【画像14枚】2022年田中碧の年俸は約7400万円!デビューから推移が凄い!2つのクラブで稼いだ金額はいくらなの?

2022FIFAワールドカップ・アジア最終予選で日本を救う活躍を見せた田中碧選手。

フォーメーションの変更で序列が下がってしまいましたが、実力は本物!

今は、ドイツ・ブンデスリーガ2部のデュッセルドルフでプレーしていますが、近いうちにステップアップすると思われます。

そんな田中碧選手ですが、年俸はどのくらいなのでしょうか?

海外移籍を果たし、年俸アップしたあのでしょうか?

海外移籍したということは移籍金も発生したはず。

そこで今回は、田中碧選手の年俸推移と移籍金について書いていきたいと思います。


田中碧の年俸は約7400万円!デビューから推移が凄い!2つのクラブで稼いだ金額は1億円以上!

田中碧選手の写真4枚並べた画像

田中碧選手の写真

田中碧選手は、川崎フロンターレの下部組織で育ち、2016年7月22日にトップチーム昇格を果たしました。

2019年、主力選手の故障などが重なり、田中碧選手に出番が回ってきました。

その後、主力として活躍していた田中碧選手。

2021年夏に、ブンデスリーガ2部のデュッセルドルフに期限付き移籍を果たし、翌年には完全移籍を果たしました。

順調にステップアップしてきた田中碧選手の年俸推移はどうだったのでしょうか?

見てみましょう↓

シーズン所属クラブ年俸
2017川崎フロンターレ480万円
2018川崎フロンターレ360万円
2019川崎フロンターレ400万円
2020川崎フロンターレ1000万円
2021川崎フロンターレ1500万円
2021-2022デュッセルドルフ不明
2022-2023デュッセルドルフ51万2720ユーロ
(約7400万円)

1ユーロ=143.83円で計算しています。

順調に年俸は上がっていますね。

ブンデスリーガ1部昇格となれば、もっと上がることでしょう。

プロデビューから年俸は約15倍になっています。

凄い上がり方ですよね?

やはり、海外移籍すると大幅に年俸は上がります!

今のところ不明のシーズンもありますが、2つのクラブで1億円以上稼いでいます。

まだ若い田中碧選手は、今後、さらに稼いでいくと思われます。

そのためにもデュッセルドルフを1部昇格に導くか、個人昇格をしてほしいものです。

川崎フロンターレ

川崎フロンターレ時代の田中碧選手の写真4枚並べた画像

川崎フロンターレ時代の田中碧選手の写真

シーズン年俸
2017480万円
2018360万円
2019400万円
20201000万円
20211500万円

2019年までは、C契約だったため年俸の上限は480万円。

主力選手の故障や不調で出番が回ってきて、リーグ戦24試合に出場し、ベストヤングプレーヤー賞を受賞。

田中碧選手の写真

田中碧選手の写真

引用:Twitter

このシーズンに条件を満たし、A契約を勝ち取った田中碧選手。

2020シーズンはポジションを上げ、インサイドハーフでプレーすることになりました。

この活躍により、ドイツ・ブンデスリーガ2部のデュッセルドルフに期限付き移籍することに。

デュッセルドルフ

デュッセルドルフでの田中碧選手の写真4枚並べた画像

デュッセルドルフでの田中碧選手の写真

salarysportによると、デュッセルドルフでの田中碧選手の年俸は以下の通りです↓

シーズン年俸週給
2021-2022不明不明
2022-202351万2720ユーロ
(約7400万円)
9860ユーロ
(約140万円)

1ユーロ=143.83円で計算しています。

2部とはいえ、結構良い金額をもらっていますね。

昇格すれば、1億を超えてくるかもしれません。

ポジション的に高額年俸は厳しいかもしれませんが・・・。

田中碧選手には個人昇格でも良いので、1部でプレーしてほしいですね。

どれだけやれるのか楽しみです。

田中碧の移籍金は?

シーズン移籍前のクラブ移籍後のクラブ移籍金
2021-2022川崎フロンターレデュッセルドルフローン手数料
10万ユーロ
(約1400万円)
2021-2022デュッセルドルフ川崎フロンターレローン終了
2022-2023川崎フロンターレデュッセルドルフ100万ユーロ
(約1億4000万円)

1ユーロ=143.83円で計算してみました。

田中碧選手は2部に移籍ということで驚いた方も多かったと思われます。

私自身も驚きました。

もしかしたら、2部でプレーし、個人昇格でも良いのかもしれませんね。

上手くアピールし、ステップアップしてほしいものです。

その時の移籍金がどのくらいになるのかが楽しみです。

まとめ

今回は、田中碧選手の年俸推移と移籍金について書いてみました。

海外移籍して、大幅に上がりましたね。

今後、1部に昇格し、日本人対決する田中碧選手を見てみたいものです。

移籍金に関しては、まあこのくらいなのかなと言った金額でした。

今後、ステップアップしていく田中碧選手が見られることを楽しみにしています。

こちらの記事も読まれています↓