堂安律の高校時代は、どんな感じ?世代別の代表では?

2020年6月15日に追記しました。

中学、高校時代から注目を集めてきた堂安律。

堂安律の同世代で知らない人はいないのではないでしょうか?

その才能は、誰もが認めているところ。中学、高校の時は、学習や行事、ガンバ大阪ユースでの活動で大忙しであったでしょう。

そのくらい、すごい選手であったと思われます。

今回は、堂安律の高校時代について書いていきたいと思います。

まずは、簡単にですが、堂安律のプロフィールを見ていきたいと思います。


堂安律のプロフィール。

愛称:マラドーアン、アクエリアス、リッツ・カールトン

国籍:日本

生年月日:1998年6月16日

出身地:兵庫県尼崎市

身長:172cm

体重:70kg

在籍チーム:PSVアイントホーフェン

ポジション:MF

背番号:25

利き足:左足

2015-2018:ガンバ大阪

2016:→ ガンバ大阪U-23

2017-2018:→ FCフローニンゲン (loan)

2018-2019:FCフローニンゲン

2019-:PSVアイントホーフェン

堂安律は、西宮SSに所属をしていました。

中学入学時には、ガンバ大阪、セレッソ大阪、名古屋グランパスのジュニアユースからオファーが来るほどの人気選手。

その中から、ガンバ大阪へ進み、U-15年代全国3冠を達成に大きく貢献。

順調に、ガンバ大阪ユースに昇格を果たし、高校2年時には2種登録をされることに。

ACLでトップチームデビューを果たし、宇佐美貴史と同じシチュエーションになったことは有名です。

Jリーグでは、宇佐美貴史を超える16歳11カ月18日でデビューをし、クラブ史上最年少記録を更新。

その後、飛び級でトップチーム昇格を決めました。

堂安律の成長は止まらず、2017年にオランダのフローニンゲンにレンタル移籍を果たし、2019年に強豪PSVへ移籍。

理想的なステップアップをしてきましたが、現在は壁にぶち当たっているような感じがします。

堂安律にとっては刺激的なことだと思われますので、乗り切ってくれることでしょう!

では、高校時代の堂安律は、どのような感じだったのでしょうか?

堂安律の高校時代は?やはり、多忙であったのか?

初めは、大阪府茨木市にある、追手門学院高校に入学した。ガンバ大阪のスポンサーらしいです。

ガンバ大阪ユースや世代別の活動、プロデビューなど高校どころではなかったはず。

まともに、高校に通うことも厳しい状況であったことでしょう。高校に通うこととサッカーの時間が半々くらいなのでは?

そこで、追手門学院高校に通うこともできないことと、よりサッカーに集中するために、通信制の向陽台高校に編入した。

向陽台高校は、宇佐美貴史も通っていた?高校だから、堂安律のこともよく理解してくれる高校だったのでしょう。

やはり、普通の高校では、両方やっていくのには厳しかったのでしょうね。高校の課題などで。

これで精神的に楽になったことでしょうね。通信制の高校なので、しっかりと単位を取れれば良いわけですからね。

それでも世代別の代表の活動もあったのできつかったはず・・・。

乗り切れた堂安律は凄いとしか言いようがないですね。

プロになり、世界で活躍するという決意があったからこそできたと思われます。

では、世代別の代表での堂安律について書いていきたいと思います。



欲しいと思ったらすぐ買える!楽天市場は24時間営業中

堂安律の世代別の日本代表の活動!

高校の年代から見ていくことにしましょう。

まずは、2014年にU-16日本代表に選出された。

AFCのU-16選手権に出場し、なぜか?左サイドバックで起用されていた。

準々決勝で、韓国に敗れてしまい、U-17W杯の出場権を勝ち取ることは出来なかった。

2016年10月、ACLのU-19選手権のメンバーに選ばれ、この大会で一気に有名になった。

順当に勝ち進み、勝てば、U-20W杯出場が決まる準々決勝のタジキスタン戦。

この試合では、堂安律は、1得点1アシストと大活躍で、見事に出場権を勝ち取った!

