【歴代】ウーデゴールのクラブ、代表での背番号は?

ノルウェー代表の最年少デビュー記録を作り、世界中から注目されたマルティン・ウーデゴール

「ノルウェーの神童」として扱われ、16歳でレアル・マドリードに入団。

16歳157日でトップチームデビューを果たし、その後、レンタル移籍で多くの経験を積んできました。

2020年の夏にレアル・マドリードに復帰をし、大きな注目を集めています。

様々なチームで経験を積んだマルティン・ウーデゴールですが、背番号は何番であったのでしょうか?

今回は、マルティン・ウーデゴールのクラブ、代表での背番号について書いてみました。

※参考元:https://www.transfermarkt.com/martin-odegaard/rueckennummern/spieler/316264


クラブ、代表での歴代背番号は?

レアル・マドリード

 

この投稿をInstagramで見る

 

Martin Ødegaard(@odegaard.98)がシェアした投稿

レアル・マドリードでの背番号です↓

2014-201541
2015-201627
2016-201726
2020-202121

カスティージャ時代↓

2014-20157、10、15
2015-20167、10
2016-201711

2020年に復帰をした際には背番号21を背負いました。

マルティン・ウーデゴールは、ソシエダに残りたかったようですが、レアル・マドリードの都合で復帰をすることになりました。

タイミング的には良かったのかもしれません。

ただ、出番が多くはないと思われるので、そこが心配ですね。

実力はレギュラーを張れるぐらいありますので、チャンスをものにしてほしいところです。

※マルティン・ウーデゴールのレアル・マドリードのトップチームデビューの画像です↓

ストレームスゴトセト

 

この投稿をInstagramで見る

 

Martin Ødegaard(@odegaard.98)がシェアした投稿

2013-201416、67
2014-201516

ストレームスゴトセトの下部組織に加入し、14歳でトップチームの練習に参加しました。

2014年にトップチームデビューを果たし、UEFAチャンピオンズリーグの予選にも出場。

2015年には16歳となり、EU圏内での移籍が可能になると、バイエルンなどビッククラブからオファーが殺到しました。

マルティン・ウーデゴールは、その中からレアル・マドリードを選び、契約します。

契約内容はトップチームの練習に参加しながら、主にカスティージャでプレーをするという内容。

マルティン・ウーデゴールの夢がかなった瞬間でした。しかし、分厚い選手層に阻まれ、レンタル移籍をすることになりました。

ストレームスゴトセトでの成績

  • 2014-2015:公式戦25試合5得点6アシスト

ヘーレンフェーン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Martin Ødegaard(@odegaard.98)がシェアした投稿

2016-2017シーズンの冬にオランダのヘーレンフェーンにレンタル移籍。

2016-2017シーズンは背番号16。翌シーズンには背番号10を与えられました。

冬に加入したばかりで、リーグ戦14試合に出場しましたが、無得点に終わってしまいました・・・。

※ヨーロッパリーグプレーオフで1得点決めています。

レベルは落ちるとはいえ、知らない土地でのプレーは大変であったと思われます。

2年目からオランダのサッカーに適応し、まずまずの結果を残せたと思われます。

マルティン・ウーデゴールにとって、良い意味で経験を積むことができたと言えるでしょう。

ヘーレンフェーンでの成績

  • 2016-2017:公式戦17試合1得点3アシスト
  • 2017-2018:公式戦26試合2得点2アシスト

フィテッセ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Martin Ødegaard(@odegaard.98)がシェアした投稿

2018年夏にフィテッセにレンタル移籍。この時の背番号は18番。

オランダのサッカーに慣れたマルティン・ウーデゴールはフィテッセで大活躍!

フィテッセでの成績

  • 2018-2019:公式戦39試合11得点12アシスト

フィテッセ時代のマルティン・ウーデゴールの動画です↓

ソシエダ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Martin Ødegaard(@odegaard.98)がシェアした投稿

2019年夏にソシエダにレンタル移籍。背番号は21番。

オランダで心身を鍛えてきたマルティン・ウーデゴールはソシエダでも活躍。

ソシエダの攻撃をけん引し、リーグ戦6位でフィニッシュ!ヨーロッパリーグ出場権獲得に大きく貢献しました。

マルティン・ウーデゴールはソシエダでプレーを続けたかったようですが、レアル・マドリードの都合で復帰をすることになりました。

私は、ソシエダでのプレーをもう1年間見たかったので残念です・・・。

ソシエダでの成績

  • 2019-2020:公式戦36試合7得点9アシスト

代表

 

この投稿をInstagramで見る

 

Martin Ødegaard(@odegaard.98)がシェアした投稿

代表での背番号↓

2014-20159、11
2015-201611
2018-201915、20
2019~10

アンダー世代での背番号↓

2013-2014(U-17)17
2013-2014(U-21)15
2015-2016(U-21)11、22
2016-2017(U-21)10
2017-2018(U-21)10

A代表デビューは、2014年8月に行われた国際親善試合UAE戦。

15歳253日で代表デビューを果たし、ノルウェー史上最年少代表デビューの記録を打ち立てました!

その後は、アンダー世代の代表での活動と並行しながら活躍を続けてきました。

W杯、EUROと大きな大会には出場できていませんが、近い将来、マルティン・ウーデゴールとハーランドで出場権を取ってくれるのではないかと期待はしています。

※EURO2020は、プレーオフでセルビアに敗戦しました・・・。

まとめ

今回は、マルティン・ウーデゴールのクラブ、代表での歴代背番号について書いてみました。

5つもクラブが変われば、背番号も変わってきます。すべて違う背番号というのも珍しいものですね。

今後、クラブが固定されれば、背番号も変わらなくなることでしょう。

レアル・マドリードに復帰し、レギュラーを獲得できるのか?非常に楽しみなところ。

マルティン・ウーデゴールがレアル・マドリードの主力となれるのか?注目しましょう!

こちらの記事も読まれています↓

ウーデゴールのプレースタイルは?特徴は、どんなところ?