ハリー・ケインのプレースタイル、ポジションは?凄さは、ドコ?

トッテナム、イングランド代表で活躍するハリー・ケイン選手。

2021年夏に移籍の噂が出ていましたが、トッテナムに残留し、大きな話題となりましたね。

どこのチームからも欲しがられるハリー・ケイン選手ですが、どんなプレースタイルが持ち味なのでしょうか?

また、メインポジションはドコなのでしょうか?

今回は、ハリー・ケイン選手のプレースタイル、ポジションについて書いてみました。

参考サイト:Harry Kane – Player profile 21/22 | Transfermarkt


ハリー・ケインのプレースタイル、ポジションは?

 

View this post on Instagram

 

Harry Kane(@harrykane)がシェアした投稿

ハリー・ケイン選手のポジションは、センターフォワードです。

そのほかには、セカンドストライカー、左ウイング、攻撃的ミッドフィルダーのポジションでプレーしたこともあります。

攻撃的なポジションであれば、どこでもこなせそうな感じがしますね。

そんなハリー・ケイン選手のプレースタイルはどんな持ち味なのでしょうか?

ハリー・ケイン選手のプレースタイルの特徴を挙げると、

  • シュートの精度と高い決定力
  • 味方を活かすプレー
  • 献身的な守備

が挙げられると思います。

シュートの精度と高い決定力

ハリー・ケイン選手はシュートの精度、高い決定力がウリの選手!

両足から繰り出される精度の高いシュートで相手ゴールを脅かしますね。

決定力も高く、トッテナム復帰後は毎シーズン大量得点を挙げています↓

  • 2014-2015:公式戦51試合31得点6アシスト
  • 2015-2016:公式戦50試合28得点2アシスト
  • 2016-2017:公式戦38試合35得点7アシスト
  • 2017-2018:公式戦48試合41得点5アシスト
  • 2018-2019:公式戦40試合24得点6アシスト
  • 2019-2020:公式戦34試合24得点2アシスト
  • 2020-2021:公式戦49試合33得点17アシスト

毎シーズン、これだけの得点を散り続けられることが凄すぎますよね?

ペナルティエリア内だけでなくエリア外からも得点でき、ゴール前ではフリーにさせたくない選手。

特に、ミドルレンジからボールの芯をとらえたシュートを得意としており、ミドルシュートで得点を量産しています。

※左サイドから巻いたシュートは美しく、ゴールキーパーが取れないコースに打ち込んできます。

得点パターンも多く、簡単には止められないので対峙するディフェンダーは頭を悩ますことでしょう。

ハリー・ケイン選手のゴールシーンです↓

味方を活かすプレー

ハリー・ケイン選手は得点だけでなく、味方を活かすプレーも得意としています。

身長188cm、体重86kgの大きな体を活かし、前線でボールキープしてくれますね。

相手をブロックし、味方選手が上がってきてくれる時間を作ってくれます。

ボールを奪われる可能性が低く、味方選手は安心してボールを預けられますね!

ハリー・ケイン選手の絶妙なアシストシーンです↓

ストライカーとは思えないほど素晴らしいパスを供給してくれますね。

※中盤のポジションまで下がってきて、ゲームの組み立てにも参加しています。

献身的な守備

ハリー・ケイン選手は、献身的な守備で味方を助けてくれます。

ファーストディフェンダーとして、前線からプレスをかけ続けてくれますよね?

パスコースを切ってくれるので、後ろの選手にとってありがたいことです。

現代のストライカーに求められているプレーをすべてこなせると言っても過言ではないでしょう!

ハリー・ケインの弱点は?

 

View this post on Instagram

 

Harry Kane(@harrykane)がシェアした投稿

ハリー・ケイン選手のプレースタイルに文句をつける人はいないと思いますが、ある部分が弱点と指摘されています。

それは、スピードです。

多くのジャーナリストさんたちは、スピードを挙げていました。

あるジャーナリストさんの話では、

「もしケインの弱点を探すなら、彼はオバメヤンのように速くない。ただ、ケインはオバメヤンにはない引き出しがある。仮にケインにスピードがあれば、彼がどのクラブにいたのか分からないね。たぶん今の時点でトッテナムではプレイしていないだろうね」

引用:https://www.theworldmagazine.jp/20180119/01world/england/193890

強いて挙げるならといった感じですね。

ハリー・ケイン選手を見ると、そんなに遅くないので弱点とまでは言えないと思われます。

オーバメヤン選手やモハメド・サラー選手のような快速でなくても、プレミアリーグで十分やれています。

ハリー・ケイン選手にスピードまで備わっていたら、誰も手に負えなくなってしまいますね。

ハリー・ケインの経歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

A point but still below the standards we set ourselves. Got to stick together to improve this run of results.

Harry Kane(@harrykane)がシェアした投稿 –

本名:ハリー・エドワード・ケイン

愛称:The hurricane

国籍:イングランド

生年月日:1993年7月28日

出身地:ロンドン ウォルサム・フォレスト区

身長:188cm

体重:86kg

在籍チーム:トッテナム・ホットスパーFC

ポジション:FW(CF)

背番号:10

利き足:右足

引用:ハリー・ケイン – Wikipedia

ハリー・ケイン選手は、少年時代に様々なクラブを渡り歩いてきました。

ロンドンのリッジウェイ・ロバーズというクラブや名門アーセナル、ワトフォードといったクラブです。

2004年に、トッテナムの下部組織に入団。

2011年に、トップチームに登録されましたが、レイトン・オリエントへレンタル移籍。

その後は、ミルウォール、ノリッジ、レスターを渡り歩き、2013-2014シーズンにトッテナムに復帰!(一時的に復帰をしていました。)

 

View this post on Instagram

 

Harry Kane(@harrykane)がシェアした投稿

2014-2015シーズンからトッテナムで本領発揮をし、リーグ戦34試合で21得点。

それ以降のシーズンもトッテナムの得点源として大活躍!

2018-2019シーズンは負傷もあり、リーグ戦5年連続20得点は達成できませんでしたが、それでも凄いストライカーであることには変わりありません。

2020-2021シーズンは、アシスト数も増加し、得点だけでなくチャンスメークの部分でも貢献していますね!

今まで一桁のアシスト数が14アシストまで増加しています。

今後は、得点とアシスト数ともに20以上記録できるのか?注目ですね。

また、大注目されている移籍についてですが、2021-2022シーズンの冬にするのか?

こちらにも注目していきましょう。

まとめ

今回は、ハリー・ケイン選手のプレースタイル、ポジションについて書いてみました。

得点だけでなく、チャンスメークもできる器用さも兼ね備えている選手ですね。

ソン・フンミン選手とのコンビネーションが素晴らしく、今後も期待できます。

ただ、移籍する可能性もあるので、どこのクラブに行くのか?楽しみです。

Harry Kane

【歴代】ハリー・ケインのクラブ、イングランド代表での背番号は?

2021.05.24