トレント・アレクサンダー・アーノルドのプレースタイルは?特徴や弱点は?

昨シーズンのUEFAチャンピオンズリーグで時の人となったトレント・アレクサンダー・アーノルド

準決勝のバルセロナ戦で、コーナーキックを獲得し、ボールをセットした瞬間、バルセロナDF陣が油断している隙を見逃さず蹴り入れる。

トレント・アレクサンダー・アーノルドの機転の利いたプレーが決勝点を呼び込み、決勝に進出。

さらに、UEFAチャンピオンズリーグ優勝に大きく貢献しましたね。

イングランド期待の若手として注目を集めるトレント・アレクサンダー・アーノルドについて書いていきたいと思います。

まずは、トレント・アレクサンダー・アーノルドのプロフィールについて書いていきます。


トレント・アレクサンダー・アーノルドのプロフィール。

国籍:イングランド

生年月日:1998年10月7日

出身地:リヴァプール

身長:180cm

体重:69kg

在籍チーム:リヴァプールFC

ポジション:DF

背番号:66

利き足:右足

トレント・アレクサンダー・アーノルドは、6歳からリバプールに在籍。

根っからのリバプールっ子。きっと、リバプールの伝説を色々と知っているのでしょうね。

トレント・アレクサンダー・アーノルドも伝説を作りましたが、今シーズンはリーグ戦のタイトルも欲しいところ。

2016年にトップチームデビューしてから、徐々に出場機会を増やし、2018-2019シーズンはレギュラーとして活躍。

アンダー世代からイングランド代表として活躍しており、W杯ロシア大会ではメンバーに選ばれ、グループステージのベルギー戦に出場。

私もW杯ロシア大会の注目の若手として見ていましたが、中々出番がなく残念でした。嘘ではないですよ!

こちらの記事に書きました→サッカーワールドカップで、ブレイクしそうな注目の若手5人の凄さとは?

リバプールで大きな経験をし、イングランド代表でも結果を残してくれる選手であると思われます。

では、トレント・アレクサンダー・アーノルドのポジションとプレースタイルについて書いていきたいと思います。

どこのポジションで、どんなプレースタイルをする選手なのでしょうか?

トレント・アレクサンダー・アーノルドのポジションやプレースタイルは?

トレント・アレクサンダー・アーノルドのポジションは、右サイドバックです。

ポジションは、右サイドなくということは守備だけでなく、攻撃も素晴らしいのでしょう!

元々、攻撃的なポジションをしていた選手なので、攻撃には自信があるのでしょうね。

そんな、トレント・アレクサンダー・アーノルドのプレースタイルは、どのような感じなのでしょうか?

トレント・アレクサンダー・アーノルドのプレースタイルがわかる動画を見てみたいと思います。

トレント・アレクサンダー・アーノルドのプレースタイルの動画をご覧いただけたでしょうか?

ポジションは右サイドバックですが、結構、攻撃的な選手ですね。

トレント・アレクサンダー・アーノルドのプレースタイルを見ていると、キックに自信があるように思えます。

特に、クロスボールの質は高いと思いますね。

GKとDFの間に入れてくるクロスは嫌ですね。相手は守りにくいですし、味方は触るだけで、ゴールに結びつきます。

悪魔のようなクロスを入れられるのが、トレント・アレクサンダー・アーノルドのプレースタイルの特徴であると思います。

縦へのドリブル突破も仕掛けられますし、意外と足元も上手いので、現代的なサイドバックの選手であると思われます。

後、ビックリしたのが、フリーキックも蹴られるということ。右サイドバックのポジションの選手がフリーキックを蹴るのは珍しいですしね。

ゴールまでの距離があればわかりますが、ゴール前でのフリーキックはビックリします!

トレント・アレクサンダー・アーノルドは本当にキックの精度が素晴らしいのでしょう。

ミドルシュートも果敢に狙っているようですし、ポジションがどこの選手かわからないぐらい。

先ほども書きましたが、トレント・アレクサンダー・アーノルドは攻撃的なポジションをしていたので、こういったプレースタイルが特徴なのです。

トレント・アレクサンダー・アーノルドが果敢に攻め上がれるのも、今ではファン・ダイクがいるから安心して上がれると思われます。

ファン・ダイクのおかげで、トレント・アレクサンダー・アーノルドのプレースタイルが活きてくるのでしょう。

これくらい、攻撃力があれば、サイドバックのポジションでなくても行けそうな感じがします。

リバプール、イングランド代表の次世代を担う存在であるトレント・アレクサンダー・アーノルドには注目した方が良さそうですね!

ただ、トレント・アレクサンダー・アーノルドにも弱点はあります。

攻撃的なポジションからコンバートされた選手なので、守備に問題を抱えています。

しかし、守備的なポジションの選手に攻撃を求めるよりか、攻撃的なポジションの選手を守備にした方が効率が良いですからね。

割と、守備は決まりごとが多いので、トレント・アレクサンダー・アーノルドが経験を積んでいくうちに解決できることでしょう。

トレント・アレクサンダー・アーノルドの攻撃的なプレースタイルはセンスがなければできないので。

日本では、内田篤人がそうであったように、攻撃的なポジションからサイドバックにコンバートはありますからね。

守備で不安を抱えていましたが、経験を積むことで守備への不安もなくなりました。

トレント・アレクサンダー・アーノルドもそうなるのではないかと思います。

今後、トレント・アレクサンダー・アーノルドが、ドンア成長を見せてくれるのかが楽しみですね!

まとめ。

今回は、期待の若手トレント・アレクサンダー・アーノルドのポジションとプレースタイルについて書いてみました。

攻撃的なポジションからコンバートされただけあり、攻撃力は素晴らしいですね。

プレースタイルを見てみると、守備的なポジションをずっとやっていたわけではないということがわかります。

右サイドバックのポジションなので裏を取られやすいですが、持ち前の攻撃力でカバーしていますし、ファン・ダイクがカバーしてくれるのが大きいです。

まだ、若手なので許されると思いますが、徐々に守備力を身に付けていかなければなりません。

リバプールに所属しているので、多くの試合を経験することができます。

その中で、トレント・アレクサンダー・アーノルドが、どんな成長をしていくのかが楽しみですね!

リバプールの右サイドバックに注目しましょう。

こちらの記事も読まれています↓

ジョアン・フェリックスのプレースタイルやポジションは?特徴や弱点は?

冨安健洋のポジションとプレースタイルは?特徴や弱点は?

中山雄太のポジションやプレースタイルは?弱点は、どこなの?

安部裕葵のプレースタイルとポジションは?適性ポジションはどこ?

杉岡大暉のポジション、プレースタイルとは?特徴と弱点とは?