【歴代】吉田麻也のクラブ、代表での背番号は?

日本代表歴代最高のセンターバックの1人と評価をされる吉田麻也

戦術理解度が高く、言語も堪能ということもあり、長年海外で活躍できていますね。

W杯ロシア大会以降は、日本代表キャプテンを務め、ピッチ内外でリーダーシップを発揮してくれています。

今回は、吉田麻也の歴代背番号について書いていきたいと思います。

まずは、吉田麻也のプロフィールから見ていきましょう。

参考元:https://www.transfermarkt.com/uc-sampdoria/startseite/verein/1038/saison_id/2019


吉田麻也のプロフィール。

生年月日:1988.08.24

身長:189cm

体重:79kg

出身地:長崎県

利き足:右足

2007 名古屋(J1) 19試合・0得点
2008 名古屋(J1) 22試合・1得点
2009 名古屋(J1) 30試合・4得点
2009Dec. VVVフェンロ(オランダ) 0試合・0得点
2010-11 VVVフェンロ(オランダ) 20試合・0得点
2011-12 VVVフェンロ(オランダ) 32試合・5得点
2012-13 VVVフェンロ(オランダ) 2試合・0得点
2012Aug. サウサンプトン(イングランド) 32試合・0得点
2013-14 サウサンプトン(イングランド) 8試合・1得点
2014-15 サウサンプトン(イングランド) 22試合・1得点
2015-16 サウサンプトン(イングランド) 20試合・1得点
2016-17 サウサンプトン(イングランド) 23試合・1得点
2017-18 サウサンプトン(イングランド) 24試合・2得点
2018-19 サウサンプトン(イングランド) 17試合・0得点
2019 サウサンプトン(イングランド) 8試合・0得点
2020Jan. サンプドリア(イタリア) 14試合・0得点

引用:https://www.soccer-king.jp/player/article/415939.html

【歴代】吉田麻也のクラブ、代表での背番号は?

サンプドリアでは背番号34を背負い、プレーしていました。

※契約をするような報道が出ていますが、どうなるのでしょうか?

2007年に、名古屋グランパスエイトに入団し、プロ選手として歩み始めました。

これまで、吉田麻也が背負ってきた背番号は何番であったのでしょうか?

名古屋グランパスエイト

Instagramに出ていなかったので、Twitterで出ていたものを載せてみました。

2006-200834
2008-20094

センターバックにコンバートされ、プロデビューを果たしました。

プロ1年目は、公式戦24試合に出場し、1得点という記録。1年目ということを考えれば、多くの試合に出られたと思います。

2年目は、公式戦29試合に出場し、2得点1アシスト!順調に出場機会を増やしていきました。

3年目は、大森征之が引退ということで、吉田麻也が背番号4を背負うことに。

公式戦48試合に出場し、8得点2アシスト。名古屋グランパスエイトの主力としてシーズンを過ごしました。

この活躍が認められ、オランダのオランダのVVVフェンロへ完全移籍を果たす。

VVVフェンロ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Throw back #vvv

Maya Yoshida(@mayayoshida22)がシェアした投稿 –

入団したシーズンは背番号28番。翌シーズン以降は3番でした。

移籍したシーズンは、練習試合で左足首を骨折・・・。このシーズンは出場なしで終わりました。

2010-2011シーズンには、24試合に出場し、1アシストを記録。

デビューシーズンなので、まずまずの出来であったと思われます。

2年目は、公式戦37試合に出場し、5得点を記録。このシーズンは、インパクトのあるゴールを決めてくれました!

オランダで語り継がれている?ゴールのようです。

視聴者投票による、シーズンベストゴールに選出されました!

サウサンプトン

 

この投稿をInstagramで見る

 

⚪️🔴⚪️🔴

Maya Yoshida(@mayayoshida22)がシェアした投稿 –

サウサンプトンに移籍をしてからは背番号3でプレーをしていました。

移籍初年度にもかかわらず、レギュラーポジションを獲得!

2012-2013シーズンは、公式戦34試合に出場。香川真司との日本人対決を実現させました。

この後は、怪我や強力なライバルの加入で出番が減少・・・。

トビー・アルデルヴァイレルトやファン・ダイクですね!

2016-2017シーズンには、ライバルの怪我や移籍などもあり、公式戦37試合に出場。

吉田麻也が完全に定位置確保をしたと思っていましたが、甘くはなかったです。

出場機会はあるのもも、徐々に減少し、2019-2020シーズンのレスター戦の大敗以降ポジションを失ってしまいました。

出場機会を求めて、2020年の冬にサンプドリアにレンタル移籍。

吉田麻也は、セリエA残留に貢献し、高評価をされました。今後、サンプドリアでプレーをするのか?注目です。

日本代表

日本代表では、1度だけ背番号20を背負いましたが、それ以外は22番。

2009年12月のアジアカップ最終予選イエメン戦で代表デビューを果たす。

それ以降、順調に代表キャップを積み重ね、2019年11月のW杯アジア2次予選キルギス戦で、国際Aマッチ100試合出場を達成。

今後、どこまで伸ばせるのか?注目です。

W杯カタール大会までは、吉田麻也は中心選手として活躍をしてくれると思われます。

吉田麻也は、2008年北京オリンピック、2012年ロンドンオリンピックに出場し、ロンドンではベスト4まで勝ち進みました。

※ロンドンオリンピックは、オーバーエイジ枠で出場。

まとめ。

今回は、吉田麻也の歴代背番号について書いてみました。

ポジションの影響なのでしょうか?吉田麻也の背番号は3が多い。

代表では22番を背負い続けていますし、吉田麻也は背番号にこだわっているのでしょうか?

フリーの吉田麻也ですが、サンプドリアと契約をするようなので、その時は背番号何番になるのか?楽しみですね。

こちらの記事も読まれています↓

【海外の反応】吉田麻也のイタリアでの評価は高いのか?