マルコ・ヴェラッティのプレースタイルは?歴代背番号は?

ピルロ2世と呼ばれ、パリ・サンジェルマン、イタリア代表で活躍するマルコ・ヴェラッティ

バルセロナ移籍もささやかれましたが、パリ・サンジェルマンに残り、プレーを続けています。

悲願のUEFAチャンピオンズリーグ制覇に欠かせない戦力であるマルコ・ヴェラッティですが、どんなプレースタイルなのでしょうか?

今回は、マルコ・ヴェラッティのプレースタイルとクラブ、代表での歴代背番号について書いていきたいと思います。


マルコ・ヴェラッティのポジション、プレースタイルは?

マルコ・ヴェラッティのポジションは、セントラルミッドフィルダー。

戦術により、ボランチでプレーをすることもあります。

中盤の真ん中のポジションであれば、どこでもこなせる選手と言えるでしょう。

マルコ・ヴェラッティのプレースタイルの特徴を挙げると、

・キープ力

・精度の高きキック

・守備力の高さ

が挙げられると思います。

キープ力

マルコ・ヴェラッティのキープ力は驚異的で、狭いエリアで囲まれても奪われない!

ボールキープに絶対の自信を持っているのでしょう。

そこで、キープをするの?と思うところで、ボールを持つので、ヒヤッとする場面もありますが、奪われません。

マルコ・ヴェラッティが自慢のキープ力を生かして、1、2枚剥がしてパスを出してくれますので、攻撃に移る時には数的有利の状況を作り出してくれます。

精度の高きキック

マルコ・ヴェラッティが「ピルロ2世」と呼ばれるのは、ここでしょう。

ピルロに負けないぐらいの精度の高いパスを出してくれます。

パスの精度が素晴らしいのはモチロンですが、広い視野も素晴らしいです!

そこに出すの?と思うようなシーンも見られるので、マルコ・ヴェラッティにボールが渡った時には注目をしましょう!

一気に、ビックチャンスが生まれますよ↓

守備力の高さ

攻撃面が目立ちますが、守備力も高い選手です。

体のサイズは小さい方ですが、戦う姿勢は見事!豊富な運動量で、チームを助けてくれますね。

また、果敢なスライディングでボール奪取をしてくれます。

ただし、カードをもらうことが多いので、そこを減らすと良いなと思います。

※逆に、カードをもらわなくなると、マルコ・ヴェラッティらしさがなくなるかもしれないので、複雑ですね。

マルコ・ヴェラッティのクラブ、代表での歴代背番号は?

パリ・サンジェルマン

パリ・サンジェルマンでの歴代背番号は、コチラ↓

2012-201324
2013-201424
2014-201512、24
2015-20166
2016-20176
2017-20186
2018-20196
2019-20206、16
2020-20216

2012年夏に、パリ・サンジェルマンに加入しました。

この時、イブラヒモビッチもパリ・サンジェルマンに加入した時なので同期になります。

マルコ・ヴェラッティは移籍1年目から多くの出場機会を得ることに成功!

それ以降もパリ・サンジェルマンの主力として活躍をしてきました。

毎シーズン、大物選手が加入するクラブで主力として輝き続けることが凄いこと。

それだけの能力があるということでしょうね。

国内タイトルは獲得できるものの、UEFAチャンピオンズリーグを取れないことで移籍も考えたのでは?と思いますが、そんなそぶりがない。

マルコ・ヴェラッティは、パリ・サンジェルマンを愛しているのでしょう。

※2019-2020シーズンは、UEFAチャンピオンズリーグ決勝まで勝ち進みましたが、バイエルンに敗れ、準優勝。

このシーズンはイレギュラーであったので、本来のレギュレーションで勝ち進めるのかが注目すべきところでしょう。

パリ・サンジェルマンでの成績

  • 2012-2013:公式戦39試合0得点4アシスト
  • 2013-2014:公式戦43試合0得点8アシスト
  • 2014-2015:公式戦48試合3得点11アシスト
  • 2015-2016:公式戦28試合0得点5アシスト
  • 2016-2017:公式戦43試合3得点8アシスト
  • 2017-2018:公式戦38試合2得点7アシスト
  • 2018-2019:公式戦38試合1得点3アシスト
  • 2019-2020:公式戦37試合0得点6アシスト

ペスカーラ

ペスカーラでの背番号は、コチラ↓

2009-201010、16、17
2010-201192
2011-201210

ペスカーラのユースで育ち、2008-2009シーズンにトップチームデビューを果たしました。

デビューから2年目までは出場機会が少なかったのですが、3年目から大幅にアップ!

4年目も多くの試合に出場し、チームの柱として活躍をしていたと思われます。

若いマルコ・ヴェラッティにとって、多くの試合出場は大きなものとなったことでしょう。

ユベントスなど国内クラブが獲得を目指しましたが、パリ・サンジェルマンへ移籍。

これが良かったのかはわかりませんが、少なくともビッククラブへ行っていれば、ここまでの選手になれなかったかもしれません。

移籍直後に多くの試合には出られなかったことでしょう。

ペスカーラでの成績

  • 2008-2009:公式戦9試合0得点0アシスト
  • 2009-2010:公式戦8試合1得点0アシスト
  • 2010-2011:公式戦29試合1得点2アシスト
  • 2011-2012:公式戦32試合0得点9アシスト

まとめ

今回は、マルコ・ヴェラッティのポジション、プレースタイル、歴代背番号について書いてみました。

攻撃力がウリのチームには欠かせない選手となりました。

前がかりになるチームの中で、中盤でボールを奪取してくれる選手がいると助かります。

悲願のUEFAチャンピオンズリーグ優勝を達成するのは、マルコ・ヴェラッティは欠かせない。

パリ・サンジェルマンを支える男が、UEFAチャンピオンズリーグのトロフィーを掲げるシーンを楽しみにしています。

ことらの記事も読まれています↓

インシーニェのプレースタイルは?歴代背番号は?