【歴代】レヴァンドフスキのクラブ、ポーランド代表での背番号は?

世界屈指のストライカーとなったレヴァンドフスキ選手。

ドイツ・ブンデスリーガの絶対王者バイエルンに所属をし、ブンデスリーガで得点王を何度も獲得しています。

宿敵ドルトムントから「禁断の移籍」をしたレヴァンドフスキ選手ですが、ドルトムントでの成長が今に繋がっていますね。

世界屈指のストライカーへと成長したレヴァンドフスキ選手ですが、プロデビュー後の背番号は何番を背負ってきたのでしょうか?

また、ポーランド代表では背番号何番なのでしょうか?

今回は、レヴァンドフスキ選手のクラブ、ポーランド代表での歴代背番号について書いていきたいと思います。


レヴァンドフスキのクラブ、ポーランド代表での歴代背番号は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Robert Lewandowski(@_rl9)がシェアした投稿

これまで、4クラブを渡り歩いてきたレヴァンドフスキ選手。

同じ背番号が多かったのでしょうか?

それとも意外な背番号があったのでしょうか?

レヴァンドフスキ選手の各クラブ、ポーランド代表での歴代背番号を見ていきたいと思います。

ズニチェ・プルシュクフ

ズニチェ・プルシュクフ時代の背番号9番でした。

2006-2007シーズンから所属し、2007-2008シーズンまでプレーしていました。

2006-2007シーズンは、3部リーグ戦でのプレーでしたが、若いレヴァンドフスキ選手にとっては良かったのではないでしょうか?

3部リーグとはいえ、15得点をあげ、2部昇格に大きく貢献しました!

2007-2008シーズンは昇格したばかりですが、レヴァンドフスキ選手は21得点をあげ、1部昇格に貢献しています。

レベルが上がったことは関係ないみたいでしたね・・・。

そして、レフ・ポズナンに移籍しました。

ズニチェ・プルシュクフでの成績

  • 2007-2008:公式戦32試合21得点1アシスト

レフ・ポズナン

レフ・ポズナン時代の背番号は8番。

2008年に、レフ・ポズナンに加入したレヴァンドフスキ選手。

移籍してもレヴァンドフスキ選手の得点力は変わらず!

2シーズン連続で2桁得点をあげ、2009-2010シーズンには得点王に輝き、チームをリーグ優勝に導きました。

この活躍で、ドイツ・ブンデスリーガのドルトムントにステップアップに成功しました。

  • 2008-2009:公式戦48試合20得点12アシスト
  • 2009-2010:公式戦34試合21得点8アシスト

ドルトムント

ドルトムントでの歴代背番号です↓

シーズン背番号
2010-20117
2011-20149

加入初年度は、ルーカス・バリオス選手がいたので途中出場がほとんどでした。

翌シーズンからレギュラーを奪い、ドルトムントのエースとして活躍!

ブンデスリーガ、DFBポカールと多くのタイトル獲得に貢献してくれました。

ドルトムントで成長したレヴァンドフスキ選手は、2014年1月にライバルクラブであるバイエルンに移籍を発表。

加入は、翌シーズンからというものでした。

ドルトムントでの最後のシーズンで得点王に輝き、バイエルンに移籍しました。

ドルトムント時代の成績

  • 2010-2011:公式戦43試合9得点4アシスト
  • 2011-2012:公式戦47仕合30得点12アシスト
  • 2012-2013:公式戦49試合36得点13アシスト
  • 2013-2014:公式戦48試合28得点13アシスト

得点数が半端ないですね。

得点数だけでなく、アシストもできるレヴァンドフスキ選手は恐ろしい選手です。

こんな選手を引き抜かれるのは、ドルトムントにとって痛手でしたね。

レヴァンドフスキ選手だけでなく、ドルトムントは多くの主力を引き抜かれ、厳しい戦いを強いられることになってしまいました・・・。

バイエルン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Robert Lewandowski(@_rl9)がシェアした投稿

バイエルンでの背番号は9。加入後変わっていません。

「禁断の移籍」をしたレヴァンドフスキ選手。

バイエルン加入後からとてつもない成績を残し続けていますよね?

特に、2015-2016シーズンに記録したブンデスリーガ最速で5得点を決めたことは印象的でした。

この試合で以下のギネス記録が認定されました。

  • 「ブンデスリーガでの最速ハットトリック」
  • 「最速4ゴール」
  • 「最速5ゴール」
  • 「途中出場選手での1試合最多ゴール」

この記録は凄いことですが、さらに凄いのは途中出場で記録達成をしたことです。

これ以降も得点を量産し、バイエルンに多くのタイトルをもたらせてくれました。

レヴァンドフスキ選手のバイエルンでの成績です。

  • 2014-2015:公式戦49試合25得点13アシスト
  • 2015-2016:公式戦51試合42得点6アシスト
  • 2016-2017:公式戦47試合43得点9アシスト
  • 2017-2018:公式戦48試合41得点5アシスト
  • 2018-2019:公式戦47試合40得点13アシスト
  • 2019-2020:公式戦47試合55得点10アシスト

今後、どれほど得点を重ねていくのか?

レヴァンドフスキ選手の活躍に注目していきましょう!

※2021年夏に移籍の噂が出ましたが、2021年の夏は移籍しませんでしたね。

しかし、2022年夏に移籍しそうな感じです。

スペイン『アス』によると、2022年夏にレアル・マドリードに移る可能性があるとのこと。

来年の夏な話なので、2021-2022シーズン終了するまでわかりませんね。

その前に、冬に移籍するかもしれませんし、動向に注目していきましょう。

ポーランド代表

 

この投稿をInstagramで見る

 

Robert Lewandowski(@_rl9)がシェアした投稿

レヴァンドフスキ選手のポーランド代表での歴代背番号です↓

シーズン背番号
2008-20097、9、11、13、17
2009-9

2008年のW杯予選でポーランド代表デビューを果たしたレヴァンドフスキ選手。

デビュー戦で、代表初得点をあげました!

その後、代表に定着し、自国開催となったUEFA EURO 2012でオープニングゴールを決め、マン・オブ・ザ・マッチに選出されました。

2017年10月には、代表通算50得点を記録し、ポーランド代表最多得点記録を更新!

2018年W杯ロシア大会は期待されていましたが、レヴァンドフスキ選手は無得点で、グループステージ敗退・・・。

レヴァンドフスキ選手は大きな批判を浴びてしまいました・・・。

EURO2020では3得点をあげるも、チームはグループステージ敗退してしまいました。

ポーランド代表は総合力で劣ってしまうので仕方がない結果なのかもしれません。

W杯カタール大会では、グループステージ突破してほしいですね。

まとめ

今回は、レヴァンドフスキ選手のクラブ、ポーランド代表での歴代背番号について書いてみました。

レヴァンドフスキ選手=背番号9というイメージですが、9番以外の番号を背負っていたことには驚きました。

今後、レヴァンドフスキ選手の背番号は変わることがないと思うので違う番号は貴重でしたね。

2022年夏に移籍の噂をされていますが、実現するのでしょうか?動向に注目していきましょう。

Robert Lewandowski

レヴァンドフスキのプレースタイル、ポジションは?凄さはドコ?

2021.10.02