【歴代】酒井宏樹のクラブ、日本代表での背番号は?

対人守備にめっぽう強い酒井宏樹

簡単に突破を許すことが少なく、見ていて頼もしい存在ですね!

カバーリングも上手く、日本代表に欠かせない存在となっています。

吉田麻也、冨安健洋と組む3バックは、世界でも通用するのでは?と個人的に思っています。

今回は、酒井宏樹のクラブ、日本代表での歴代背番号について書いていきたいと思います。


クラブ、日本代表での歴代背番号は?

酒井宏樹が、プロデビューを果たした、柏レイソル時代の背番号から見ていきましょう。

柏レイソル

柏レイソル時代の背番号

2009~2010年まで30番。2011~2012年まで4番を背負っていました。

2009年は、トップチームに昇格するもブラジルのモジミリンECへ留学。

そのため、日本での出場記録はありません。この年、チームはJ2に降格する事態に・・・。

2010年に復帰をすると、バックアッパーとして少しだけ試合に出ることに。まだ、絶対的な存在ではありませんでした。

2011年、練習試合で右サイドバックでプレーをしたことをキッカケにレギュラーに抜擢され、ブレイクすることになりました。

この年には、A代表に選出され、。Jリーグベストイレブン、Jリーグベストヤングプレーヤー賞を受賞!

酒井宏樹の名前は全国区になりました。

2012年には、酒井宏樹争奪戦が繰り広げられ、熱心であったハノーファーに移籍をすることを決める。

柏レイソルでの成績

  • 2009年:公式戦0試合0得点0アシスト
  • 2010年:公式戦12試合1得点1アシスト
  • 2011年:公式戦31試合0得点9アシスト
  • 2012年:公式戦27試合4得点3アシスト

ハノーファー時代

ハノーファーでの背番号は4番。退団するまで同じ背番号を背負っていました。

ロンドン五輪もあり、合流が遅れたことと初の海外挑戦ではじめは出番がなく・・・。

シーズン終盤になって、出番が増え、ポジションを勝ち取りました。

翌シーズン以降はレギュラーを勝ち取り、コンスタントに試合に出場!

しかし、2015-2016シーズに降格が決まり、契約満了で退団をすることになりました。

ブンデスリーガ2部で修行するのもアリかなと思われますが、マルセイユからのオファーがあり、移籍をすることに!

  • 2012-2013:公式戦17試合0得点2アシスト
  • 2013-2014:公式戦28試合1得点0アシスト
  • 2014-2015:公式戦29試合0得点0アシスト
  • 2015-2016:公式戦28試合1得点2アシスト

こんな素晴らしいゴールを決めていましたよ↓

マルセイユ

マルセイユでの背番号は2番。入団してから、ずっと2番です。

2019-2020シーズンに、5、14番を背負っているというデータがあるのですが、カップ戦ですかね?

加入して以来、マルセイユの主力としてプレーをしてきましたが、2019-2020シーズンは苦戦を強いられました。

ボナ・サールとのポジション争いで後れを取ってしまい、出場機会が減少・・・。

しかし、2020-2021シーズンはポジションを勝ち取り、スタメンで起用されています。

酒井宏樹が復調したことが大きな要因だと思われますが・・・。

大きく崩れることがないと思われるので、今後もレギュラーとして活躍してくれることでしょう。

2019年には、マルセイユで100試合出場を達成し、記念ユニフォームが贈呈されました!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Merci OM🙏 #TeamOM #リーグ100試合出場記念 #2週間遅れてやっともらえました #レジェンドのボリさんと

Hiroki Sakai 酒井宏樹(@hiroki.sakai_19)がシェアした投稿 –

マルセイユでの成績

  • 2016-2017:公式戦40試合0得点3アシスト
  • 2017-2018:公式戦50試合1得点4アシスト
  • 2018-2019:公式戦32試合1得点5アシスト
  • 2019-2020:公式戦25試合0得点0アシスト

日本代表

日本代表での背番号は、18、19、21番。

ロンドンオリンピック代表時は4番でした。

2012年5月に行われたキリンチャレンジカップ・アゼルバイジャン戦で日本代表デビューを果たしました。

このころは、右サイドバックに内田篤人がいたため、酒井宏樹に出番が回ってくることは多くはなった。

その後、内田篤人が怪我なのでプレーができなくなっている間に、酒井宏樹がスタメンを飾るようになりました。

それ以降は、酒井宏樹が日本代表不動の右サイドバックになりましたね。

マルセイユで磨かれた対人守備は世界レベルのFWにも通用しますし、見ていて安心します。

W杯カタール大会が日本代表の集大成となりそうなので、カタール大会では前回大会を超える成績を残してほしいものです。

まとめ

今回は、酒井宏樹のクラブ、日本代表での歴代背番号について書いてみました。

クラブでは移籍しない限り、同じ番号を背負っていますし、日本代表では決まった番号になっていますね。

酒井宏樹の背番号は変わることはないでしょう!

クラブ、代表でも円熟味を増したプレーで、チームを助けてほしいものです。

こちらの記事も読まれています↓

【海外の反応】酒井宏樹のマルセイユでの評価は?