ニコロ・ザニオーロとは何者?どんな、プレースタイルなのか?

ローマの象徴になりたいと言っている、ニコロ・ザニオーロ

もうなっていると思えますが。結果を出してなりたいということなのでしょう。

できる限りこのクラブにいたいんだ。すべてがローマにあるし、この街に恋をしているよ。

とコメントしているように、ローマにすべてを捧げるような感じですね。

トッティに憧れを抱く、ニコロ・ザニオーロ。憧れのトッティに近づけるか?注目ですね。

今回は、トッティに憧れるニコロ・ザニオーロのプレースタイルについて書いていきたいと思います。

まずは、ニコロ・ザニオーロのプロフィールから見ていきましょう。


ニコロ・ザニオーロのプロフィールとは?

国籍:イタリア

生年月日:1999年7月2日

出身地:マッサ

身長:193cm

在籍チーム:ASローマ

ポジション:MF

背番号:22

2016-2017:ヴィルトゥス・エンテッラ

2017-2018:インテル・ミラノ

2018-:ASローマ

ニコロ・ザニオーロは、2006年からジェノアの下部組織に所属。

2010年まで過ごしましたが、フィオレンティーナへ移籍。5年ぐらい下部組織で過ごし、216-2017シーズンには、トップチームに招集される。

当時、セリエBに所属していたフィオレンティーナで7試合に出場。セリエBといえど、レベルの高い場所でプレーできたことは大きいでしょう。

そんなニコロ・ザニオーロに目を付けたのが、インテル。

2017-2018シーズンから加入し、下部組織で結果を残しました。

結果が認められ、トップチームのベンチ入りもできましたが、出場することはできず。

2018-2019シーズンに、ローマへ移籍をし、移籍初年度から27試合に出場!

チャンピオンズリーグのポルト戦では2得点(ドッピエッタ)を記録し、注目を集めました。

若くして、A代表にも選出され、今後のイタリア代表を背負う選手として期待をされています。

今後、どんな成長を見せてくれるのか?非常に楽しみな存在です。

今注目を集めている、ニコロ・ザニオーロですが、どんなプレースタイルなのでしょうか?

ニコロ・ザニオーロのプレースタイルは?ポジションは?

ニコロ・ザニオーロのポジションから書いていきます。

ポジションは、中盤。

ローマのフォーメーションが、4-2-3-1で、「3」の右サイドのポジションを務めています。

3-4-2-1の時は、「2」のところ。インサイドハーフのポジションです。

左利きの選手なので、右サイドのポジションの方が良いでしょう。

カットインからのシュートも期待できますし、サイドでボールを持った時に様々な選択肢ができるので。

ニコロ・ザニオーロは、どんなプレースタイルなのでしょうか?

やはり、目立つのが、キックの精度!

左足から放たれるボールは味方にとってありがたいボール。

本当に、柔らかく、優しいクロスがきます。動画を載せるので、確認していただけるとありがたいです。

カットインからのシュートも魅力的。コントロールを利かせたシュートだけでなく、力強いシュートも持ち合わせています。

ニコロ・ザニオーロは、ゴールに飛び込んでも来るので、相手DFは見失わないようにしないとやられますね。

結構、得点力もある選手なので。

技巧派の雰囲気が漂う、ニコロ・ザニオーロですが、意外とDFを背負ってのプレーも得意としています。

見た目は細そうなイメージがありますが、身長193cmに加え、フィジカルが強い。

体幹が、しっかりしているのでしょうね。

セリエAの屈強なDFに対して負けていません。

動画の中であるのですが、胸で落としてアシストを決めたシーンもあります。

足元も上手く、身長もあるので、前線の起点としての役割も果たしてくれます。

相手を背負いながら、ターンをして、ドリブル突破を仕掛ける場面もあります。

インテルのラウタロ・マルティネスと似たような感じのプレースタイルです。

最近の若い選手のプレースタイルの特徴なのでしょうかね?

ニコロ・ザニオーロとラウタロ・マルティネスは比較されるようになりそうですね。

ニコロ・ザニオーロの攻撃面ばかり書いてしまいましたが、守備面でも貢献してくれています。

ウイング、サイドハーフのポジションの選手なので走力はありますし、フィジカルを活かしたプレーでボール奪取をしてくれます。

体の入れ方が上手く、割と綺麗にボールを奪ってくれます。

ニコロ・ザニオーロが前線で奪ってくれるので、ショートカウンターを仕掛けやすいメリットもあります。

攻守にわたり、ローマを支えているニコロ・ザニオーロ。

今後、どれだけの選手になれるのか?楽しみなところ。

憧れのトッティのように、ローマの象徴になれるのか?見守っていきましょう!

ニコロ・ザニオーロのプレースタイルの動画を載せてみました。

惚れ惚れするプレーが満載です。意外と、憎たらしいプレーもあります。

すでに、ローマの象徴になっていますが、ニコロ・ザニオーロは、そうは思っていないようです。

こういった謙虚な姿勢が素晴らしい!

ニコロ・ザニオーロのような姿勢を持った選手が、ローマを引っ張ることを多くの方がの像んでいることでしょう。

最後に、ニコロ・ザニオーロが、トッティが背負った背番号10への想いについて書いてみたいと思います。

ニコロ・ザニオーロの背番号10への想いは?

トッティに憧れを抱き、ローマファンも背番号10を期待していると思われます。

そんな中、ニコロ・ザニオーロは、背番号10について、どう思っているのでしょうか?

とあるインタビューで答えていました。

「そんなことは考えてもいない。僕は自分の番号をつけ続けたい。これが僕からカピターノ(イタリア語でキャプテンの意味)に対するリスペクトの形なんだ。『シー(はい)』なんて言うつもりもない」

トッティへの敬意を払ったのでしょうね。

背番号10を背負わずとも、ローマを引っ張る存在になってくれることでしょう。

2000-2001シーズン以来のセリエA優勝に向けて、ニコロ・ザニオーロの活躍は不可欠。

今後のニコロ・ザニオーロとローマの成績に注目していきましょう。

※ニコロ・ザニオーロの憧れは、トッティですが、アイドルは違うようです。

カカとロナウジーニョとのこと。

カカは同じポジションで参考にしていて、ロナウジーニョは、プレーを見て楽しんでいたそうです。

まとめ。

今回は、ニコロ・ザニオーロのプレースタイルについて書いてみました。

ローマだけでなく、イタリア代表をけん引する存在になってくれることと信じています。

ローマは、チャンピオンズリーグ出場権ギリギリの辺りを推移していますが、トップ3に入っているべきクラブ。

ニコロ・ザッケローニを中心に、王者ユベントスを慌てさせてほしいですね。

それができるクラブであると思いますので、来シーズン以降、期待しています。

こちらの記事も読まれています↓

ロレンツォ・インシーニェとは何者?プレースタイルは?

ラウタロ・マルティネスのプレースタイルは?ポジションは?

ステファノ・センシとは何者?プレースタイルの特徴は?

ジョルジーニョのポジションは?プレースタイルの特徴と弱点は?

モイーズ・キーンのプレースタイルの特徴は?弱点は、ドコ?