【歴代】マルコ・ロイスのクラブ、代表での背番号は?

高い攻撃センスで、ドルトムントの攻撃をけん引する、マルコ・ロイス

スピード、テクニックを存分に生かしたドリブル突破が魅力的!

また、キックの精度も高く、シュート、パスで攻撃に違いを生み出してくれます。

サッカーセンスの塊ともいえる、マルコ・ロイスですが、これまで背負ってきた背番号は何番なのでしょうか?

今回は、マルコ・ロイスの背番号について書いていきたいと思います。

まずは、マルコ・ロイスのプロフィールから見ていきましょう。

参考:https://www.transfermarkt.com/marco-reus/profil/spieler/35207


マルコ・ロイスのプロフィール。

生年月日:1989.05.31

身長:180cm

体重:71kg

出身地:ドルトムント(ドイツ)

利き足:右足

2007-08 アーレン(ドイツ) 16試合・1得点
2008-09 アーレン(ドイツ) 27試合・4得点
2009-10 ボルシアMG(ドイツ) 33試合・8得点
2010-11 ボルシアMG(ドイツ) 32試合・10得点
2011-12 ボルシアMG(ドイツ) 32試合・18得点
2012-13 ドルトムント(ドイツ) 32試合・14得点
2013-14 ドルトムント(ドイツ) 30試合・16得点
2014-15 ドルトムント(ドイツ) 20試合・7得点
2015-16 ドルトムント(ドイツ) 26試合・12得点
2016-17 ドルトムント(ドイツ) 17試合・7得点
2017-18 ドルトムント(ドイツ) 11試合・7得点
2018-19 ドルトムント(ドイツ) 27試合・17得点
2019-20 ドルトムント(ドイツ) 19試合・11得点

引用:https://www.soccer-king.jp/player/article/418958.html

【歴代】マルコ・ロイスのクラブ、代表での背番号は?

マルコ・ロイスが所属してきたクラブは、ドルトムント、ボルシアMG、アーレンの3クラブ。

各クラブで背負ってきた背番号を見ていきましょう。

ドルトムント

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Pulse of Dortmund. Our new 18/19 @BVB Home Kit. @PUMAFootball #NewLevels

Marco Reus(@marcinho11)がシェアした投稿 –

ドルトムントでの背番号は11番。入団以来、ずっと背負っています。

長年、ドルトムントで活躍をしている、マルコ・ロイス。

2012年の1月に移籍をしてから、ドルトムントでプレーをしてきました。(ドルトムントに正式加入は、翌シーズンから)

ユースに所属していたこともあり、古巣に帰ってきた形となります。

ドルトムントの攻撃をけん引する存在ですが、怪我が多く、「ガラスの天才」と呼ばれていることで有名。

怪我で大きなチャンスを逃してきたことが多いので、怪我が多くなければ、クラブ、代表での成績は素晴らしいものとなっていたことでしょう。

ドルトムント加入後の成績は、266試合に出場し、129得点89アシスト。(2020年8月13日時点)。

ボルシアMG

ボルシアMGには、2009年に加入し、2012年まで在籍。

ボルシアMG時代の背番号は11番。

2011-2012シーズンの活躍は素晴らしく、公式戦37試合に出場し、21得点14アシストを記録。

このシーズンのドイツ年間最優秀選手賞を受賞した。

マルコ・ロイスのスピードに乗った素晴らしいドリブルシーンです↓

アーレン

2006年に、アーレンに加入をしたマルコ・ロイス。出場機会を求めてのようです。

気になる背番号は、2007-2008シーズンに背負っていた背番号は47番。

2008-2009シーズンは18番を背負っていたようです。

ドルトムントの一員としてアーレンでプレーをしていた時に、父親がトライアルを受けられないか?とスタッフに尋ねたようです。

これをきっかけに、アーレンに移籍をすることに。これが大正解でした。

メキメキと実力をつけていったマルコ・ロイスは、ボルシアMGにステップアップをしていきました。

アーレンでの成績は、44試合に出場し、5得点4アシスト。

若い時の成績なので良い方だと思われます。

ドイツ代表

 

この投稿をInstagramで見る

 

What a game! Great fight until the end and good start into qualifiers 💪🏻🇩🇪✨ @dfb_team #Euro2020

Marco Reus(@marcinho11)がシェアした投稿 –

2010-2015までは、背番号21。2014-2019からは背番号11番。

EURO 2012予選トルコ戦で代表デビュー。本大会でも代表に選ばれました。

期待をされていたW杯ブラジル大会では、本大会メンバーに選ばれていましたが、直前の親善試合で左足首のじん帯を部分断裂・・・。

本大会のメンバーから落選が決定・・・。

EURO 2016でも怪我のため落選。W杯ロシア大会ではメンバー入りをするもグループステージ敗退。

代表では、運に見放されているところがあり、残念です。

マルコ・ロイスにとって、EURO 2020とW杯カタール大会が年齢的に最後の大きな大会になることでしょう。

ここで、タイトルを獲得できるのか?マルコ・ロイスが代表に選出されるのか?大きな注目です。

まとめ。

今回は、マルコ・ロイスの歴代背番号について書いてみました。

マルコ・ロイスのキャリアのほとんどが背番号11ですね。今後も変わることはないでしょう。

近年は、大きな怪我をすることなく過ごせているので、マルコ・ロイスに期待をして良いと思います。

特に、今まで代表では輝けなかったので、EURO 2020、W杯カタール大会では輝いてほしいものです。

こちらの記事も読まれています↓

マルコ・ロイスのプレースタイルは?ベストポジションは?