決勝のサウジアラビア戦では、PK戦までもつれ込んだが、優勝を果たした。

堂安律は、大会MVPにも選ばれアジアだけでなく、世界にも名前が広まった。

堂安律は、今大会のプレー内容には満足できていなかったようで、もっと得点、アシストをしたかった、自分が望んでいたプレーが出来なかったことに悔しさを口にしていた。

しかし、こういった思いがあるからこそ、この後のステップアップに繋がったのでしょう。

高校時代から、これだけのことをこなしてきたのだから、今現在の堂安律があるのでしょう。

この大会後、堂安律は、さらなる成長をしていきました。

U-20W杯出場~現在まで。

U-20W杯に出場し、堂安律は、さらに輝きを増した。

まずは、初戦の南アフリカ戦いでは、決勝ゴールを挙げ、チームを勢いづけました。

続く、ウルグアイ戦は敗戦してしまい、崖っぷちに立たされた。

しかし、最終戦のイタリア戦で、堂安律がチームを救った。

前半途中で、2点差をつけられてしまい、グループリーグ突破が危なくなった。

そこで堂安律は、燃えた。チームの悪い雰囲気を何とかしようと得意のドリブル突破を仕掛ける。

前半に堂安律が、後方からのパスを懸命に足を伸ばし合わせる。

まさに、ここしかないような場所へ飛び込むあたりは流石だ。この得点で日本が落ち着き、ペースを戻す。

そして、後半開始早々、またしても堂安律が魅せる。世界が驚いたゴールであった。

イタリアDF陣4、5人に囲まれながらもボールを失わずに、抜き去りゴール。

日本のピンチを救うファインゴールだった。このゴールにより、日本は引き分けで無事に決勝トーナメントに進むことが出来た。

堂安律の2点目のゴールは、世界中が驚いたようで、FIFAも凄く称賛していた。

さらに、ゴールだけでなく、攻撃に絡んだプレーも紹介されていたようだ。

珍しいですよね。得点シーンは、よくハイライトで流されるが、それ以外にも流されるなんてね。

FIFAだけではない、世界各国も称賛し、堂安律が一気に知れ渡ることになった。

そして、この大会で自信をつけたのか?オランダのフローニンゲンに期限付き移籍をすることにした。

現在は、フローニンゲンで、スタメンの座をつかみ取りリーグ戦では連続出場をしている。

期限付き移籍なので、来年どうなるのかは、わからないが、欧州の舞台で戦っていてほしいですね。

※完全移籍をし、2019年の夏に、PSVへ移籍しました。

近い将来、UEFAチャンピオンズリーグで、堂安律のプレーが見られることになりそうですね。

日本人対決となれば、盛り上がるはず!その時には、PSVのスタメンを勝ち取っていたほしい。

まとめ。

今回は、堂安律の高校時代の時からのことについて書いてみました。

普通の高校ではなく、通信の高校に通っていたのですね。堂安律のような世代別の代表、ユースの活動を考えれば、通信制の高校でないと厳しいですよね?

多くのプロ選手は通信制の高校に通いながら、サッカーに集中しているので、堂安律にとっても良かったことでしょう。

堂安律に高校の時は?と聞いても、サッカーの話ばかりになりそうですね。しかし、そんな高校生活を送ってきたから今があるのです。

PSVでスタメンを勝ち取り、UEFAチャンピオンズリーグで活躍する姿を見たいですね!

こちらの記事も読まれています↓

堂安律の兄もプロ選手に!兄弟でプレーすることはできるのか?

酒井宏樹の出身高校は、凄い卒業生が多い?。どんな人がいるの?

槙野智章は、なぜ通信制の高校にしなかったのか?何か理由はあるのか?

室屋成の高校時代は、どんな感じだった?目立つ選手だったの?

北川航也の中学、高校は?高校時代に味わった大きな挫折とは?