マルセロのプレースタイルは?経歴は?

並外れたボールコントロールと奇抜なアイディアで見るものを楽しませてくれる、マルセロ

陽気な性格で、仲間思いの素晴らしい選手!

クリロナのレアル・マドリード退団時には泣けるようなメッセージを送っていましたね。

サッカーだけでなく、人間性も素晴らしいマルセロは多くの人から愛されています。

今回は、そんなマルセロのポジション、プレースタイルについて書いていきたいと思います。


ポジション、プレースタイルは?

マルセロのポジションは、左サイドバック。

左サイドハーフでプレーもしますが、マルセロのポジションは左サイドバックと言っても過言ではないでしょう。

マルセロのプレースタイルの特徴を挙げると、

・ドリブル突破

・多彩なアイディアと高度なテクニック

・鋭いクロス、パス

が挙げられると思われます。

ドリブル突破

マルセロのドリブルは、サイドバックの選手?と思うほど華麗!

ブラジルの選手らしい華麗なテクニックで相手を翻弄し、チャンスメークをしてくれます。

テクニックを使わずに、直線的ドリブルで突破もしてくるので相手に的を絞らせません。

マルセロのドリブルは、2人がかりでも止められないこともあり、いっきにビックチャンスになることも珍しくありません。

それに加え、サッカーを楽しみながらしているところが印象的で相手からすればイラっとするはず。

マルセロのドリブル突破のシーンです↓

多彩なアイディアと高度なテクニック

マルセロのアイディアは豊富で見るものを楽しませてくれます。

しかも、高度なテクニックを簡単にやってのけるので凄いですよね?

足の裏を使ったボールコントロールやヒールパスで相手を翻弄するところが凄い!

自信がないとできない技が多いですが、マルセロは簡単にやってのけます。

マルセロの足の裏を使ったボールコントロールやヒールパスです↓

鋭いクロス、パス

マルセロのクロス、パスは鋭く、速いボールを送ってきます。

鋭く、速いボールなのですが、味方に優しいボールなので扱いやすいことが特徴。

クロスに関しては触るだけで、ゴールになるようなボールを供給!

クリロナとのホットラインは当時、大きな武器となっていました。

GKとDFの間に入れてくるボールは絶品で、相手泣かせと言えるでしょうね。

マルセロの素晴らしいクロスボールの動画です↓(1分30秒あたりから)

クロスも素晴らしいですが、サイドチェンジも素晴らしく、左右に揺さぶりをかけてきます。

マルセロにボールが渡った時には、選択肢が多いので相手は疲れることでしょう!

プロフィール

生年月日:1988.05.12
身長:174cm
体重:75kg
出身地:リオ・デ・ジャネイロ(ブラジル)
利き足:左足

【リーグ戦記録】
2005 フルミネンセ(ブラジル) 1試合・0得点
2006 フルミネンセ(ブラジル) 29試合・4得点
2006-07 レアル・マドリード(スペイン) 6試合・0得点
2007-08 レアル・マドリード(スペイン) 24試合・0得点
2008-09 レアル・マドリード(スペイン) 27試合・4得点
2009-10 レアル・マドリード(スペイン) 35試合・4得点
2010-11 レアル・マドリード(スペイン) 32試合・3得点
2011-12 レアル・マドリード(スペイン) 32試合・3得点
2012-13 レアル・マドリード(スペイン) 14試合・0得点
2013-14 レアル・マドリード(スペイン) 28試合・1得点
2014-15 レアル・マドリード(スペイン) 34試合・2得点
2015-16 レアル・マドリード(スペイン) 30試合・2得点
2016-17 レアル・マドリード(スペイン) 30試合・2得点
2017-18 レアル・マドリード(スペイン) 28試合・2得点
2018-19 レアル・マドリード(スペイン) 23試合・2得点
2019-20 レアル・マドリード(スペイン) 15試合・1得点

引用:https://www.soccer-king.jp/player/article/416080.html

マルセロは、フルミネンセの下部組織で育ち、トップチームに昇格。

2006年にリーグ戦29試合に出場し、冬の移籍市場でレアル・マドリードに移籍をしました。

2008-2009シーズンからチームの主力としてプレーをし、レアル・マドリードに多くのタイトルをもたらせることに成功!

UEFAチャンピオンズリーグを4度優勝し、リーグ戦は5回も優勝しています。

獲得したタイトル一覧↓

  • プリメーラ・ディビシオン:5回(2006-07, 2007-08, 2011-12, 2016-17, 2019-20)
  • スーペルコパ・デ・エスパーニャ:4回(2008, 2012, 2017, 2019)
  • コパ・デル・レイ:2回(2010-11, 2013-14)
  • UEFAチャンピオンズリーグ:4回(2013-14, 2015-16, 2016-17, 2017-18)
  • UEFAスーパーカップ:3回(2014, 2016, 2017)
  • FIFAクラブワールドカップ:4回(2014, 2016, 2017, 2018)

引用:wikipedia

長年、レアル・マドリードにいたせいでもありますが、ここまでタイトルを獲得した選手は珍しいでしょうね。

現在は、メンディにポジションを奪われていますが、マルセロに出番がないわけではありません。

もう1度、ポジションを奪い返すことができるのか?マルセロのパフォーマンスに注目しましょう!

まとめ

今回は、マルセロのプレースタイルと経歴について書いてみました。

圧倒的なテクニックと左足で相手を翻弄してきました。

最近は、メンディにポジションを奪われていますが、奪い返すことは可能なはず。

まだまだ、第一線で活躍できる力は持っているので、ポジションを奪い返してほしいですね。

今後のマルセロの活躍に期待したいと思います。

こちらの記事も読まれています↓

マルセロの幼少期のエピソードは?祖父との思い出とは?