コウチーニョの年俸の推移は?各クラブでの成績は?

前線のポジションで必要なスキルを兼ね備えているフィリペ・コウチーニョ。

リバプールからバルセロナに移籍をしたときは大騒ぎとなりましたが、その後は問題ばかり出てきましたね。

フィリペ・コウチーニョの能力は問題ないのですが、使われ方が良くなかったように思えます。

2020-2021シーズンにバルセロナに復帰し、出場機会が増えてきましたが、どうなることやら。

シーズン最後まで、フィリペ・コウチーニョの成績に注目していきたいと思います。

今回は、フィリペ・コウチーニョの年俸の推移について書いていきたいと思います。

※各クラブでの成績について追記しました。


フィリペ・コウチーニョの年俸の推移は?

シーズン所属クラブ金額
2009-2010ヴァスコ・ダ・ガマ400万円
2010-2011インテル2000万円
2011-2012インテル→エスパニョール(レンタル移籍)4000万円→9000万円
2012-2013インテル→リバプール9000万円→1億円
2013-2014リバプール1億円
2014-2015リバプール2億5000万円
2015-2016リバプール4億円
2016-2017リバプール5億7000万円
2017-2018リバプール→バルセロナ5億7000万円→20億円
2018-2019バルセロナ20億円
2019-2020バルセロナ→バイエルン(レンタル移籍)20億円
2020-2021バルセロナ

参考:http://money-search.org/sports/soccer/philippe-coutinho-correia

※バルセロナでの年俸は、17億円など様々な数字が出ています。

どれが本物なのか?見極められません・・・。

ただ言えることは、フィリペ・コウチーニョの年俸は凄く高い!

不良債権と化した時に手放したぐらいですので、よほどの額でしょう。

では、各クラブでの成績を見ていきたいと思います。

フィリペ・コウチーニョの各クラブでの成績は?

参考:https://www.transfermarkt.com/philippe-coutinho/profil/spieler/80444

ヴァスコ・ダ・ガマ

ヴァスコ・ダ・ガマのユースで育ち、16歳で次世代のブラジルを背負う男と評価をされていました。

プロデビュー前から、レアル・マドリードなど名門クラブから注目を浴びるほど。

そんな中、インテルが獲得に成功しました!

しかし、18歳未満の選手は出場できないため、ヴァスコ・ダ・ガマにレンタル移籍という形で在籍させました。

2009、2010年の2年間の成績

  • 2009:公式戦12試合
  • 2010:公式戦7試合1得点2アシスト

この成績が素晴らしいのか?判断しかねますが、良かったのかな?

ヴァスコ・ダ・ガマ時代の動画がありましたので載せてみました↓

トラップする際に、軽くフェイントを入れているあたりは流石です。

インテル

2010年の夏に、インテル入りをしたフィリペ・コウチーニョ

欧州のビッククラブでやれるのか?注目されていたと思います。

1年目のシーズンは、まずまずの成績を収めたと思われますが、2年目は出番が激減・・・。

2012年1月に、スペインのエスパニョールへレンタル移籍をすることになりました。

インテルでの成績

  • 2010-2011:公式戦20試合1得点2アシスト
  • 2011-2012:公式戦8試合1得点1アシスト
  • 2012-2013:公式戦19試合3得点1アシスト

2分過ぎに、フィリペ・コウチーニョの得点シーンがあります。

※メンバー凄すぎです。フィリペ・コウチーニョのシーンよりベイルの方が目立っていますね・・・。

エスパニョール

2012年1月に、レンタル移籍で加入。短い期間でしたが、出場機会を得られて良かった。

これで、少しは自信を取り戻せたのかなと思われます。

シーズン終了まで在籍し、インテルに戻ることになりました。エスパニョールに入れたら1番良かったのかもしれませんね。

エスパニョールでの成績

2011-2012:公式戦16試合5得点1アシスト

リバプール

2013年1月に、リバプールに移籍。

ロジャーズ監督のショートパスを多用するスタイルにマッチし、フィリペ・コウチーニョは輝きましたね。

リバプール時代のフィリペ・コウチーニョは、”半端ない”と言えるくらい凄かった!

タイトルとは縁がなかったですが、個人ではありました。

2014-2015:PFA年間ベストイレブン

リバプールでの成績

  • 2012-2013:公式戦13試合3得点7アシスト
  • 2013-2014:公式戦37試合5得点8アシスト
  • 2014-2015:公式戦52試合8得点6アシスト
  • 2015-2016:公式戦43試合12得点7アシスト
  • 2016-2017:公式戦36試合14得点9アシスト
  • 2017-2018:公式戦20試合12得点8アシスト

フィリペ・コウチーニョが最も輝いていたリバプール時代の動画です↓

バルセロナ(第1次)

1億4500万ユーロ(約174億円)という高額な移籍金で、バルセロナに加入をしたフィリペ・コウチーニョ。

ネイマールの抜けた穴を埋めてくれるという期待がありました。

フィリペ・コウチーニョも望んだクラブであったので気分が良かったことでしょう。

しかし、現実は甘くなかったですね。

フィロペ・コウチーニョの成績を見てみると、

  • 2017-2018:公式戦22試合9得点7アシスト
  • 2018-2019:公式戦54試合11得点5アシスト

悪くない成績ですが、バルセロナサポーターは納得せず。

ビックマッチで消えてしまうことと移籍金の高さがネックとなっていたようですね。

フィリペ・コウチーニョは、ブーイングをされた時に耳をふさぐパフォーマンスを見せることもあり、サポーターとの溝は深まるばかりでした。

そして、2019年8月に、バイエルンにレンタル移籍をすることにしました。

意外とうまくやっていたように見えましたが・・・。

バイエルン

 

この投稿をInstagramで見る

 

+3points 🙏🏽🔴⚪️ Very HAPPY to have scored my first @bundesliga_en goal with @fcbayern 😁! Always GLORY TO GOD 🙌🏽🙏🏽 #MiaSanMia

Philippe Coutinho(@phil.coutinho)がシェアした投稿 –

スペインの名門からドイツの名門へ。

フィリペ・コウチーニョのバイエルン移籍は大正解であったと思えます。

ただ、1億2000万ユーロ(約146億円)の買取オプションが行使されなかったことが悔やまれますね。

成績は悪くなく、1年目としたら上出来かなと思いました。しかも、バイエルンは完成されたチームであったので入り込むことも難しかったはず。

フィリペ・コウチーニョとすれば、UEFAチャンピオンズリーグ優勝、リーグ戦、カップ戦も取りましたので納得のいくシーズンであったことでしょう。

バイエルンでの成績

2019-2020:公式戦38試合11得点9アシスト

もう1年あれば、これ以上の成績は残せたことでしょう!

2020-2021シーズンは、バルセロナに復帰をし、ポジションは確保しています。

問題が多かったバルセロナを復活させることができれば、フィリペ・コウチーニョの株は大きく上がるでしょうね。

苦しいバルセロナを救うことができるのか?フィリペ・コウチーニョに注目しましょう。

まとめ。

今回は、フィリペ・コウチーニョの年俸の推移と各クラブでの成績について書いてみました。

年俸の推移は、とんでもない推移でしたね。バルセロナに移籍する前は、そうでもないように思えましたが。

高額な移籍金と年俸で苦しめられてきましたが、2020-2021シーズンはやってくれそうなきがします。

問題が多かったバルセロナを救うことができるのか?フィリペ・コウチーニョの活躍に期待しましょう!

こちらの記事も読まれています↓

カバーニの年俸の推移は?各クラブでの成績は?