三好康児のポジション、プレースタイルは?日本代表に定着できる?

サッカー日本代表の武器であるサイドの選手たち。右も左もポジション争いが激しいですね。

左は中島翔哉で決まりでしょうけれども、右のポジションはわからなくなりましたね。

森保監督が就任してから堂安律が絶対的な存在でしたが、コパ・アメリカを見ていると、そうでもなくなってきました。

三好康児や久保建英が台頭してきて、堂安律の絶対的なポジションというわけではなくなってきそうです。

伊東純也もいるので、ポジション争いは激しくなりそうです。しかも、それぞれプレースタイルに特徴があるので決めるのには頭が痛くなりそうですね。

今回は、日本代表の右サイドのポジションやインサイドハーフを担うであろう三好康児について書いていきたいと思います。

まずは、三好康児のポジションについて書いていきます。


三好康児のポジションは?

三好康児のポジションは大まかに言えば、攻撃的な中盤のポジションであればできますね。

クラブだと、トップ下に近いポジションもこなしています。日本代表ですと、右サイドのポジションでプレーしていますね。

三好康児にとって、どちらのポジションが合っているのか?と聞かれると右サイドのポジションの方が似合っていると思います。

左利きの選手でカットインからのシュートもできますし、ドリブル突破からチャンスを演出することも出来ます。

ドリブル突破が魅力的なので、真ん中のポジションで囲まれるより、広いスペースのあるサイドの方が良いでしょう。

三好康児の良さを活かすのであれば、真ん中のポジションよりも右サイドのポジションの方が活きるでしょうね。

では、三好康児のプレースタイルって、どんな感じなのでしょうか?

次は、三好康児のプレースタイルについて書いていきたいと思います。

三好康児のプレースタイルは?

三好康児のポジションは攻撃的なポジションですので、プレースタイルも攻撃的です。

プレースタイルは、ドリブラーなのでしょうか?パサータイプの選手なのでしょうか?

三好康児のプレースタイルの動画を載せてみました。

マリノスでの三好康児のプレースタイルはシュート、パス、ドリブル何でもできる選手ですね。

日本代表の久保建英のプレースタイルに似ているなと思いました。

三好康児のプレースタイルを見ていると、ボールをもらった時のボールを置くところが上手い。それに体の入れ方も。

相手に取られないところにボールを持ってくるのは基本と言われていますが、やると難しい。

それを、しっかりできている三好康児は素晴らしいですね。後は小柄なことをよく理解しているので体を入れて、相手から遠いところにトラップしています。

そこから、一気に加速して抜き去るといった感じですね。世界の有名選手のプレースタイルと共通しているところが多いです。

後、三好康児を見てビックリしたのがパスの精度。走りこんでいる味方に合わせた丁寧なパスは魅力ですね。

三好康児にボールが渡ったら迷わず走れるのも三好康児から良いパスが出てくるという信頼があるからできているのでしょう。

それくらいパスが丁寧で視野が広い。こんなプレースタイルを見せられたらファンになりますよ!

三好康児の攻撃的なプレースタイルに目がいきますが、マリノスでプレーしているので運動量も多いはず。

恐らく、守備も割とやってくれるのではないでしょうか?

今はマリノスに所属していますが、近い将来、海外移籍をすると思われます。

海外移籍を果たしプレースタイルの幅が広がれば、三好康児はもっと魅力的な選手になるでしょうね!

A代表、オリンピックでの三好康児の活躍に期待したいと思います。

そんな三好康児ですが、日本代表に定着できるのでしょうか?先ほども書きましたが、日本代表の右サイドは激戦区。

プレースタイルが違うので、比較は難しいのですが、三好康児が日本代表に定着できるのかについても書いてみたいと思います。

三好康児は日本代表に定着できるのか?

三好康児が日本代表に定着することはできるのでしょうか?

同じポジションに強力なライバルが多くいます。

プレースタイルが似ているのは久保建英ぐらいで、堂安律、伊東純也はプレースタイルが違います。

同じポジションとはいえ、プレースタイルが似ていたり、違っていると難しいですよね?

プレースタイルが似ている方が勝負はしやすいかもしれませんが似ていないと違いを生み出すことができないと行き残れませんね。

三好康児のプレースタイルは日本代表に合っていると思われますが、現段階では当落線上でしょう。

今のところ、堂安律が一番手だと思われますが、コパ・アメリカのこともありますし、海外移籍をし、成功した伊東純也が力を付けていますのでわからない状態です。

堂安律、久保建英、伊東純也は海外でプレーしていますが、三好康児は国内でプレーしているので経験値の差で負けているでしょう。

プレースタイルは申し分ないのですが、国際大会では普段海外でプレーしている選手との経験の差が出てくると思われます。

日本では味わえない厳しさを経験しているので、三好康児が日本代表に定着するためには海外で揉まれてくることが大切であると思われます。

日本代表でポジションを勝ち取るためには、海外でプレーをし、プレースタイルの幅を広げるのが一番良いのかなと思います。

試合に出ることができれば、大きな経験を積めますからね。

三好康児、久保建英がコパ・アメリカで魅せてくれたので、日本代表のポジション争いが激しくなってきました。

それぞれのプレースタイルを存分に発揮し、日本サッカーを盛り上げていってほしいですね!

まとめ。

今回は、三好康児のポジション、プレースタイルについて書いてみました。

三好康児のプレースタイルを見ていると、攻撃的なポジションであれば、どこでもできそうな感じがします。

シュート、パス、ドリブルは素晴らしいですが、何よりも体の使い方ボールの置き所は流石としか言いようがありません。

それができるから、シュート、パス、ドリブルが光るのです。

基本的なことがしっかりとできている三好康児は素晴らしいと思いますし、良きお手本となることでしょう!

日本代表に定着できるかですが、海外移籍をし、多くの経験を積むことが大切です。日本で通用することが海外で通用しないことが多いです。

いきなり足が伸びてきたとか。そういった経験を多く積めば、三好康児が日本代表に定着できるのではないでしょうか?

同じポジションに強力なライバルがいますが、プレースタイルの幅を広げ、経験値を積んでいければ大丈夫かなと思います。

三好康児の活躍に期待したいところですね!

こちらの記事も読まれています↓

安部裕葵のプレースタイルとポジションは?適性ポジションはどこ?

板倉滉のポジション、プレースタイルは?適性ポジションは?

中山雄太のポジションやプレースタイルは?弱点は、どこなの?

鎌田大地のポジションとプレースタイルは?特徴や弱点は?

冨安健洋のポジションとプレースタイルは?特徴や弱点は?