マルコ・ロイスのプレースタイルは?経歴は?

ドルトムントのエース・マルコ・ロイス

正確なパスや得点力でチームを引っ張る存在ですが、怪我が多いのが難点。

それでも、ドルトムントがリーグ戦、チャンピオンズリーグを戦ううえで、マルコ・ロイスは外せませんね。

近年はパフォーマンスも安定してきており、期待ができる状態!

今回は、マルコ・ロイスのポジションやプレースタイルについて書いてみたいと思います。


ポジション、プレースタイルは?

マルコ・ロイスのメインポジションは、攻撃的ミッドフィルダー。

近年では、セカンドストライカーのポジションでプレーをするようになっています。

以前は、サイドアタッカーでプレーをしていましたが、マルコ・ロイスの技術の高さを生かすにはセカンドストライカーのポジションがいいのかもしれませんね。

マルコ・ロイスのプレースタイルの特徴を挙げると、

・スピードを生かしたドリブル

・高精度のミドルシュート

・視野の広さを生かしたチャンスメーク

が挙げられます。

スピードを生かしたドリブル

マルコ・ロイスのドリブルは、シンプルにスピードを生かしたドリブルが特徴。

南米の選手のように細かいタッチで運ぶ感じではありません。

最短距離を駆け抜けるマルコ・ロイスのドリブルは見ていて気持ちがいいですね。

高精度のミドルシュート

マルコ・ロイスの両足からくる出される高精度のミドルシュートは素晴らしいです。

威力、コースともに素晴らしく、GK泣かせのシュートを打ってきます。

角度のないところからも打ってくるので油断できない選手ですね。

※マルコ・ロイスはキックの精度が高いので、フリーキックも蹴ります。

視野の広さを生かしたチャンスメーク

シュートも凄いですが、広い視野を生かしたチャンスメークも素晴らしいです。

逆サイドの味方にピタリと合わせるパスも得意としていて、良く見えているなという印象。

時には、そこに出すの?というパスも出してくるので、マルコ・ロイスがボールを持った時は、どこに出すのか?注目してみると楽しめます。

こんな意外性のあるパスも出します↓

プロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Marco Reus(@marcinho11)がシェアした投稿

生年月日:1989.05.31
身長:180cm
体重:71kg
出身地:ドルトムント(ドイツ)
利き足:右足

【リーグ戦記録】
2007-08 アーレン(ドイツ) 16試合・1得点
2008-09 アーレン(ドイツ) 27試合・4得点
2009-10 ボルシアMG(ドイツ) 33試合・8得点
2010-11 ボルシアMG(ドイツ) 32試合・10得点
2011-12 ボルシアMG(ドイツ) 32試合・18得点
2012-13 ドルトムント(ドイツ) 32試合・14得点
2013-14 ドルトムント(ドイツ) 30試合・16得点
2014-15 ドルトムント(ドイツ) 20試合・7得点
2015-16 ドルトムント(ドイツ) 26試合・12得点
2016-17 ドルトムント(ドイツ) 17試合・7得点
2017-18 ドルトムント(ドイツ) 11試合・7得点
2018-19 ドルトムント(ドイツ) 27試合・17得点
2019-20 ドルトムント(ドイツ) 26試合・12得点

引用:https://www.soccer-king.jp/player/article/418958.html

マルコ・ロイスは、ドルトムントのユースで育ち、2006年にロート・ヴァイス・アーレンに移籍。

U-17に加入し、各カテゴリーを駆け上がり、2007年にトップチームデビューを果たします。

2009年に、ボルシア・メンヒェングラートバッハに移籍。

移籍初年度からリーグ戦33試合に出場し、チームの主力選手として活躍。

2011-2012シーズンは、リーグ戦18得点を挙げ、ドイツ年間最優秀選手を受賞!

2012年1月にドルトムントに復帰することが決まり、7月から正式に加入!

マルコ・ロイスが加入したシーズンは、UEFAチャンピオンズリーグ決勝まで勝ち上がるなど好成績を収めていました。

2シーズン目以降も活躍しますが、怪我が多く、安定したパフォーマンスを披露することができず・・・。

近年は改善され、安定したパフォーマンスが見られるので問題はないかと思われます。

ここ数年、バイエルンにリーグ優勝をされているのでストップをかけたいところ。

良い若手が多く、期待はできますが、大黒柱のマルコ・ロイスの活躍なしで優勝はできないと思っています。

マルコ・ロイスの爆発で、バイエルンを止めることができるのか?注目してみましょう。

まとめ

今回は、マルコ・ロイスのポジションとプレースタイルについて書いてみました。

高い攻撃センスを持ち、ドルトムントの攻撃を家人していますね。

怪我が多いのが問題ではありますが、それを差し引いても貢献度は高い。

チームの精神的支柱でもあるマルコ・ロイス。バイエルンを止めることができるのか?楽しみですね。

こちらの記事も読まれています↓

マルコ・ロイスの髪型のカット、セット方法は?難しい?