原口元気の年俸は高いのか?市場価格はどうなのか?

2020年2月26日に追記しました。追記は後半部分です。※元記事は、2018年のものです。

日本代表の左サイドといえば、原口元気、乾貴士が思い浮かぶのではないでしょうか?現在は、辛い状況にいる原口元気。

一方、乾貴士は、好調をキープしている。12月の月間最優秀選手にノミネートをされたようで、しかも、最終候補の3人の中の1人となっている。

日本人選手が活躍できないと言われていたスペインリーグ、乾貴士や柴崎岳が道を切り開いてくれましたね。

ハリルホジッチ監督が、原口元気、乾貴士のどちらを先発に使うか頭が痛いことでしょう。

現在は、ヘルタで試合に出れていない状況ですが、ハリルホジッチ監督には気に入られているようなので、代表に選ばれる可能性はありますが、今のままでは、選ばれても厳しいでしょうね。

やっぱり、試合に出ていないと試合勘が鈍りますし、原口元気はいいパフォーマンスができないでしょう。

今は、移籍先を探している状況だと思うので、しっかりと自分に合ったクラブを探してほしいですね。

そんな原口元気ですが、今は不遇の時を迎えていますが、年俸やチームでの評価はどうなんでしょうかね?

浦和レッズ時代から現在までの年俸の推移から見ていきたいと思います。年俸は大きく跳ね上がったのでしょうか?


原口元気の浦和レッズ~ヘルタの年俸の推移は?

まずは、原口元気の年俸は、どのくらいの推移で上がっていったのか見てみようと思います。年俸は、選手の価値でもありますからね。

原口元気の年俸の金額は、Jリーグの時とヘルタの時では大きな差になっています。実際に、見ていきましょう。

原口元気の浦和レッズ時代の年俸。思ったより、年俸が上がっていないですね。若い選手だからでしょうか?3、4年目あたりから年俸が上がる人が多いのですが。

2009年度  浦和レッズ  360万円

2010年度  浦和レッズ  600万円

2011年度  浦和レッズ  700万円

2012年度  浦和レッズ  1000万円

2013年度  浦和レッズ  1500万円

2014年度  浦和レッズ  2500万円

2014年度に浦和レッズからヘルタに完全移籍を果たす。完全移籍で、2014年から4年間契約であった。気になるヘルタの年俸はどのくらいなのでしょうか?

ヘルタの年俸を見ていきましょう。調べていると、この額が原口元気のヘルタの年俸という額がわからなかったので、調べた結果を書かせてもらいますね。すみません。

2014~15シーズン  ヘルタ  1億円?。

2015~16シーズン  ヘルタ  1億円?。

2016~17シーズン  ヘルタ  1億円?。

2017~18シーズン  ヘルタ  1億円?。

4年契約なので、年俸に変動がないのかなと思われます。実際はどうなんでしょうかね?中には、年俸などを公表しない人もいますからね。

ヨーロッパの場合、年俸の発表が日本と違い税引き後のようなので、原口元気の税引き前の年俸を予測すると、倍の2億円ぐらいの年俸なのかなと思います。

日本と海外の年俸の話になると、色々と気を付けなければなりませんね。

こう見てみると、税引き後の年俸だとしても、ヘルタの年俸は、浦和レッズの時の8倍ぐらいの年俸になりましたね。

やはり、例外なく海外移籍した選手は、高額な年俸を手にしてますね。ヘルタも規模がでかいクラブではないですが、結構いい年俸をもらっていますね。

助っ人としての扱いもありますし、若手の選手だと、良くない言い方ですが、将来高く売れるかもしれませんからね。ヘルタは、そこを狙っているかもしれませんね。

それに関係しますが、海外リーグ、特に欧州5大リーグではサッカーに対する関心も高いですし、他国のリーグ、上位チームにも注目され、名前を売ることができます。

そうなれば、移籍もしやすくなりますし、クラブにとっても高く選手を売ることができるので、互いにメリットがありますね。

そうなると、原口元気だけではないのですが、年俸にかかわってくるのが、市場価格になりますよね。

原口元気の市場価格は、175万ユーロ(約2億4000万円)ぐらいのようです。(昨年の7月末の時点。)

現在の市場価格はわからないですが、昨年の7月の時点で、書いたくらいの金額ですが、その時は、まだ出場していたと言えばしていたので・・・。

その時ですら下がっている状況で、現在、ほぼ出ていない状況を考えれば、もっと下がっているでしょうね。移籍先のクラブにとっては、ありがたいことかもしれませんが・・・。

どうなることやらと言ったところでしょうね。ヘルタの放出要因の一人である原口元気は、ヘルタでは、どんな評判なのでしょうか?

そこも調べてみました。ヘルタの監督やチームメートの言葉から見ていきましょう。

原口元気のヘルタでの評判はいかに?

