがあり、長身なので味方もボールを出しやすいことが大きいと思われます。

あとは、チェルシーの中盤の選手は、素晴らしいパスを供給してくれることも大きいでしょうね。

タミー・アブラハムのDFの裏を上手く取り、ゴールを決めるシーンです↓

巧みなポストプレー

タミー・アブラハムは中盤まで下りてきて、ポストプレーもこなしてくれます。

後方からのロングボールを長身を生かしたポストプレーで落とし、チェルシー自慢の中盤の選手に預けます。

ヴェルナー、プリシッチ、メイソン・マウント、ハフェルツがいるので、そこからの展開は恐ろしいですね。

得点パターンの豊富さ

タミー・アブラハムの得点シーンを見ると、多くのパターンがあります。

チェルシー待望のストライカーと言われるだけあり、どこでも点が取れる感じです。

フィジカルも強く、足元も上手いので、ちょっとやそっとでは止められない。

地上、空中、どちらでも点を取れるのは、タミー・アブラハムの強みでしょうね!

タミー・アブラハムの得点パターンが豊富さがわかる動画を載せてみました↓

伸びしろもあるので、どこまで成長していくのか?楽しみであります。

クラブ、代表での歴代背番号は?

チェルシーの下部組織で育ちましたが、レンタル移籍で違うクラブにも在籍していました。

チェルシーでトップチーム昇格後から今まで背負ってきた背番号について見ていきたいと思います。

参考サイト:https://www.transfermarkt.com/tammy-abraham/rueckennummern/spieler/331726

チェルシー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Next round 💪🏾 ⚽️+🅰️🅰️ @kaihavertz29 congrats on the hat trick bro! 💙🤝

Tammy Abraham(@tammyabraham)がシェアした投稿 –

現在は、背番号9を背負って、プレーをしています。

チェルシーで背負ってきた背番号は、

2015-201542
2018-201919
2019-20209

下部組織から昇格後は、大きい番号でしたね。

2019-2020シーズンから背番号9を与えられ、プレーをしていますが、タイミングが良かった。

補強禁止とランパードが監督就任で、タミー・アブラハムはラッキーであったと思います。

若手の起用に積極的となり、タミー・アブラハムにチャンスが巡ってきたわけですので。

例年のチェルシーであれば、出番は限られていたことでしょう!

修業から帰ってきた、タミー・アブラハムは恐ろしく成長をしていました。

チェルシーでの成績は、

  • 2015-2016:公式戦2試合0得点0アシスト
  • 2019-2020:公式戦47試合18得点6アシスト

ブリストル・シティFC

2016年の夏にレンタル移籍で加入。

背番号は9番。

2部でのプレーでしたが、タミー・アブラハムにとっては良い経験であったと思われます。

試合に出られることは、若い選手にとって非常に大切なことですからね!

ブリストル・シティFCでの成績は、

  • 2016-2017:公式戦48試合26得点4アシスト

ブリストル・シティFC時代に決めたオシャレな得点です↓

スウォンジー・シティAFC

2017年の夏に市場でレンタル移籍。

このクラブでの背番号は10番!タミー・アブラハムが10番は意外でした。

プレミアリーグに戻ってきたわけですが、まずまずの成績であったと思われます。

流石に、2部のようにはいきませんね。

スウォンジー・シティAFCでの成績は、

  • 2017-2018:公式戦39試合8得点5アシスト

スウォンジー・シティAFC時代の映像です↓

アストン・ヴィラFC

2018年に、アストン・ヴィラFCにレンタル移籍。再び、2部でのプレーとなりました。

この時の背番号は18番。

プレミアリーグを経験して、一回り成長したタミー・アブラハムには、2部リーグでは物足りなかったのかもしれません。

リーグ戦では2位タイとなる25得点を挙げ、ベストイレブンにも選出されました!

アストン・ヴィラFCでの成績は、

  • 2018-2019:公式戦40試合26得点3アシスト

2部にいるような選手ではないことを証明し、チェルシー復帰となりました。

アストン・ヴィラFC

代表

 

この投稿をInstagramで見る

 

South east London boys to Wembley @sanchooo10 🤩❤️ 1st one in the shirt tonight ⚽️🙏🏾 what a way to celebrate @england 1000th game! 🦁

Tammy Abraham(@tammyabraham)がシェアした投稿 –

タミー・アブラハムの代表での背番号は、19、22、23を背負っていたようです。

父親がナイジェリアの方なので、ナイジェリア代表を選ぶこともできました。

タミー・アブラハムは、イングランド代表を選択し、育成年代からイングランド代表として活躍。

※ナイジェリア代表入りを示唆していたこともありました。

2017年の親善試合ドイツ戦で代表デビューを果たし、2019年に代表復帰。

現在もイングランド代表メンバーとして活躍をしています。

代表での出場試合数は、まだまだなので増やしていきたいところ。

しかし、イングランド代表はメンバーが凄すぎるので出番が限られてきます。

少ないチャンスをものにし、存在感をアピールしてほしいですね!

タミー・アブラハムのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Time to end it off right 🤟🏾🙏🏾

Tammy Abraham(@tammyabraham)がシェアした投稿 –

生年月日:1997.10.02
身長:191cm
体重:87kg
出身地:ロンドン(イングランド)
利き足:右足

引用:https://www.soccer-king.jp/player/article/632845.html

2004年から下部組織に入団し、数少ない下部組織出身の選手。

しかも、チェルシーのスタメンとして活躍しているのは、ごくまれなこと。

チェルシーの宝と言っても良いぐらいですね。下部組織出身の選手が頑張ってくれるとクラブとしても嬉しいことでしょう。

大金で有名選手を連れてくるチェルシーの中で生き残ることができるのか?

タミー・アブラハムの活躍に注目しましょう。

※もしかしたら、誰もが羨むクラブに引き抜かれるかもしれませんね。

まとめ。

今回は、タミー・アブラハムのポジション、プレースタイル、歴代背番号について書いてみました。

万能型の選手と言う言葉が似合いあいます。現代サッカーに適した素晴らしい選手でありますね。

伸びしろも大きく、今後、どのくらい成長するのか?楽しみな存在!

代表では厳しいポジション争いがありますが、少ないチャンスをものにし、定位置を確保できるようになってほしいものです。

こちらの記事も読まれています↓

ジルーのプレースタイルの特徴は?弱点は?