堂安律の出身中学、高校はドコなのか?学生時代のエピソードは?

Ritsu Doan

ドイツ・ブンデスリーガのフライブルクで活躍する堂安律選手。

今後、ステップアップしてビッグクラブで活躍してくれることでしょう。

そんな堂安律選手ですが、出身中学や高校はドコなのでしょうか?

どんな活躍をされていたのでしょうか?

そこで今回は、堂安律選手の出身中学や高校、学生時代のエピソードについて書いていきたいと思います。


堂安律の出身中学はドコ?中学時代のエピソードは?

引用:尼崎市立小田南中学校 (ama-net.ed.jp)

堂安律選手は、尼崎市立小田南中学校出身。

2016年3月31日に、尼崎市立若草中学校と統合し廃校。

4月1日に、若草中学校のあった場所に新しい尼崎市立小田中学校として開校されました。

堂安律選手は、崎市立小田南中学校に進学すると同時に、ガンバ大阪ジュニアユースに入団!

この時、セレッソ大阪、名古屋グランパスエイトのジュニアユース、JFAアカデミー福島からもオファーが来ていたようです。

セレッソ大阪のジュニアユースも良いのでは?と思いましたが、このような理由で拒否したようです↓

引用:(99) 堂安マラドーアン「セレッソ落ちた。オファーきたら1秒で断る!」 – YouTube

小学生でこんなことを考えていたとは恐ろしいですね。

最終的にガンバ大阪に決めた堂安律選手ですが、決め手はコーチの鴨川幸司氏の影響が大きかったようですね。

当時の堂安律選手に対する鴨川幸司コーチの評価は、

「律はその年代では抜けていたよ。ただ、俺は家長とか宇佐美とか見て来たから、それほどでもないなって思ってた」

引用:number.bunshun

と厳しい評価でした。

第一印象は厳しい評価でしたが、どこか期待するところもあったのではないでしょうか?

ガンバ大阪ジュニアユース入団後には、

「お前は天才とちゃうで」

「お前はアキ(家長の愛称)の足元にも及ばへんって」

引用:number.bunshun

と厳しい言葉をかけていました。

負けん気の強さを見抜いていたからこその指導だったようです。

順当に成長した堂安律選手は、2012年のU-15年代全国3冠を達成!

Ritsu Doan

引用:高円宮杯第28回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会 堂安律選手が出場者にエール | JFA|公益財団法人日本サッカー協会

そして、堂安律選手はユースに昇格しました。

堂安律の出身高校はドコ?高校時代のエピソードは?

引用:高校生の方へ | 学校法人早稲田大阪学園 向陽台高等学校 大阪府茨木市 (koyodai.ed.jp)

堂安律選手の出身高校は、向陽台高等学校。

大阪府茨木市にある通信制高校を卒業しています。

実際に、こんなツイートがありました↓

卒業は、向陽台高等学校ですが、最初に入学した高校は違います。

最初に入学した高校は、追手門学院高等学校。

しかし、ガンバ大阪ユース、アンダー世代の日本代表の活動で通学が難しく、向陽台高等学校に転校したのでしょう。

ユースに在籍する選手は通信制の高校で単位を取得する選手は多いですからね。

そのくらい忙しいサッカー生活だったようです。

高校2年時には、2種登録され、開幕からトップチームに帯同していました。

その年のアジアチャンピオンズリーグでベンチ入り、公式戦デビューと大忙しだった堂安律選手。

Ritsu Doan

引用:Twitter

その数か月後には、Jリーグデビューも。

そして、翌シーズンからトップチームに昇格も勝ちとりました!

高校3年時は、トップチームでプレーしたりと大忙し。

こんな状況だと、普通の高校で卒業は無理ですよね・・・。

これぐらいこなせないとプロにはなれないということでしょう。

まとめ

今回は、堂安律選手の出身中学と高校、学生時代のエピソードについて書いてみました。

高校進学してからは天候など忙しかったことでしょう。

それでも学業と両立し、プロ入りまで達成した堂安律選手は素晴らしすぎますね。

現在は、ドイツ・ブンデスリーガのフライブルクで活躍しています。

今後、ステップアップし、ビッグクラブでプレーしてくれることでしょう。

こちらの記事も読まれています↓