原口元気の年俸の推移は?市場価値は?

ハノーファーで活躍する原口元気。

豊富な運動量を武器に、攻守でチームに大きく貢献をしています。

地元メディアからの評価も高く、チームからの信頼も厚いことでしょう!

評価ということで、気になってくるのは年俸や市場価格ですよね?

今回は、原口元気の年俸、市場価値の推移について書いていきたいと思います。


年俸の推移は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

. . Heim Sieg 🔥🔥 Weiter so @hannover96 #hannover96

Genki Haraguchi(@haraguchi_genki_official)がシェアした投稿 –

原口元気の年俸の推移です↓

参考元:https://money-search.org/sports/soccer/haraguchi-genki

シーズン所属クラブ金額
2009浦和レッズ?
2010浦和レッズ?
2011浦和レッズ700万円
2012浦和レッズ1000万円
2013浦和レッズ1500万円
2014浦和レッズ2500万円
2014-2015ヘルタ・ベルリン9000万円
2015-2016ヘルタ・ベルリン1億円
2016-2017ヘルタ・ベルリン1億2000万円
2017-2018ヘルタ・ベルリン→デュッセルドルフ(レンタル移籍)1億2000万円
2018-2019ハノーファー1億5000万円
2019-2020ハノーファー1億5000万円

各チームでの状況を簡単に見ていきましょう。

浦和レッズ

2009年1月にプロ契約を結び、開幕スタメンを飾りました!

チーム事情もあり、すぐにスタメンに定着した原口元気はチーム2位の32試合に出場。

その後も浦和レッズの主力選手として、チームを引っ張っていきました。

途中で、いくつか問題がありましたが・・・。

2011年には、ナビスコカップでニューヒーロー賞を受賞し、日本代表にも選出。

残念ながら、翌年のロンドンオリンピックのメンバーには選出されず・・・。

キレのあるドリブル突破が魅力的だった時代であるので、懐かしいですね。

浦和レッズ時代の成績

  • 2008:公式戦1試合
  • 2009:公式戦39試合2得点2アシスト
  • 2010:公式戦34試合4得点3アシスト
  • 2011:公式戦35試合11得点4アシスト
  • 2012:公式戦37試合6得点7アシスト
  • 2013:公式戦41試合13得点11アシスト
  • 2014:公式戦17試合4得点5アシスト

ヘルタ・ベルリン

2014年に、ヘルタ・ベルリンに移籍。

初の海外移籍でしたが、初年度は良いスタートを切れたのではないでしょうか?

3シーズン目までは、非常に良い成績を残せていた原口元気ですが、2017-2018シーズンは苦しい展開に。

プレミアリーグに挑戦するのではないか?という報道が出ていましたが、ヘルタに残留。

バイエルン戦ではドイツ代表3人を抜き去り、アシストを決めるなど好調でした↓

ここまでは良かったのですが、シャルケ戦で1発退場になると出場機会が激減・・・。

移籍先を探していた原口元気は、デュッセルドルフに移籍を決めました。

ヘルタ・ベルリン時代の成績

  • 2014-2015:公式戦23試合2得点3アシスト
  • 2015-2016:公式戦37試合3得点4アシスト
  • 2016-2017:公式戦34試合1得点2アシスト
  • 2017-2018:公式戦11試合1アシスト

デュッセルドルフ

2018年1月にデュッセルドルフにレンタル移籍。ちょうど、宇佐美貴史もいたので良かったのではないでしょうか?

原口元気よりも宇佐美貴史の方がありがたかったのかもしれません。

原口元気が加入後、息を吹き返したかのような活躍!W杯メンバー入りも決まられましたしね。

互いに良い方向に向かっていくことができたので良い移籍であったと思われます。

デュッセルドルフでの成績

  • 2017-2018:公式戦13試合1得点4アシスト

ハノーファー

2018年6月に移籍を決め、W杯に挑むことに。

背番号10を与えられ、期待の高さがうかがえましたが、チームは勝てず・・・。

原口元気も運に見放される場面があり、チームは降格。不運のシーンです↓

昨シーズンの「トップ10ミス」の1位に輝くなどついていないシーズンでした。

ハノーファーでの成績ですが、2020-2021シーズンは途中のため書いていません。

  • 2018-2019:公式戦29試合4アシスト
  • 2019-2020:公式戦33試合6得点5アシスト(2部リーグ)

市場価値は?

年月所属クラブ金額
2009年12月浦和レッズ80万ユーロ
2010年12月浦和レッズ70万ユーロ
2012年1月浦和レッズ150万ユーロ
2012年6月浦和レッズ150万ユーロ
2013年7月浦和レッズ150万ユーロ
2014年3月浦和レッズ150万ユーロ
2015年2月ヘルタ・ベルリン130万ユーロ
2015年10月ヘルタ・ベルリン250万ユーロ
2016年7月ヘルタ・ベルリン300万ユーロ
2017年2月ヘルタ・ベルリン300万ユーロ
2017年12月ヘルタ・ベルリン175万ユーロ
2018年6月デュッセルドルフ350万ユーロ
2018年7月ハノーファー450万ユーロ
2019年6月ハノーファー250万ユーロ
2020年4月ハノーファー160万ユーロ

参考元:https://www.transfermarkt.com/genki-haraguchi/marktwertverlauf/spieler/79377

市場価値の変動は激しいですね。

ハノーファーに移籍した時が1番高く、あとは変わらないぐらい。

原口元気が1部に昇格すれば、市場価値は上がるかもしれませんが、年齢が絡んでくるので大幅には上がらないでしょう。

まずは、1部に昇格し、原口元気の市場価値が上がるのか?見てみたいものですね。

まとめ

今回は、原口元気の年俸、市場価値の推移について書いてみました。

年俸は緩やかに増えていますが、大幅アップしたわけではないですね。

正直、もっと年俸が高いと思っていました。これ以上増えることはないと思うので、今が1番年俸が高い時ではないでしょうか?

1部昇格となれば上がる可能性大ですね!

コチラの記事も読まれています↓

原口元気の性格って悪いの?悪いように書かれていますが、実は?