【歴代】マルコ・ロイスのクラブ、ドイツ代表での背番号は?

高い攻撃センスで、ドルトムントの攻撃をけん引するマルコ・ロイス選手。

スピード、テクニックを存分に生かしたドリブル突破が魅力的ですよね?

また、キックの精度も高く、シュート、パスで攻撃に違いを生み出してくれます。

サッカーセンスの塊ともいえる、マルコ・ロイス選手ですが、これまで背負ってきた背番号は何番なのでしょうか?

今回は、マルコ・ロイス選手のクラブ、ドイツ代表での歴代背番号について書いていきたいと思います。

参考:https://www.transfermarkt.com/marco-reus/profil/spieler/35207


マルコ・ロイスのクラブ、ドイツ代表での歴代背番号は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Marco Reus(@marcinho11)がシェアした投稿

マルコ・ロイス選手は、アーレン、ボルシアMGと渡り歩き、ドルトムントで長年プレーしています。

ドルトムントのイメージが強いマルコ・ロイス選手ですが、これまでの背番号は何番だったのでしょうか?

アーレン時代から見ていきたいと思います。

ロート・ヴァイス・アーレン

アーレンでの歴代背番号です↓

シーズン背番号
2007-200847
2008-200918

1995年に、PTSVドルトムントユースからボルシア・ドルトムントユースに移籍したマルコ・ロイス選手。

その後、ボルシア・ドルトムントユースで腕を磨き、2005年にアーレンユースに移籍しました。

なぜ?ボルシア・ドルトムントからアーレンに移籍したのかというと、試合に出られなかったからのようです。

ボルシア・ドルトムントの一員として、アーレンでプレーしていた時に父親が、トライアルを受けられるのか?確認をしたようです。

そして、トライアルを受け、合格して移籍しました。

アーレンで出場機会を得たマルコ・ロイス選手は実力をつけ、

  • 2006-2007:公式戦21試合10得点0アシスト(U-19)
  • 2006-2007:公式戦5試合2得点0アシスト(Bチーム)
  • 2007-2008:公式戦19試合12得点0アシスト(U-19)
  • 2007-2008:公式戦1試合1得点0アシスト(Bチーム)
  • 2007-2008:公式戦16試合1得点1アシスト(トップチーム)
  • 2008-2009:公式戦28試合4得点3アシスト(トップチーム)

ボルシアMG

ボルシアMG時代の背番号は11番。

ボルシアMGには、2009年に加入し、2012年まで在籍。

2011-2012シーズンの活躍は素晴らしく、公式戦37試合に出場し、21得点14アシストを記録。

このシーズンのドイツ年間最優秀選手賞を受賞しました。

マルコ・ロイス選手のスピードに乗った素晴らしいドリブルシーンです↓

素晴らしいドリブル突破でした!惚れ惚れしますね。

ボルシアMGで活躍したマルコ・ロイス選手は古巣ボルシア・ドルトムントに移籍を決断します。

ボルシアMGでの成績

  • 2009-2010:公式戦35試合8得点4アシスト
  • 2010-2011:公式戦37試合12得点10アシスト
  • 2011-2012:公式戦37試合21得点14アシスト

ドルトムント

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Pulse of Dortmund. Our new 18/19 @BVB Home Kit. @PUMAFootball #NewLevels

Marco Reus(@marcinho11)がシェアした投稿 –

ドルトムントでの背番号は11番。

入団以来、ずっと背負っています。

長年、ドルトムントで活躍をしているマルコ・ロイス選手。

2012年の1月に移籍をしてから、ドルトムントでプレーをしてきました。(ドルトムントに正式加入は、翌シーズン7月から)

ユースに所属していたこともあり、古巣に帰ってきた形となります。

ドルトムントの攻撃をけん引する存在ですが、怪我が多く、「ガラスの天才」と呼ばれていることで有名。

怪我で大きなチャンスを逃してきたことが多いので、怪我が多くなければ、クラブ、ドイツ代表での成績は素晴らしいものとなっていたことでしょう。

しかし、怪我が多くとも結果は残し続けるマルコ・ロイス選手は素晴らしいです。

ドルトムントでの成績

  • 2012-2013:公式戦49試合19得点16アシスト
  • 2013-2014:公式戦44試合23得点23アシスト
  • 2014-2015:公式戦29試合11得点6アシスト
  • 2015-2016:公式戦43試合23得点8アシスト
  • 2016-2017:公式戦24試合13得点8アシスト
  • 2017-2018:公式戦15試合7得点1アシスト
  • 2018-2019:公式戦36試合21得点13アシスト
  • 2019-2020:公式戦26試合12得点7アシスト
  • 2020-2021:公式戦49試合11得点14アシスト

安定した成績を収めています。

ただ、ドルトムントがタイトル獲得するためには、マルコ・ロイス選手にもう少し得点、アシスト数を増やさないとですね。

ドイツ代表

 

この投稿をInstagramで見る

 

What a game! Great fight until the end and good start into qualifiers 💪🏻🇩🇪✨ @dfb_team #Euro2020

Marco Reus(@marcinho11)がシェアした投稿 –

ドイツ代表での歴代背番号です↓

シーズン背番号
2011-201521
2014-201911

マルコ・ロイス選手は、EURO2012予選トルコ戦で代表デビュー。

EURO2012本大会でも代表に選ばれ、準々決勝ギリシャ戦で得点を決めました!

準決勝イタリア戦で敗れてしまいましたが、2014年W杯ブラジル大会に期待ができるものだったと思われます。

期待されていた2014年W杯ブラジル大会では、本大会メンバー入りは果たしました!

しかし、直前の親善試合で左足首のじん帯を部分断裂・・・。

本大会に出場することができずに終わってしまいました。

EURO2016でも負傷、コンディション不良でメンバー落ちをしてしまいました。

2018年W杯ロシア大会ではメンバー入りし、グループステージのスウェーデン戦で大活躍↓

マルコ・ロイス選手の活躍でグループステージ突破に望みをつなぎましたが、最終戦の韓国戦で敗れて敗退・・・。

優勝候補のドイツ代表がグループステージ敗退は衝撃的でしたね。

EURO2020では、休養するために欠場。もったいないと思いましたが、理由を聞くと仕方がないのかなと思います。

マルコ・ロイス選手のコメントです↓

「自分の国のために戦う時はいつも誇りを感じているから、この決断は僕にとってとても難しかった。だけど、個人的にも濃いシーズン、そしてドルトムントでの目標を達成したシーズンを終え、身体に回復する時間を与えることを決めたんだ」

引用:独代表FWロイス、EUROの欠場を決断…「身体に回復する時間を与えることを決めた」 | サッカーキング (soccer-king.jp)

EURO2020で無理して、長期離脱となったら嫌ですからね。

これまで、井彩名思いをしてきたからこその決断だったのではないでしょうか?

2020年W杯カタール大会はよほどのことがない限り欠場しないと思われます。

その時に最高のパフォーマンスを見せてほしいですね。

まとめ

今回は、マルコ・ロイス選手の歴代背番号について書いてみました。

マルコ・ロイス選手のキャリアのほとんどが背番号11ですね。今後も変わることはないでしょう。

近年は、大きな怪我をすることなく過ごせているので、マルコ・ロイス選手に期待をして良いと思います。

特に、今まで代表では輝けなかったので、W杯カタール大会では輝いてほしいものです。

こちらの記事も読まれています↓

マルコ・ロイスのプレースタイルは?経歴は?

2020.11.16