昨年のバイエルン戦での活躍で、素晴らしいドリブル突破からアシストを決め、メディアだけでなく監督、チームメートにも称賛された。

それまで、途中出場しかできなかった原口元気であるが、バイエルン戦の活躍で代表戦から戻ってきたばかりだが、スタメンに復帰していた。

さて、今シーズンの残りはスタメン定着できるかもしれないなと思った矢先の出来事であった・・・。

前半終了間際に、それが起こった。前半44分に原口元気はボールを失ってしまい、スライディングで奪い返しに行く。

しかし、相手FWが先にボールに触れると、原口元気の足が相手の足に行ってしまうことになる。

この危険なプレーに主審の判定は、レッドカード。監督、チームメート、観客も呆然としていたでしょう。そして、原口元気はピッチを去った。

試合終了後、0-2で敗れてしまいました。チームメートは、

「レッドカードが僕らにとって痛手となった」

「強豪相手に1人少ない状況で、できることは多くない」

と試合を振り返っていた。チームメートも原口元気の退場に関して、コメントをしていた。ヘルタにしてみれば、上位との対決で、1人欠くのは痛いですね。

監督は、

「言いたいことは何もない」

「相手におめでとうと言いたい。シャルケは良い試合をして、勝利に値した」

とコメント。敗戦を認めていたが、腑に落ちていない感じのコメントですね。

前節、あれだけの活躍をし、評判も良かった原口元気だが、この試合で一気に監督、チームメートの評価を下げてしまったようだ。

この試合以降は、ほぼ出場機会がないまま現在を迎えている状態だ。このままでは、W杯のメンバー選考にまで影響が出てしまうかもしれない。

ドイツの各誌では、原口元気が、ヘルタから放出されることを予想されている。

さらに、ヘルタの強化担当トップは、

「獲得したいというクラブがあれば、交渉に応じたい。既にご存じの通りだ」

と話していたらしい。

ますます、原口元気のヘルタでの居場所がなくなってきているといった状況である。

ここまで来たら、移籍するしかないなと思いますね。仮に、リーグのレベルが落ちてしまっても、ヘルタから出ていった方が良いのかと思います。

年俸とかクラブのレベルとか言っている場合じゃないような気がしますね。このままでいれば、年俸だけでなく、原口元気の市場価値のも大きな影響が出てしまいますので。

早く、次の居場所が見つかることを祈っています。そのために、原口元気は、どれくらい捨てることができるのでしょうかね?

ここから追記しました。

ヘルタで居場所を無くした原口元気は、レンタル移籍でデュッセルドルフに移籍。

当時は、宇佐美貴史も所属しており、2人でデュッセルドルフの1部昇格、2部リーグ優勝に大きく貢献。

特に、原口元気がいてくれたおかげで宇佐美貴史が復活したことは覚えています。

その後、原口元気は、同じブンデスリーガのハノーファーに移籍をし、移籍金500万ユーロ(約6億5000万円)、年俸200万ユーロ(約2億6000万円)で契約。

出場機会を求めて、デュッセルドルフへ移籍をして正解でしたね。W杯のメンバーにも選出され、初得点も記録できましたし。

しかし、ハノーファーに移籍をした原口元気には厳しい道が待っていましたね。

ハノーファーに移籍後の原口元気について書いていきたいと思います。



日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

ハノーファーに移籍後の原口元気は?

ハノーファーに移籍をした原口元気ですが、期待の大きさから背番号10を与えられることに。

同じ時期には、浅野拓磨も加入し、日本人選手のホットラインを期待されましたが、リーグ戦が開幕すると不発。

原口元気はコンスタントに出場していましたが、浅野拓磨は出られず。結局、浅野拓磨は干される形になりました。

原口元気は、レバークーゼン戦で雪の降るピッチに苦しみ、GKを交わして放ったシュートが雪によって減速するなど運にも見放されていました。

チームは、2018-2019シーズンに降格し、現在は2部で戦っています。

原口元気も移籍を考えていたようですが、移籍はまとまらず、残留することに。

原口元気とハノーファーの契約が2021年の6月までなので、年俸は変化していないと思われます。

しかし、ハノーファーとしたら、高額年俸をもらっている原口元気を放出したいはず・・・。

原口元気としても1部リーグでプレーしたいはず。もしかしたら、冬の移籍市場で移籍をするかもしれませんね。

市場価格も下がっていると思われますし、年俸も抑えられることでしょう。

今の現状も良くないようなので、年俸減を覚悟で原口元気が動くのか?注目したいですね。

ヘルタの時の二の舞にならないためにも。

まとめ。

今回は、原口元気の年俸の推移を見てみましたが、海外移籍をするとほぼ例外なく年俸が上がることがわかりましたね。

年俸だけでなく、世界に自分の名前も売れるチャンスですから、海外移籍を考えている選手は、早めの方がいいかもしれません。

ただ、どこでもいいということはないでしょうが、自分を必要としてくれるクラブに移籍するのが一番よさそうですね。

原口元気もW杯まで、あとわずかな時間しか残されておりませんし、ハリルホジッチ監督も試合に出ているかどうかチェックしているので、試合に出れるクラブに移籍してほしいですね。

※原口元気は、ヘルタからデュッセルドルフにレンタル移籍をし、躍動しました。

ハリルホジッチ監督が解任され、西野監督が指揮を執る日本代表に選出され、W杯に出場。

ラウンド16のベルギー戦では1ゴールを決める活躍をし、注目を集め、ヘルタからハノーファーに移籍をしました。

高額年俸をもらえ、背番号10を託されましたが、期待に応えられず。チームは2部に降格するも原口元気は残留。

今は良い状況ではないので、冬の移籍市場で移籍をするかもしれませんね。

ヘルタの時のようにならないことを祈っています。

こちらの記事も読まれています↓

原口元気の移籍先はあるの?冬の市場が閉まるまでに決定はしたのか?現在は?

香川真司の年俸は、ドルトムントで多い方?少ない方?

いくらなの?久保裕也のヘントの年俸は?

エイバル乾貴士は、年俸いくらもらってるの?

宇佐美貴史の年俸の変動が、恐ろしく凄い!いったいなぜ、ここまで変動したのか?